二次会代行に関する基本情報

二次会代行業者の選び方

便利な二次会代行業者。近年では依頼数が増加の一途を辿り、その企業の数も増えてきました。数多くある会社の中から、自分達に相応しい最適な業者を選ぶのは中々難しいものです。中にはサービス会社との連携が上手くいかず、大きなトラブルを引き起こしてしまった、という例もあります。今回は代行会社の選び方についてご紹介します。トラブル回避方法を事前に身に付けておきましょう。

よくあるトラブルとは?

どれだけ素敵な結婚式でも、その後の二次会がトラブル続きならば、その日一日の印象が悪くなってしまいますよね。気の置けない友人とともに楽しむ二次会は、正に結婚式のフィナーレ。プロにその運営を依頼することで、より一層素晴らしい会になる筈です。しかしサービス会社に依頼したことで引き起こされてしまったトラブルもあるようです。

二次会でのトラブルの主な原因は、依頼者である新郎新婦側とサービス会社、またはサービス会社と会場側で密な連絡が取れていないことが主に考えられます。例えば、用意していたギフトが当日会場に届かない、会場で使う機材が用意されていない、見積もりなどの連絡が遅く、プランニングがまともに進まない等々。更に料金に関するトラブルも少なくなく、無料であると聞いていたオプションが有料であった、という声も多く挙がっています。

トラブルを回避するための解決方法

トラブルを回避するために、代行会社とは綿密に連絡を取るようにしておくことが何より大事です。こうした代行サービスで起こりがちなトラブルの殆どが、小まめに連絡を取っていなかった、または確認不足から生じるもの。オプションはどこからが有料なのか、ギフトは当日会場に届くのか、いつまでにどこに発送しておけばいいのかなど、事前にしっかりと確認し、余裕を持った行動を意識しましょう。

本来は幹事役を立てずとも、代わりに二次会を執り仕切ってくれるのが代行サービス業者ですが、トラブルを未然に防ぐためには、運営を一緒に手伝ってくれる幹事役を友人や知人から一人以上選んでおいた方がいいでしょう。新郎新婦は式の準備にどうしても手がいっぱいになるため、幹事役が業者との間の橋渡しになってくれます。

こんな二次会代行業者は要注意!

トラブルにならないように、まずは何といっても優良なサービス会社を選ぶことが重要です。現在、代行業者は全国にたくさん存在します。代行へ依頼をする際には、なるべく数社以上の会社を比較して、慎重に選ぶようにしてください。悪質なサービス会社かどうかを見極めるには、最初の対応の仕方で判断が可能です。HPでは良い言葉ばかり並んでいたとしても、実際に電話を掛ければ、その応対には人柄が出ます。働いている人の質がその会社の質とも言えます。感じの良い応対、見積もりや質問にも直ぐに返信して貰えるなど、実際にコミュニケーションを取ってみて初めて分かることはたくさんあります。決してネット上のみで判断せず、まずは見積もりや相談を持ち掛けることで優良かどうか判断してください。

また、他の会社と比べて圧倒的に安い会社も、優良とは言い難いです。業者には最低限かかる費用というものが存在します。相場を確認し、それよりもはるかに下回る料金を提示している会社は最初から対象外にした方がいいでしょう。

まとめ

近年増々需要が伸びている二次会代行サービス。しかし市場が飽和して企業の数も増え始めると厄介なことも。各企業ともに顧客取りに意識が集中し過ぎ、サービスの質が並べて低下するという事態を招きかねないのです。中には会費を徴収することだけが目的の悪質な業者も存在します。

人生に一度のハレの日に、そんな業者に引っかかって嫌な目に遭うのは何としても避けたいですよね。悪質業者には決して騙されないよう、依頼前には細心の注意を怠らないようにしてください。