二次会代行お役立ちコラム

結婚式の二次会を盛り上げる司会のコツ

仲間内の飲み会と違い、半数以上は初対面の人という場合が多い結婚式の二次会。普段喋るのが好きで、人前で話すことも得意という人が司会を頼まれても、思ったよりも盛り上がらなかったということも少なくありません。何が原因なのでしょうか。パーティーが盛り上がるコツは何なのでしょうか。プロでも何でもない人が、いきなり知らない人たちの前で司会をするということは難しいことです。二次会が成功する秘訣は何なのでしょうか。

喋るだけじゃない!気配り上手な司会者

人気者や、日頃から人前で話すのが得意な人が司会を頼まれることはよくありますが、何の訓練もなしにいきなり人前で話すのは容易なことではありません。普段の飲み会であれば、知っている人ばかりなので、自分のペースで会話を進めることが出来ますが、結婚式などの二次会ではそうはいきません。

知らない人が大半ですし、初対面なのでノリも分かりません。うっかり話を振って、場がシーンとなってしまうという危険性もあります。かといって、顔見知りの人にばかり話を振っていたら、一部の人たちしか盛り上がれない二次会になってしまいます。

二次会を盛り上げるコツは、司会者にあります。せっかくのパーティーなので、出席者みんなに楽しんでもらえる会にしたいものです。誰もが楽しめる雰囲気作りをすることから始める必要があります。

事前に新郎新婦とどのような雰囲気の会にしたいのかを決める必要があります。例えば、みんなでわいわいと会話をするようなアットホームな会にしたいのならば、進行をきっちりきめる必要はありません。

どちらかといえば、歓談がメインなので、そのアシストをすればよいのです。必要事項のアナウンスをすることや、乾杯などのイベントにはきっちりアナウンスを入れるなどし、その他の時間は会話を楽しんでいる人たちの邪魔にならない配慮が必要です。少人数でのパーティーに向いています。

大人数で歓談中心ですと、新郎新婦と話せない人たちが多くいることになります。新郎新婦と話すのを待っている人たちやもう話し終わってしまった人たちは、何もすることがありません。大人数でのパーティーには不向きですが、もし新郎新婦の要望でそうなった場合は、話していない人たちが退屈な思いをしないような配慮が必要です。

大人数ですと、余興やゲーム大会など会場全体で楽しめる企画がよいでしょう。その際に時間配分を間違えると、最初の方はゆっくりだったのに、最後の方はバタバタしてしまい、印象に残らない会になってしまうので気を付けましょう。

適度な距離感と親しみ易さ

結婚式の二次会の失敗例は、一部だけが盛り上がりすぎていたということであることが少なくありません。どういうことかといいますと、例えば、新郎の友人が司会で、新郎側の友人だけで会話が進んでいったり、内輪ネタが多かったりすると多くの人が何のことかわからずに終わってしまいます。最初がそうだと結局最後まで楽しめずに終わってしまうということになりかねません。

かと言って、他人行儀にしてしまうと、固苦しくなって、友人にお願いした良さがなくなります。適度な距離感を心がけることが必要です。新郎側、新婦側と一人ずつお願いするのがよいかもしれ,ません。そうなると完全に内輪だけで進行することが防げますし、男女による司会でしたら、足りないところを補い合えます。

男性は、細かい気配りは苦手ですが、大きな声で統率したり、ゲームなどを盛り上げるのが得意な人が多いです。逆に女性は、細やかな気配りが出来るので、司会や、ゲーム・余興の進行よりも、ちょっしたアナウンス、新郎新婦の入退場のリードなどに向いています。

司会は、面白いことを言って盛り上げるのが役目だと思っている人もいるかもしれませんが、面白いことを言う必要はないのです。なぜなら、新郎新婦もゲストも、面白いことを望んではいないからです。新郎新婦が面白さを望んでいれば、お笑い芸人を雇えば済む話なのです。そうでなくて、友人にお願いするのには、別の理由があるのです。

自分たちをよく知る人に司会をやってもらうことによって、より自分たちらしいパーティーにしようと考える新郎新婦は少なくありません。なので、コツは、普段のままのキャラクターでいるということです。変にかしこまったりしない方がよいです。その代わり、全体の流れをきちんと把握し、スケジュールを立て、それに沿ってきっちりと進行させていくことが必要です。

あとは、常に笑顔でいることを忘れないことです。少々あがってしまっても、女性の場合は、ニッコリ笑えば許されることがほとんどですから。

司会はプロにお任せ

二次会をアットホームな感じではなく、きちんとした形にしたいという方は、プロにお任せするのがよいでしょう。プロでしたら、慣れていますので、多少のアクシデントにもきっちり対応してくれます。最初から最後までそつなくこなしてくれることでしょう。二次会を盛り上げるコツも熟知していますので、盛り上がらないはずがありません。気の利いた人なら、アドリブで面白いことを言うこともあります。

プロに頼むとなると、費用はそれなりに掛かりますが、友人にお願いした場合の謝礼などを考えるとさほど違いはありません。

どのようなパーティーにしたいかということと、主催者の好みによります。きっちりしたパーティーにしたいのか、仲良しの友人同士が集まるアットホームな感じのパーティーにしたいのかです。もちろんプロなので、アットホームな雰囲気によせることも出来ますが、長年の付き合いのある友達とは違い付け焼刃なので、友人一人一人の名前や過去の思い出について知っている友人の司会には負けます。

となると、プロと友人にお願いすればよいと考える人もいるかもしれませんが、これはやめておいた方がよいです。なぜなら、立ち位置が違うからです。お互いの欠点を補い合えたらよいのでしょうが、それは不可能です。逆に、お互いの良さを殺してしまう結果になりかねません。

例えば、そつなく進行しているプロの隣に友人が立っていたとします。ところどころ友人がマイクで喋るというのを期待しているかもしれませんが、それぞれの持つリズムが違うので、聞く方にとって心地よいリズムには聞こえないのです。

新郎側、新婦側の友人二人にするというのはリズムが同じになるので大丈夫ですが、ビジネスとしてその場にいる人と、友人としてその場にいる人に同じことをさせるのは、リスクが大きすぎます。

まとめ

結婚式の二次会を盛り上げる司会のコツは、新郎新婦やゲストへの気配りを怠らず進行時間を守って、自分自身が盛り上がることです。常に笑顔で、誠意をもって進行することで、無理に面白いことを言って盛り上げようとしなくても、自然と盛り上がります。そのための事前準備を怠らなければ。例えプロだとしても、事前準備はしっかりとしてから現場に臨みます。

また頼む側は、友人にお願いする場合、プロにお願いする場合のメリットデメリットを理解したうえで、どちらがより理想の二次会になるかを考慮して選ぶとよいでしょう。