二次会代行お役立ちコラム

結婚式の二次会の時間の決め方や平均時間

結婚式の準備にだいたいの目処がたってきたら、次は二次会の準備です!まずは、開催日時の設定をするのですが、いったい何時から始めるのが良いのでしょか?平日の夜にするのか、休日の夕方から開始するのか、ゲストの都合を考えて検討する必要があります。

また、二次会は何時間くらいが妥当なのでしょうか?一般的にはどのようなスケジュールで進行していくのでしょうか?具体的な内容を含めてみていきましょう!

 

そもそも結婚式自体の時間ってどのくらい?

結婚式自体にはだいたいどのくらいの時間がかかるのでしょうか?実は、挙式自体は非常に短く、「あっという間に終わってしまった!」という人が多いようです。時間にして大体30分くらいです。とはいえ、式場までの移動や両家の親族紹介などを考慮すると、トータルで1時間程度が目安となります。

挙式が終わるといよいよ披露宴です。披露宴はおよそ2時間半が一般的です。ゲストの人数などにより、2~3時間でスケジュールを組む人が多いようですが、小さなお子さんやご高齢のゲストに配慮するのであれば、長時間の開宴には注意が必要です。遠方から参列してくれるゲストもいるかもしれませんから、開始時刻や終了時刻も気を付けなければいけません。

結婚式披露宴の一般的な流れはこのようになっています。

・開始から乾杯まで
受付開始(開始30分前)→新郎新婦入場→司会者から新郎新婦のプロフィール紹介→新郎新婦からご挨拶→乾杯

・乾杯からお色直しまで
お食事の開始→ケーキカット(ファーストバイトを行う場合もあります)→ゲストスピーチなど→お色直し(約30分)

・お色直しからお開きまで
新郎新婦再入場(各卓を周りながらご挨拶をする場合もあります)→余興など→新婦感謝の手紙朗読→両親への花束贈呈→謝辞→お開き

一般的な披露宴の流れだけでも、内容は盛りだくさんですね!新郎新婦によっては、「ゲストともっとゆっくりお話ししたい」「余興を増やしたい」など様々な要望が出てくるので、時間の長短がでてきます。

 

最適な結婚式の二次会の開始時間と平均時間

感動的な結婚式と披露宴を終えた新郎新婦。幸せいっぱいで余韻に浸りたいものですが、次は結婚式の二次会です!では、二次会は披露宴のお開きからどれくらい後から始めるのがいいのでしょうか?結婚式当日の新郎新婦は、お仕度やご挨拶などで一日中大忙しです。結婚式と披露宴が終わってもゆっくりしている余裕はありません。

ゲストへの挨拶や、写真撮影、衣装替えなど、披露宴のお開きから二次会の開始まで1.5~2時間くらいは欲しいところです。別の会場で二次会をする場合には、会場までの移動手段や移動時間も考えておきましょう。

午前中から結婚式で午後までの披露宴となれば、お開きは3時ころになりますから、二次会は5時ころから始めるというパターンが多いようです。午後3時ころからの結婚式ならば、二次会は7時ころから開始するのが一般的のようです。

結婚式の二次会は、2時間程度が一般的です。通常のパターンでは以下のような流れになります。

・受付から乾杯
受付(開始30分前)→新郎新婦の入場→ウェルカムスピーチ→乾杯

・乾杯からお開き
ケーキカット(ファーストバイトをする場合もあります)→食事と歓談(立食の場合もあります)→余興(1組15分程度を目安にします)→新郎新婦の謝辞→お開き

二次会は友人の出席が多く、新郎新婦もリラックスして楽しめる時間です。とはいえ、ゲストへの配慮を第一に考え、開始・終了時間はよく検討していきましょう。

 

パターン別の二次会開始時間のメリット・デメリット

結婚式の二次会を何時から始めるのがベストなのか、結婚式当日のタイムスケジュールごとにメリット・デメリットをみていきましょう。

・朝早くから挙式を始める場合のメリット・デメリット
午前中の早くから挙式を始める場合は、披露宴がランチの早い時間に重なるので、二次会の食事もおいしく食べてもらえることになります。一方で、披露宴のお開き後から二次会の開始までに時間が空いてしまい、ゲストが時間を持て余してしまうかもしれません。また、新郎新婦のお仕度の時間がかなり早くなり、10時からの挙式ならば、7時ころからヘアメイクが始まることになります。

・昼から挙式を始める場合のメリット・デメリット
昼から挙式を始める場合には、二次会の開始時刻を6時~7時頃に設定しやすく、スケジュールがスムーズな場合が多いようです。披露宴は遅めのランチの時間になるので、デザートまで終わる頃には4時過ぎになっていることも多く、二次会のお食事はほとんど食べられないというゲストが多いようです。

・夕方など遅めに挙式を上げる場合のメリット・デメリット
夕方から挙式を開始した場合には、ゲストは丸1日結婚式に費やすことがないため、最近は特に人気になっているようです。披露宴が終わってそのまま二次会に流れるような形をとれば、ゲストが暇を持て余すことがなさそうです。気になるのはやはり遠方からのゲストです。遠方でなくとも二次会の終了時刻を考えると、出席を躊躇してしまうゲストもいるかもしれません。披露宴のお開きから二次会への流れがスムーズになるよう事前に準備万端にしておけるかどうかがカギになってきそうです。

 

夜遅くなる場合は宿泊などの配慮も必要

遠方からのゲストに二次会まで出てもらうなら、ゲストの宿泊先も検討しましょう。ホテルの予約はもちろんのこと、ホテル代をどうするかあらかじめ決めておく必要があります。親族なのか友人なのか上司なのかによって費用負担も変わってくるかもしれません。

でも、ただでさえお金のかかる結婚式。全額負担するのが難しい場合は、お車代として交通費だけ負担して、ホテル代はゲストにもってもらうというケースもあります。その場合は、必ず交通費のみの負担であることを伝えておきましょう。

交通費とホテル代の全てを負担する場合は、ホテルを予約したうえで二次会のご案内をするのがスマートです。ただ、ゲストの希望もあるので、ホテルを予約する前に一度確認してから手配するのが良さそうです。

二次会まで出席してもらえるかどうか、近隣のホテルを予約した上で聞いてみると、ゲストも安心して出席できます。費用の負担は大きいけれど、遠方から出席してくれるゲストは、長時間かけて参列してくれるのですから、感謝の気持ちをもって配慮することが大切です。

 

まとめ

結婚式は一生に一度のこと。どの新郎新婦にとっても初めてのことです。二次会だって、招かれる側は経験していても招く側は初めての経験なのですから、疑問だらけなのも当然です。

二次会のスケジュールは、参加してくれるゲストの都合を考え開始時間を設定することが大切です。二次会だけに参加してくれるゲストが多いのか、遠方からのゲストが多いのか、それぞれケースは異なりますが、参加してくれるゲストが安心して出席できるように心がけましょう。時間の問題で出席できないというゲストには、ホテルの予約や宿泊代の検討など配慮を忘れないようにしましょう。