二次会代行に関する基本情報

二次会代行を業者に頼む場合の料金は?

結婚式の二次会は業者に依頼して負担を減らしたい…。とはいえ、代行業に依頼する際はどんな点に着目し、どんな注意を払うべきでしょうか。華やかな演出をたくさん加えたいけれど、料金はどうなるの?何が別途費用になるの?そんな疑問を集めました。業者に依頼する前に、まずはこのページを読んで情報をしっかり得ておきましょう。

二次会代行業者の料金システムは?

二次会代行業を利用する際、最も気になるのが料金ではないでしょうか。結婚式には何かとお金が必要となるため、その後の二次会はなるべく予算を抑えたいと考えるカップルも多いようです。まず、一言で代行業といってもそのサービス内容はピンからキリまで。様々なオプションが選べる、内容が充実している業者もいれば、会場と設備、飲食のプランを用意するだけといった業者もあります。

提供してくれるサービスが違えば、そのぶん費用にも差が生じますが、基本的には最低で5万円台から、最高で20万円ぐらいと考えておけば問題ありません。料金システムは、新郎新婦側に基本料金のみを請求するシステムと、ゲストからの会費のみで費用を賄うという、2パターンが存在します。基本料金は大体5万円~15万円の設定が多いようです。基本料金にオプションを付けて、より華やかな演出をするカップルもいます。

別途費用が発生するものとは?

基本の費用には含まれず、別途費用が発生するサービスもあります。例えばケーキ代。華やかなケーキの演出は二次会でも定番ですが、基本プラン以外のケーキを頼んだ場合や、特注で作った場合、またはケーキ自体が別途費用となることもあります。

衣装のレンタル代も別費用となる可能性があります。基本プランの中に含まれている場合もありますが、そちらは選べる範囲が決まっていたりするケースが多く、注意が必要です。ゲームなどの催しで使う設備や景品なども、別途費用が発生するケースもありますし、会場もグレードによっては追加料金を取られることがあります。

また、新郎新婦の飲食代は、ゲストと違って別費用扱いとなる可能性があります。どこまでが基本プラン内であるのか、何がオプションとなるのかは事前によく確認しておく必要があります。

二次会の代行を業者に任せるなら内容と費用のバランスに注意

何かと費用のかさむ結婚式。更に二次会を開くともなると、なるべく費用を抑えたいと思うものですよね。二次会を代行業に依頼するならば、内容と費用のバランスをよく考えた上で依頼するように気を付けたいところ。例えば、会費制の料金システムを選択したにも関わらず、招待ゲスト数が少なめであると、元が取りづらくなるという問題が発生します。

一方で、基本料金システムを選択しても、ゲスト数の増減で基本の費用が変わることはないわけですから、ゲストの数が少なければ、少々高いという印象を持つことも。反対に、ゲストにたくさんおもてなしをしてあげたいという気持ちが強く出過ぎてしまい、オプションをたくさん付けてしまった場合、会費制であれば一人頭の会費が高くなってしまいますし、基本料金システムであればオプション代がそのまま自分達への負担となってしまいます。

まとめ

二次会代行業の料金システムはとてもシンプルです。多くの業者が基本料金制か会費制のいずれかを採用しており、結婚式の準備に忙しい新郎新婦にとっては非常に分かりやすいシステムとも言えるでしょう。

依頼者側は自分達にとって、最も都合の良いプランを選びます。依頼者側が常に気を付けておきたいのは、ゲストの数と自分達が希望しているパーティーの規模が見合っているのかという点についてです。費用と内容のバランスをよく考えて、最高の二次会を演出できると良いですね。