二次会代行お役立ちコラム

結婚式の二次会の服装は披露宴と同じでもいいの?

一般的には、結婚式、披露宴は親族や職場の上司、同僚、親しい友人が招待されます。そして、そこに呼びきれなかった友人たちで二次会をします。披露宴までは、新郎新婦の親族や職場の方などもいらっしゃるのでフォーマルな服装をしなければなりません。しかし、そのあとのパーティーは友人で集まるややカジュアルなパーティーのため、服装も披露宴ほど堅苦しくなくてもいいと言われています。しかし、全てに招待されている場合はどうすればいいのでしょうか?披露宴と同じ格好で参加すべきなのか、着替えたほうがいいのか、悩む方もいるでしょう。このマナーについてご説明します。

披露宴と同じ服装で参加する

同じ日に、挙式、披露宴、二次会と続けて行う場合があります。その場合は、披露宴と同じ服装で参加しても全く問題ありません。女性の場合、ドレスやワンピース、男性の場合はスーツで参列されていると思いますので、そのままで大丈夫です。

しかし、和装で参列された場合には着替えたほうがいいです。着ている自分にとって、長時間動きづらく、過ごしにくいです。また、二次会からの参加で和装という方はあまりいらっしゃらないですし、和装だと主役の新郎新婦より目立ってしまう可能性があります。したがって、この場合は着替えるか、始めから和装での参加はやめるのがいいでしょう。

自分に負担にならず、新郎新婦をお祝いできるように工夫しましょう。

少し変化をさせる

せっかく全てのお祝いに参加するのだから、自分も服装に変化をさせて楽しみたいと考える方もいらっしゃるでしょう。でも、着替えるのは大変だという方は、少しだけ変化をさせて楽しむのがおススメです。

例えば、男性の場合はネクタイを変えるというのが手っ取り早く、印象を変えられる方法です。しかし、二次会であっても派手すぎる色や柄にはならないように注意しましょう。

女性の場合、アクセサリーを変えることで、周りに与える印象や自分の気持ちが変えられます。ネックレスやピアスなら持ち運びも負担にならずに、簡単にイメージを変えられます。また、全体的な印象を変えたいのであれば着ていたストールやボレロを脱ぐというのもいいしょう。写真を撮る際の全体的な色味を変えることができるのでおススメです。

二次会までの時間をチェック

まずは、披露宴が終わってから、二次会が始まるまでの時間、場所をしっかりチェックしておきましょう。

平均的には、約2時間後に次のパーティーが開始されることが多いです。披露宴と同じ会場の場合は1時間ほどの場合もあります。この時間に一息ついて、少し服装を変える場合はその時間にあてましょう。トイレに行ったり、女性の場合はメイクを直したりすると、1時間は意外とあっという間でしょう。

もし、間の時間が2時間以上あり、時間を持て余してしまうような場合は、ヘアスタイルを変化させるというのもおススメです。女性の場合、ヘアスタイルで大きく印象が変わります。アレンジを変えたり、ヘアアクセを変えたりして、パーティーが始まるまでの時間を楽しみましょう。

まとめ

披露宴と同じ服装で二次会に参加しても、全く問題ありません。落ち着いた、上品な服はどんな場所においても好印象です。しかし、結婚式から二次会までの時間が長くて、暇を持て余してしまう場合もあるでしょう。

また、どうせなら違うスタイルに変えて、気持ちを変えたい方もいらっしゃるでしょう。そんな場合は、どれくらい時間に余裕があるのかを確認した上で、少し変化を出すのがおススメです。写真での印象も変わり、二度楽しめます。