二次会代行お役立ちコラム

結婚式の二次会に係る費用と予算の決め方

結婚式の後に行う二次会。結婚式と違ってウェディングプランナーがアドバイスをくれるわけではないので、「どうやって決めていったらいいのかわからない」というカップルも多いと思います。まずは一般的にはどのくらいの費用がかかっているのか調べておきましょう。その上で負担できる金額はどのくらいか、予算を立てることが大切です。ゲストの人数を計算して、会費で見込める収入はいくらか逆算しながら予算を組み立ててみましょう。

 

結婚式の二次会にかかる費用の内訳

二次会は会費制で行うことが一般的です。ゲストからの会費で「費用をどこまでまかなうのか」という点を考えていくことになります。では、結婚式の二次会にはどのような費用項目があるのでしょうか?

一般的にはこのようになります。

・会場飲食代
会場費は、お料理、ドリンク代とセットになっている場合が多く、セット料金×人数になっている場合が多いです。二次会限定のプランを用意している会場もあるので、まずは相談してみると良いでしょう。

・会場の装飾代
主に高砂の装飾などです。自分たちで用意する場合もありますが、オプションで会場側が準備してくれることもあります。会場の規模によってことなりますが、お花は意外と費用がかかるので予算計上には入れておきましょう。

・ウェディングケーキ代
ケーキ入刀をおこなう場合に必要です。持ち込む場合には、持ち込み料の確認も必要です。

・余興で使う備品、賞品
ビンゴゲームの景品など盛り上がるアイテムも必須です。

・ゲストへのプチギフト
お開きのご挨拶時に渡します。これは感謝の気持ちですから、新郎新婦が費用を負担することが多いようです。

・新郎新婦の衣装代
自前で用意する場合はかかりませんが、レンタルする場合には、レンタル代が必要です。

この他に、乾杯にシャンパンを用意したり、挙式の映像を流したりする場合などは、オプションで料金が発生する場合があります。二次会は会費で大部分の費用をまかなうようにすることが出来るので、まずは予算を組み立ててみましょう。

 

結婚式の二次会の予算を決めるうえで考慮すべきこと

二次会にはだいたいどんな費用がかかるのかわかってきたところで、いよいよ具体的に予算を決めていく段階になります。二次会の予算を決めるうえで、考慮すべきことがいくつかありますので、ここで紹介していきます。

・会費にのせるものを取捨選択する
二次会はできるだけ会費内でまかないたいと思う新郎新婦が多いのも否定できません。でも何もかもを会費でカバーしようとすると、ゲストの負担が多くなってしまいます。最低限会場費だけは会費でまかなうとか会場装花代もカバーするなど、どこまでを会費にのせるか取捨選択しておくことが大切です。

・メインの会計係をきめておく
二次会では、親しい友人に受付や会計係をお願いすることが多いのですが、新郎側に2名、新婦側に2名など複数人いる場合は注意が必要です。ゲストから受け取った会費を管理するメインの会計係をあらかじめ決めておかないと当日に混乱しがちです。

・負担金額の内訳
ゲストへの金額設定を考える際、年齢層で差をつけるのか男性と女性で料金に差をつけるかどうかも検討すべき点です。一般的には女性ゲストの方が1000円ほどマイナスになっていることが多いようです。

・ドタキャンはあると想定する
急遽キャンセルをされる場合も想定しておきましょう。50名の二次会ならば、最低でも3~5名分の欠席者を想定しておくとよいでしょう。

 

新郎新婦に負担させるのはあり?

二次会の幹事を新郎新婦の友人が引き受けている場合、新郎新婦に費用を負担させてよいのか、いくらくらい負担してもらえるのか頭を悩ませるところです。基本的に新郎新婦のみにかかる費用に関しては、負担してもらうのが一般的です。他に「どうしてもこれだけはやりたい!」という要望があるものがあるなら、それも出してもらいます。2人にも予算や可能な金額があるかもしれないので、事前に「これをしたいならいくら負担になりますよ」ということを伝えておくのがいいでしょう。

新郎新婦がオーバーした分は自分たちで負担するよと言ってくれる場合も多いのですが、それでも後々もめないようにかかる費用を明らかにしておきましょう。幹事はできるだけ負担が少なくて済むように取捨選択していくことも大切です。

 

ゲスト側に費用を負担させるうえでの相場はどのくらい?

二次会の会費をいくらに設定するかという点で、頭を悩ませる人も多いようです。新郎新婦の費用負担を考えつつ、ゲストの負担にならない金額はいくらなのでしょうか?首都圏平均と全国平均をみていきましょう。

まずは、首都圏です。首都圏では男性7000円、女性6000円の会費設定が平均的のようです。
平均の詳細はこちらです。
・会費:男性7,100円 女性6,100円
・招待者数:60名
・二次会会場費:39万円

続いて全国平均ですが、首都圏よりはやや安くなります。全国平均の詳細はこのようになっています。
・男性6,000円 女性5,200円
・招待者数:52名
・二次会会場費:30万円

首都圏では会場費が高額なので、ゲストの会費や高くなってしまうのも仕方のないことかもしれません。一般的な相場を踏まえて二次会の会費を設定してみましょう。

 

予算オーバーしたらどうすればよい?

結婚式の費用は、最初の見積もりからあれよあれよという間にどんどん膨れ上がってしまうというのはよく聞く話です。そして、二次会も例外ではありません。予算オーバーしてしまったら、どの部分のコストを削っていけばよいのでしょうか?

簡単に抑えられる費用として、招待状を送らずにメールなどで出席依頼を送ることが挙げられます。また、会場装花を自分で手配するとか、披露宴で使ったものを再利用することで、大幅に費用が変わってくるでしょう。余興をクイズなど費用をかけずに盛り上がる内容にすることも可能です。他にも、ご挨拶の際のプチギフトを少しダウングレードして、その代わりにメッセージカードを付けるなどの工夫も喜ばれるかもしれません。

予算を減らすばかりでなく、参加ゲストの数を増やすという方法も検討してみてください。予算オーバーしても、ゲスト喜んでもらえる工夫を考えていきたいですね。

 

予算オーバーしたらどうすればよい?

0

 

0

0

 

0

 

0

まとめ

二次会の予算の考え方として、まずは理想とする二次会にはいくらかかるのか割り出してゲストの人数を逆算する方法を試してみましょう。それと同時に、ゲストの見込み人数から収入を計算し、どこまでが可能なのか検討していくのが良さそうです。

ある程度の収入が計算できれば、会場の規模やお食事のグレードなど、どれくらいのものにしたら良いかが見えてくるはずです。また、残念なことではありますがドタキャンも視野に入れ、予算がカツカツになり過ぎないようにも注意が必要です。

二次会は極力費用をかけたくないと思う新郎新婦も多いと思いますが、一生に一度のことですから、ケチったなと思われないように上手に工夫していきましょう。一番大切な事は、招待した側もされた側も、楽しかったと思える二次会なのですから。