二次会代行お役立ちコラム

二次会の服装をキメよう!ネクタイの色や柄はどうするべき?

二次会に参加される場合、女性は様々な服装が考えられますが、男性はスーツやシャツを着用される方が多いのではないでしょうか。しかし、どんなスタイルで参加するのか決めるのは、簡単そうでちょっと難しいです。ネクタイは必要なのでしょうか?色や柄にルールはあるのでしょうか?その他の小物にマナー違反などはないのでしょうか?様々な疑問を解決して、素敵なお祝いの場にしっかりキメて参加しましょう!

ネクタイの色や柄にルールはある?

結婚式や二次会の場では、年配の方は白いネクタイで参加されることが多いです。しかし、実際には色や柄に特に決まりはありません。しかし、黒系のものは葬儀がイメージされて縁起が悪いので、避けましょう。

おススメはシルバーグレーやシャンパンゴールドなど、淡い色のものや光沢のあるものです。オシャレでありながら、上品さもあり、お祝いの場にはピッタリです。柄に関しては、あまり派手すぎるものは好ましくないですが、ストライプや小さな水玉、チェック柄などであれば問題ありません。NGなのはアニマル柄です。アニマル柄やファーなどは殺傷をイメージしてタブーとされているからです。

結婚式から参列する場合、シャツは白が基本です。少し雰囲気を変えるために、ネクタイだけチェンジするというのもいいですね。二次会だけ参加する場合は、シャツは白でなくても構いません。シャツとのコーディネートを楽しんでみましょう。

ノーネクタイは駄目?

二次会は結婚式よりもカジュアルなパーティーです。しかし、基本的にはネクタイはして行ったほうがいいです。フォーマルな印象を与えるだけでなく、オシャレも楽しめるので、特別なものを選んでいきましょう。結婚式場やホテル、高級レストランの場合は必須です。

ただし、主催者側から「ラフな格好で」と事前に言われている場合やカジュアルな居酒屋などでのパーティーだったらなくてもOKです。また夏はクールビズでネクタイをしない方も増えており、クールビズ用のオシャレで清楚なシャツもあります。

もし迷うようであれば、ネクタイをしていき、周りの雰囲気を見て外すというのも手です。

ネクタイピンやタイリング

結婚式はとてもフォーマルな場であるので、タイリングは使用しないほうがよいです。カジュアルな印象を与えてしまいます。しかし、二次会の場合はタイリングを使用してもよいです。タイリングは、ネクタイを結ばずに、リングで留めるものなのでオシャレで華やかな印象を与えます。周りと差をつけることができます。スーツやタイに合ったものを選びましょう。

次に、ネクタイのしわやズレを防止する役割もあるピンについてです。こちらは結婚式であれば、あったほうがよいです。タイに合ったものを選びましょう。二次会の場合は、ネクタイピンはなくても大丈夫です。

まとめ

男性はネクタイで印象が変わります。色は黒系、柄はアニマル柄などを避ければ大丈夫なので、比較的自由に決めることができます。スーツやジャケット、シャツに合ったものを選ぶとよいです。二次会の会場によって、フォーマル度合いを考えましょう。いつものビジネススタイルとは違って、大切な人の晴れの日をお祝いする場なので、華やかで上品なものを選ぶとよいです。ピンでしっかり留めて、キメましょう!

新たな出会いもあるかもしれない場でもあるので、自信を持てる服装で参加しましょう。