二次会代行お役立ちコラム

二次会の景品って熨斗は必要?書き方や種類は?

お祝いやおめでたい時のギフトとして渡す熨斗ですが、ただ白く飾りが印刷されているシートを貼り付ければいいわけではありません。書き方や意味を知る事でより深く感謝の気持ちを表す事が出来ます。ちなみに結婚式は冠婚葬祭の中でも上位に入るおめでたいものですが、式の後で開催される二次会では新郎新婦がゲストをおもてなしする為にギフトを送ります。この場合も熨斗をつけるべきでしょうか?種類やマナーはもちろんの事、景品の選び方についても説明しています。

そもそも熨斗って何?

日本人のほとんどが聞いた事のある熨斗ですが、そもそも何が由来になっているのでしょうか。

包装されたギフトに白い紙が貼られ、その横には飾りの様なマークがあります。実はこの飾りこそが熨斗の正体です。破魔矢の飾りにも似ていますが、オレンジ色の部分はアワビを熨して乾燥させた保存食になります。アワビの肉を薄くそぎ落とし、それを干して竹筒で伸ばす事を何度も繰り返しまるで棒の様な形にします。アワビ自体不老長寿の薬とも言われているので、おめでたい事が長く続く様にと願いが込められています。

横に書かれている文字は表書きと呼び、何のお祝いによって渡されているものかを表し、その下部には水引というリボンの様な飾りがあります。水引の下に名入れがあり、渡す人の名称をフルネームで書き入れます。

ちなみに近年では廃れていますが、本来は仏事になるので生臭物といって魚介類や肉などは包んではいけないルールになっていますので注意して下さい。

二次会ではどれを選べばいいの?

引き出物の延長線でなんとなく熨斗をつけてみたけれど、本当にこれでいいのかわからない。いくつかの種類があるので、これまで気にしてこなかった方にとっては右も左も分かりません。

選び方のルールとしてまずリボンの様な飾りの水引は立派なものがベターです。また結婚式のおもてなしとして渡しているので、結びきりがいいです。水引の中には何度も結びなおせる蝶々結びタイプと、一度結んだら解けない結びきりがあります。前者は入学祝いや挨拶など「何度あってもおめでたい」ケースに使います。後者は「一度きり」をあらわしているので結婚式やお見舞いなど時に使われます。

色は何でも構いませんが紅白だと縁起がいいので迷った時は紅白でいいでしょう。近年ではキャラクターが描かれているタイプもありますが、カジュアルすぎる印象もあるのでおすすめ出来ません。ガチガチに固める必要はありませんが、最低限のルールを知っておくと二次会でも恥をかきません。

書き方と渡し方

さっそく二次会の景品に熨斗をつけたい。ちょっと待って下さい。書き方や渡し方にもルールがあるので、知っておかないと後で恥をかく可能性もあります。

別の項目でも説明した様に一度きりのお祝いになるので蝶々結びでは無く結びきり、または夫婦結びと呼ばれる水引を選択して下さい。色は紅白がいいですがカジュアル過ぎるキャラクターものはNGです。表書きには「賞」「第一位(景品の番号も可)」「こころばかり」が分かりやすく好印象です。水引の下にある名入れには新郎新婦の名前を入れれば完成です。

渡し方はどんなに小さなギフトでも両手で持ち、ゲストの方向を向き軽くお辞儀をする様な形で渡すといいです。二次会はカジュアルな場所ですがお辞儀一つで気持ちがよくなりますし、せっかくゲストが祝福してくれているのだからこちらも感謝の気持ちを込めて渡すといいです。その時に一緒に感謝の気持ちや、お礼の言葉を添えると更に印象がよくなります。

マナーを知ってスマートに渡そう

引き出物の様に堅苦しいルールがある訳では無いですが、ゲストに感謝の気持ちを込めながら渡すとスマートです。反対に片手で渡したり、書き漏れがあったりすると後で後悔するハメになるのでリハーサルや準備の段階でこまめにチェックしておく事をおすすめします。

たかが景品ですがされど景品です。人によっては細かな部分をチェックしていますし、格式の高い結婚式や二次会なら尚の事です。ちなみに大きなギフトや遠方の為郵送する場合は内のしがおすすめです。

そのまま渡すものは一般的に外のしがメインですが、郵送の際に外のしにしてしまうと熨斗が汚れてしまったり破れてしまったりする可能性があります。内のしはギフトの上に更に包装をした状態で渡すものを指し、書き方やルールは外のしと同じです。

誰が郵送を希望するか分からない場合は事前にいくつかの内のしで使う包装紙を用意する、または担当者へ相談してすぐに手配出来る様にしておくといいでしょう。

景品選びの重要性

新郎新婦をゲストがおしゃべりをしたり、食事をしたりする楽しい二次会ですがより会場を盛り上げる為に景品をかけたゲームを開催するのもいいです。実際に二次会でほとんどゲームが組み込まれていますし、会場に一体感があるとゲストもより楽しくコミュニケーションを取れます。

ちなみにただゲームを開催するのでは無くギフトに工夫をする事で、より会場に一体感が生まれます。景品選びは二次会の雰囲気を決める大切なポイントだからこそ、しっかり吟味したいものです。

選び方としては参加人数の1~2割に目玉商品が当たる様にして、あとの2割にリーズナブルなものを渡せる様にするのがいいです。

目玉商品は高級感のあるスイーツや加工食品もいいですが、新郎新婦の地元で人気の名産品や観光スポットに招待する様なギフトも人気です。前者は定番ですし老若男女にウケていますが物足りないと感じるケースもあります。後者は新郎新婦が関係しているのでオリジナリティも出ますしもらった方も楽しい気分になります。

みんなが楽しめる様に進行するのがGood

当然ですが一部の方しか楽しめない様な二次会はもはや二次会とは呼べません。時折話に聞くのは新郎新婦に近しい人しか分からない様な内輪ノリを連発したり、グループで固まってしまい他の人とコミュニケーションを取らなかったりする例です。見ていても気持ちよくないですし、来た事を後悔してしまうかもしれません。

そうならない様に司会が全体をうまく誘導する必要があります。親しい方だけでは無く全てのゲストが楽しめる様に進行するには別の項目で説明したゲームはもちろんですが、グループで固まらない様にフリー席を作っておくのもいいでしょう。

中には複数のテーブルや椅子を設置するのでは無くカウンターにする、または大きなテーブルを囲む様な形にしてコミュニケーションを図るケースもあります。但しあまりにもプログラムを詰め込み過ぎても疲れてしまうので、合間に休憩を入れたり飲食を楽しむ時間を設けたりするとスムーズですし、司会も疲れなくて済みます。

まとめ

結婚式が終わった後はゲストがコミュニケーションを取れる二次会を開催するのですが、みんなが楽しめる様に司会がゲームなどのプログラムを進行してくれます。参加型ゲームは一体感が高まりますし景品があるとより盛り上がるのですが、その景品を渡す際にも注意が必要です。

来てくれた事、お祝いしてもらった事に感謝の気持ちを込めて熨斗をつける事で相手に気持ちを伝える事が出来ます。内のし、外のしに関して書き方は同じですが、包装の方法が違います。