二次会代行お役立ちコラム

チケットやカード系の景品、二次会で喜ばれます

一昔前、大きいものがよいものだという感覚があった時代、景品は、大きくて見栄えがするものが人気でした。引き出物の袋も大きければ大きいほど盛大なお式であると思われていました。しかし、最近の結婚式では、紙袋は小さく、二次会で出す景品もなるべく小さなものが人気あるようです。特にチケットやカード系は大人気です。金額が分かってしまうものはタブーとされてきた日本でこれほど人気がでた秘密に迫ります。

ペアチケットがランキング1位

テーマパークは女性や家族連れに大人気です。友達同士で行っても楽しめますし、恋人同士でも、家族で行っても楽しめます。一度だけでなく何度行っても楽しいところです。もちろん男性も好きな人はいます。

東と西にそれぞれ大きな大人気テーマパークが位置していますので、近隣の県に住んでいる方は、このチケットを景品として用意すれば二次会大成功間違いなしと言っても過言ではありません。誰もがこれを狙うといっても過言ではないくらい人気のチケットです。

住んでいる地域にある施設がそれほど大きくないテーマパークだとしても、各都道府県には人気の遊園地や施設がたくさんありますので、お近くのご自分が好きなテーマパークのチケットを用意するのがよいでしょう。遠いところのチケットを用意してしまうと、交通費は自分で出さなければならないので、行く機会がないかもしれないからです。

特に入場料金の高いテーマパークのチケットは喜ばれます。入場券だけでなく一日乗り物フリーパスがセットになっていたら尚更です。入場券のみの場合は、乗り物に乗るのに自分でチケットを購入することになるので、せっかくゲームで当たったのに楽しさも少し減ってしまいますので、入場料と乗り物券がセットになっているチケットがよいでしょう。

しかしテーマパークのチケットの場合、気をつけなければならない点があります。それは、有効期限があるということです。通常購入してから1年が有効期限なので、あまり早くから用意すると使える期間が少なくなってしまいます。また、有効期限があるということを当たった人には伝えた方がよいでしょう。せっかく当選したのに、うかうかしていて使用期限を過ぎてしまったというようなことにならないように。

またチケット1枚というよりも、2枚用意した方がよいでしょう。当たった人が誰かを誘って行きやすいように配慮しましょう。例えば、二次会でちょっと気になる人が出来て、たまたまゲームでテーマパークのチケットが当たって、思い切って誘ってみた人がいたら、数年後はその人たちの結婚式に出席しているという事もあり得るかも知れません。

おいしいものはみんな大好き

二次会の景品で選ばれる人気ランキングにおいて、品物が限定されても人気のカード系があります。それは、飲食系のギフトカードです。高級アイスクリームギフトカードやビール券です。贈る人を選ばず誰に贈っても喜ばれるカードだから人気が高いです。

他にも全国共通のレストランで使えるグルメカードです。お店が限定されないので、遠方から結婚式に参加するためにこの土地に来た人が当たったとしても、地元のレストランで使用することが出来るので便利です。チェーン展開しているお店ですと、どこの土地にも店舗がありますが、地方によっては、この店が近くにないという店もありますので、店舗が限定されているお食事券は、人を選んでしまいます。参加者が同じ地域の人だけという場合はよいですが、なかなかそのような状況は難しいでしょう。

コンビニエンスストアで使えるギフト券も人気が高いです。コンビには、どこの地域にも必ず一つ以上はありますので、コンビニのギフト券が当たって嫌な顔をされたというようなことはほとんどありません。ちょっとしたものを購入するのに、小銭を出さなくてよいので、カードは重宝がられます。

プリペイドカードや商品券は金額が分かってしまうので、無粋だと感じてしまう人におススメなのが、ホテルのアフタヌーンティーチケットです。貰った人に金額が分かることはありません。東京、大阪、京都、横浜などのホテルの内、好きなホテルを選んで使うことが出来るので、もらった人は喜ぶこと間違いないです。非日常空間とおいしいお茶とお菓子、そして癒しの時間の贈り物は、何よりも嬉しいです。

二度おいしいギフトカード

一昔前は、図書券、アイスクリーム券、お食事券、お米券などの商品券が主流でしたが、今どきの景品は、図書カード、ギフトカード、プリペイドカードなどのカード系が主流です。コンビニや飲食店などの店舗で直接使えるカードもありますが、最近は、インターネットショッピングで利用できるので便利です。ネットでの買い物時に、カードに印字されているID番号を入力するだけで簡単に使用できます。

カード系はお財布に入っていても嵩張らないので重宝がられます。また、ギフトカードに写真などを印刷することも簡単にできるので、オリジナルカードを作ることができます。使い終わった後も、写真カードとして取って置けます。

カードの種類は、主にクオカード、図書カード、電子ギフトカード、テレホンカードなどがあり、カードの種類や金額もいくつかの種類から選ぶことが出来ます。ゲームの景品としてどのランクにするのかを選ぶことが出来ます。

カフェや量販店など店舗が限定されるカードもありますが、個人的にプレゼントに使う分にはよいですが、誰に当たるか分からない景品には向きません。当たった人がその店舗を利用するか否かが分からないからです。どんなに人気店であっても避けた方がよいでしょう。ただし、高級ホテルのディナー券や宿泊券は、誰が当たっても喜ばれます。

少し前までは、テレホンカードに写真や文字を印刷するということが出来ていましたが、今は、テレホンカードが使える公衆電話が少なくなってきているので、テレホンカード自体を見かけなくなってしまいました。テレホンカードを貰っても、使い道はあまりありません。新幹線の中や病院で使うくらいです。

カードに写真を入れるのは気恥ずかしいという方は、カードを入れるケースにメッセージを入れることも出来ます。心を込めたメッセージを入れることで、そのカード入れは、世界に一つしかないオリジナルのカードケースになります。

二次会の景品にすれば、貰った人が心に残る一品になるのではないでしょうか。

まとめ

二次会やパーティーのゲームで当たると嬉しい景品ランキング上位に位置するギフトカードやテーマパークのフリーパス券は、もらったパーティーの思い出プラス、自分の楽しい体験が加わるから人気だということが分かりました。

カード系は、使ってしまえば終わりというのではなく、写真やメッセージを入れると、カードそのものに値段のつけられない価値が付きます。それは、贈った人ともらった本人にとってこの上ないほど貴重なものとなります。

参加者の趣味や好みがバラバラで何を選んでよいのか分からないときは、もらった本人が好きなものを選ぶことが出来るカード系を贈ってみてはいかがでしょうか。