二次会代行お役立ちコラム

二次会の景品の相場とは?1万円台でどこまで買える?

1万円台といっても幅広く、様々な事が出来ます。当然結婚式の二次会の景品もスポットを絞ればグレードの良い物だったり、ゲストの目を惹く物を購入出来たりします。しかしあまりにも物が多い中でどんなギフトを選択すれば良いのか、またはギフトの種類や渡し方、予算の考え方など考える事は山ほどあります。ここでは二次会のギフトに関する情報はもちろんの事、おすすめの製品も合わせて紹介しているのでこれからプランを考える方にもってこいの情報です。

景品が豪華だと二次会が盛り上がる

二次会では新郎新婦に関係するゲストが集まり、食事やお酒を飲みながらコミュニケーションを取ったりします。その中でより盛り上がれる様に新郎新婦に関する情報を公開したり、みんなで参加出来るゲームを開催したりします。このゲームの有無で盛り上がりが大きく違い、且つ景品が豪華だとゲストも積極的に参加してくれます。

豪華なギフトが良いというのは分かりますが、予算は決められていますし全ての方にギフトを渡す訳にはいきません。一般的な二次会の予算は5000~7000円ですが食事代や場所代もありますのでギフトに使える予算は一人当たり1000~1500円が相場です。

1万円台で賢くギフト選びをすれば予算内で多くのゲストに喜ばれる様に工夫出来ますし、余った予算はゲストに還元出来ます。より豪華で喜ばれるギフトを購入するコツは、事前のリサーチとゲストの年齢や層を見極める事です。

どんな物をチョイスすべき?

限られた予算内でギフトを購入すると考えた際、どんな物をチョイスすべきか考えてしまいます。ゲストの年齢層や人数、質によっても違いますが複数のカテゴリに分けて購入するのが良いです。

旅行・食事・家電は人気ランキング上位に入っている場合がほとんどですが、太極拳や乗馬といった普段体験出来ない様な体験型ギフトやキッチン用品も根強い人気を誇っています。反対にチープすぎるギフトや下ネタ系、新郎新婦の趣味を押し付ける様なギフトは好まれませんので注意して下さい。またグルメ系のギフトに関してはアレルギーや渡す方のステータス(単身者・ファミリーなど)によって、柔軟に対応出来る様にするとトラブルを回避出来ます。

景品選びは一見とても大変そうに見えますが、やってみると案外楽しいですし1万円という限られた予算でどれだけ自分達の希望のギフトを購入出来るかをやりくり出来るので、達成感があります。もしどうしても選べない場合は代行サービスに依頼するのも良い方法です。

一点豪華主義よりもみんなに行く様にしよう!

ギフトをチョイスする時にジャンルで迷うのはもちろんですが、どのくらいの品数にすれば良いのかも頭を抱えるポイントになります。参加型や宿泊施設、旅行系のギフトは人気がありますし盛り上がるポイントにもなりますが、1点辺りの費用が高いのがネックです。とは言ってもとにかく価格を抑えたギフトだけでは参加してもつまらないですし、盛り上がりに欠けます。

一般的には人数に対して1~2割の人に当たる様にしているケースが多く、3割の方に渡す事が出来れば豪華なゲームという印象になります。一点豪華主義でも良いですが、この場合は景品に魅力が無いと盛り上がりませんしすぐに渡してしまうと間が持ちません。

割合も重要でギフトの1割が目玉商品、2~3割がやや豪華なギフトに設定すると良い塩梅になります。1万円台で豪華製品を選ぶのならもう少し割合を上げても良いですが、誰にでも当たってしまうというのも盛り上がらないのでその点は予算や人数と相談になります。

冷凍OKだから便利!加工食品のススメ

おすすめのギフトと言えば根強いグルメ系、その中でも加工食品がおすすめです。加工食品と言えばハムやベーコンだけでは無く缶詰やレトルト食品を指しますが、これらは鮮度を気にしなくても良いので単身者・ファミリーどちらにも重宝されます。特に缶詰やレトルト食品はバラエティ豊かですし、保存が効くのでうっかり腐らせてしまう事もありません。近年では高級感のあるレトルト食品もあるので、これを機に食べ比べしたいと考える方も多い様です。

加工食品は生鮮食品の様に季節や気候、温度や保存方法に注意するポイントはありませんが、重量が出てしまう事があるのでゲストの負担にならない様に注意して下さい。大きさや重量がある場合は事前に郵送手配を取り、当たったゲストへスムーズに案内出来る様にしておくと良いです。

カタログギフトだと重量も無く自宅でゆっくり選べるので、遠方から二次会へ出席する方が多い場合はカタログの方が便利です。

スパやエステでリラックス

エステやスパと言えば女性的なイメージがありますが、近年では男性がリラックスや美容目的でこれらを利用するケースも増えています。癒しやリラクゼーションはもちろんですが、脱毛に勤しむ男性も増えているので美容系のギフトはマストアイテムですし、自分で費用を出すのは躊躇するけれどギフトなら気にせずにサービスを利用出来ます。

1万円台でもかなり豪華な施術を受けられるので、二次会を盛り上げたい方はスパ系の景品をいくつか入れてみましょう。美容関連のギフトは全国チェーンを展開しているところを選択し遠方や地方から来ているゲストでも、しっかりサービスが利用出来る様にして下さい。

それが難しい場合は美容家電に頼るのも良いです。日ごろの疲れを取ってくれるマッサージ機やマッサージクッションなども1万円以下で購入出来るのでおすすめです。これらのサービスは使用期限が出来るだけ長い物を選択し、余裕を持って使える様に配慮するとゲストに喜ばれます。

便利家電も根強い人気

オーブントースターにホットプレート、衣類スチーマーに衣類乾燥サーキュレーターなど1万円台で購入出来る便利家電は、二次会の景品の目玉になりつつあります。欲しいと思った事はあるけれど別の方法で事足りている、またはいつか購入しようとそのままにしているという方が多い家電類は景品としても優秀です。この価格だと重量や大きさのある物では無くコンパクトタイプがほとんどなので持ち運びにも便利です。

家電をギフトにする場合は出来るだけシンプルなタイプがおすすめです。当日まで誰にギフトを渡すのは分かりませんし、機械が苦手だという方もいます。また保証加入している製品だと初期不良など万が一の場合でも安心ですので、ギフトと一緒に保証書を入れておくと親切です。

一見家電というと高価なイメージがありますが、1万円からでも良い製品がありますし、シュレッダーやドローンなどビジネスだけでは無くレジャーに使える家電もあるので、幅広い層におすすめです。

まとめ

豪華な景品は目を惹きますし、ゲーム参加率アップや盛り上がりにも貢献してくれます。しかしそのギフトを購入する予算は限られているので、全ての方にグレードの高いギフトを渡せる訳ではありません。

一般的には参加者の1~2割、多くても3割に渡れば御の字です。ギフトの予算は1人1000~1500円なので1万円程度のギフトをいくつか用意するのがベストです。人気ジャンルは加工食品、美容系、家電系です。それぞれ一長一短なので二次会に参加するゲストの年齢や性別、雰囲気によって決めると失敗しません。