二次会代行お役立ちコラム

新郎新婦はどこまで関わる?二次会の景品や準備ノウハウ

二次会は司会や幹事に依頼したからもう大丈夫!それは本当ですか?結婚式の主役である新郎新婦ですが「主役だから何もしなくて良い。」と言う訳には行きません。主役である事は確かですが、二次会は二人と関わりのある方達がコミュニケーションを取ったり、式よりも砕けた状態でお祝いしてくれたりする会です。そこで景品をかけたゲームをして一体感を出すのも重要なおもてなしです。ここではカジュアルな会場での費用相場はもちろんの事、進行や景品についてスポットを当てています。

二次会の費用相場と考え方

「出来る限りお金をかけたくない。」「最大限のサービスを利用して、おもてなしをするべき。」新郎新婦によっても二次会の考え方は大きく違うので、事前にどの様な会にするのかを話し合っておくのがベストです。ここでこじれてしまうとせっかくのお祝いムードが崩れてしまったり、酷い場合は二人の関係に亀裂が入ってしまったりするケースもあります。

更に二次会は無料ではなくほとんどの場合が会費制です。この会費の中にゲーム景品や食事代、場所代が含まれているのですが一般的には5000~7000円程度が相場です。相場よりも高くなってしまう場合は料理のグレードやボリュームを上げる、または景品を豪華にするといった工夫が必要です。

司会や幹事をしてくれる方には減額したり、お土産を持たせられる様に工夫したりすると後々角が立ちません。ちなみに料理やギフトに費用を捻出するのは好印象ですが、自分達の衣装代やヘアセットに使うとゲストの心情が悪くなる場合もあるので気をつけて下さい。

新郎新婦はどこまで負担する?

会費で全てをまかなえたら良いですが実際はそうはいかないですし、せっかくゲストが来てくれているのに最低限の料理、ギフトでおもてなしをするとこちらとしても気持ち良くありません。とは言っても全て新郎新婦から捻出する訳にも行かないですし、どのくらいの割合を負担すればよいのでしょうか?

実質幹事や司会が場を取りしきっているのでこれらの方からは会費を取らないまたは減額する工夫だったり、ドタキャンや人数・料理が予算オーバーしてしまったりする場合は二人が負担するのがベストです。割合としては2~3割程度負担すると、セコいと思われる事はありません。どうしても二人の負担を減らしたい場合はギフトを工夫したり、衣装を自前にしたりすればある程度抑えられます。

但しどちらも明らかに安っぽいものだとゲストは白けますし、一生に一度のパーティなので後悔してしまう可能性もあります。ネットや口コミはもちろん、既婚者の先輩にアドバイスを求めるのも良い手段です。

景品を工夫すれば負担減!

より負担を抑えるならギフトに工夫、でもただ安いものでは場が白けてしまう。ゲームがあると盛り上がりますし参加率もアップするので、ギフトの数や質を工夫してみましょう。

100円ショップで売られているものなどは避けて目玉商品の数を減らす、または目玉ではなく多くの方にリーズナブルなギフトが当たる様にするとセコいと思われる事はありません。

参加賞的なちょっとしたギフトであれば新郎新婦が手作りするのも良いです。リーズナブルなのにセコいと思われる事はないですし、大量に作る事でコストダウンが期待出来ます。心を込めて作ればゲストも喜んでくれます。

ちなみにギフトを渡す時に面白おかしく発表する事で盛り上がり、価格の事はさほど気にならなくなるので価格帯だけではなく、様々な部分に工夫を取り入れるのが大切です。ギフトの価格相場は1人あたり1000~1500円なので、ここからどれだけゲストに満足してもらえる景品にするかを考えるのが腕の見せ所です。

おすすめの景品を知ろう!

リーズナブルでゲストに喜ばれやすいギフトをいくつか知り、賢く二次会を開催しましょう。まず目玉景品を設定するのですが、多くても3人ほどが良いです。ヘタに多くの人に目玉が渡ると特別感がありませんしコストが上がってしまいます。

1番の目玉を決めたら少しずつコストを下げて5位辺りまで作り、そこから下は残念賞の様なもので構いません。予算を多く捻出できるのなら旅行券やホテルの宿泊券が良いですが、コストダウンを考えるならグルメカタログがおすすめです。5000円以下でもかなり豪華なものが掲載されていますし、ゲストが自分で選ぶので満足感もあります。

続いては話題のスイーツもおすすめです。トレンドに乗っているので価格ではなく珍しさが勝ちますし、盛り上がる要素にもなります。旅行に便利なグッズ、キッチン用品も目玉として十分役立ってくれます。残念賞に関しては紅茶やクッキー、またはちょっと変わったレトルト食品だと実用性もあるので喜ばれます。

大きな景品は郵送がスマート

大きなギフトはそれだけで目立ちますし、当たるとなんだか嬉しい気分です。しかし帰宅時や二次会から移動する時に邪魔になる事が多く、ギフトとしてはあまり良くないレッテルが貼られています。

しかし事前に郵送手配が出来る様にしておくとゲストの負担が消え、且つゲームを盛り上げてくれる心強い味方になってくれます。郵送手配は事前に行えますし、料金も微々たるものです。但し家電の種類や発送する場所、距離によっては時間がかかる可能性もあるので注意して下さい。

大きさのある人気ギフトと言えばロボット掃除機やオーブンレンジなどがあります。国産メーカーだとどれも高額ですが型落ち品や、海外メーカーだと安く購入出来るので目玉商品として設定するのも良いです。

但しこれらをギフトにする時は故障や初期不良に備えて保証があるものが良いです。大きさのある生鮮食品も目立ちますがチルド便が必要になるケースもあり、コストが余計にかかってしまうのでおすすめ出来ません。

じっくり計画すれば失敗無し!

急いで計画するよりも事前に幹事や司会としっかりと話し合い、本当にお得になるか、ゲストに喜んでもらえるかなどを考えて決めていきましょう。ちなみに新郎新婦が幹事へ依頼するのは結婚式、または二次会を行う半年前がベストです。

幹事に向いているのでリーダーシップがある、または盛り上げ上手なのはもちろんですが時間をしっかりと守る、または柔軟な対応が出来る方と細かな適性が必要ですので誰でも良い訳ではありません。特に気配りが出来る方であればゲームの時や景品を渡す時にちょっとしたアドリブを効かせる事も出来ます。

どうしても幹事が見つからない場合は代行サービスへ依頼する事も出来ますし、依頼は2~3ヶ月前からで問題ありません。素人ではマネ出来ない盛り上げ方だったり、ギフトに関するアドバイスをしてくれるところもあったりしますので二人の結婚式をより良いものにする為に、使えるサービスはどんどん使っちゃいましょう。

まとめ

新郎新婦をお祝いしてくれるゲストをもてなす為に二次会を行うのですが、出来るだけコストをかけたくない場合は景品に工夫を凝らすと良いです。ただ単にギフトの数を減らしたりグレードを下げたりするといやらしい印象になるので手作りギフトを作る、または大きく目立つ景品を用意して豪華な感じを出すと良いです。

ギフト代は1人あたり1000~1500円が相場です。ドタキャンや思った以上のコストが発生してオーバーした場合は新郎新婦が負担するのがベストで、2~3割負担が一般的です。