二次会代行お役立ちコラム

結婚式の二次会、呼ぶ人はどこまで?呼びたい人、呼ばなくていい人

結婚式や二次会では、たくさんの人に祝福されたい、祝ってもらいたいと多くの招待客を呼びたいと思う人は少なくありません。しかし残念ながら会場の都合で、呼べる人数は限られています。どこまで呼べばよいのか、呼ばなくてもよい人はいるのかをまとめました。また二次会は、基本的には、親族や会社の上司などは呼ばないのが普通ですが、親族や会社の上司を呼ぶ場合の二次会はどのようなものがあるのかを集めてみました。

会場にあわせて呼ぶ人を厳選

二次会へは、誰を呼ばなくてはならない、どこまでの関係の人を呼ばなければならないという決まりはありませんので、来て欲しい人全員に声を掛けるのがよいですが、会場の都合で優先順位を付けなければならない場合は、来て欲しい人、会いたい人から順に声を掛けるとよいでしょう。

お式や披露宴出席者は、そのまま二次会に参加する人が多いです。その人たちプラス、披露宴にも招待したかったけれど、披露宴会場の都合で呼べなかった人に声を掛けるとよいでしょう。

立食形式のパーティーにするか、テーブルと椅子を置くかによっても呼べる人数が変わります。立食形式の方が大人数呼べますが、椅子をあまり置けないので、年配の人を多く招待するような場合には不向きです。

披露宴と違ってご祝儀が必要ありませんので、招待しやすいというのが特徴です。挙式を上げる当時交流がない人たち、例えば、幼馴染や数年前仲が良かった友人たちなどまた交流を復活させたい人を招待すると交流の幅が広がります。

学生時代仲が良かった友人で、就職と共に数年に一度連絡しあう中になっていたとしても、友人のお祝いの席には喜んで出席したいと考える人は少なくありません。呼ぶ人を厳選しなければという考えを捨てて、気軽に招待してみた方がよいでしょう。

しかし、いくら学生時代仲が良かったとはいえ、他に共通の知り合いがいない人を一人だけ招待しては、そのゲストは、誰も話す人がいません。その人が誰とでもすぐに仲良く打ち解ける性格であるのならばよいですが、そうでない場合は、アウェイ感満載の中、一人で放置してしまってはかわいそうです。特に決まった席がなく立食形式の場合は、一人でぽつんとしてしまう恐れもありますので、一人になりそうな場合は避けた方がよいでしょう。

その場合は、敢えて式などには呼ばず、個人的に結婚の報告をするに留めるか、正直に事情を話した方がよいでしょう。そんなことを気にせずに一人でも出席したいと言われるかもしれません。

相手の事情を汲んで

二次会に親族や会社の上司を呼ぶかということですが、式や披露宴に出席してもらった場合は、別に呼んでも呼ばなくてもどちらでもよいです。呼ばなかったからと言って怒り出す人もいないでしょう。

パーティーは立食形式にする場合が多いので、新郎新婦の同年代の人たちが大勢参加した方が盛り上がります。ゲームや余興などもありますし、親族は親族同士集まって、別で飲みに行くというのが主流の様です。しかし、どうしてもいとこに二次会に出席してほしいとか、親戚のおじさんおばさんに出席してほしいというようなことであれば、招待してかまいません。呼ぶ人がどこまでという決まりはありませんので、呼ぶも呼ばないも自由にしてよいのです。

一般的に会社の上司を呼ばない理由としては、同じ会社の同僚や後輩も招待されていることが多いことです。上司がいることによって堅苦しくなる、パーティーを楽しめないということのないように配慮して、上司には披露宴だけに出席して頂くということが多いのです。

また披露宴に同僚や後輩を招待したいけれど、経済的なことを考慮し、ご祝儀の負担をかけたくない、ご祝儀を包めずに恥ずかしい思いをさせたくないという場合には、披露宴には招待せず、二次会から招待するというケースも多いです。このように上司は披露宴だけ、同僚、後輩はパーティーだけと分けて呼ぶ人が多いのです。

呼ぶべきではないということで言えば、新郎側のゲストの人数と新婦側のゲストの人数とのバランスが悪いために、あまり仲が良くない人やあまり連絡を取っていない同級生に急遽声を掛けるというものです。よく耳にする話ではあるのですが、こういった場合は呼ぶべきではありません。本当に主席してほしい、これからも交流を続けたいと、声を掛けたのであればよいですが、あまり親しくない人に招待されても、数合わせにされたと感じてあまりいい気持ちにはなりませんし、そのゲストが会を楽しめるかは正直よくわからないところです。

それから過去に関係のあった人は、呼ばない方がよいでしょう。グループで仲が良かったとしても、新婦もしくは新郎の耳に余計な情報は入れる必要はありません。よく考えて招待する人を決めましょう。

お祝い事は遠慮せずに

絶対にというわけではないですが、二次会に呼んだ方がよい人は、結婚式に呼んでくれた人です。自分は招待されて出席したのに、逆の立場になると呼ばなかったでは、呼ばれなかった人もなぜ呼ばれていないのか悩んでしまいます。よほどの理由がない限りは、一応声を掛けた方が無難です。相手が現在妊娠中などの理由で、来られるか分からないような場合でも、一言声を掛けた方がよいでしょう。

職場の関係者に関しては、一人だけ招待しない、反対に一人だけ招待するなどは、職場での人間関係を悪化させるので、避けた方がよいです。もしどうしてもそうせざるを得ない状況であった場合は、事前に理由を説明する必要があります。一言あるのとないのとでは、その後の人間関係を大きく左右します。職場の人をどこまで呼ぶのかは多くの人が頭を悩ませることですが、その後の仕事がやりづらくならないようにするためには、招待する、しないを慎重に決めた方がよいでしょう。

結婚の報告をしたときに、「招待するね」と言った人には、声を掛けるのが礼儀です。例え社交辞令で「招待してね」と言ってもらったとしても、出席する、しないを決めるのは本人なので、余計な気を回す必要はありません。反対に招待すると言っておいて招待しないと、嫌な思いを残すことにもなりかねません。二次会からでもよいので、招待状を送りましょう。

結婚の準備は大変なので、準備に追われて細部にわたって気遣いができない場合もあるかと思います。が、人間関係が一番大事なことなので、招待客選びは、一番時間をかけて、一番気を遣い、じっくり行う方がよいでしょう。他のことで失敗しても、当日の失敗はいつか笑い話になりますが、人間関係の失敗は後々にまで大きく影響します。大事なことを見誤らないことが大切です。

まとめ

結婚式の二次会にどこまで呼ぶのかは、決まったルールはありませんが、この招待客リストは、今後の人間関係を左右する重大なリストだと言っても過言ではありませんので、招待客選びは慎重に行う必要があります。

お祝い事に遠慮はいりませんので、相手への配慮は必要ですが、自分勝手な思い込みや無用な気遣いで、呼ばない方がよいと勝手に判断しないで、本人に来る意志があるのか否かを確認する方がよいでしょう。

お祝いしたいと思ってくれている人は、思っている以上にたくさんいるのですから。