二次会代行お役立ちコラム

食事系はハズレ無し!二次会の景品で迷っているアナタへ!

食事系のギフトはゲストによって選び方が違う様で、難しいカテゴリだと考えられていますが実は正反対です。食欲は人間の三大欲求の一つなので、多くの方と共有しやすく且つ選びやすいジャンルです。ここではそんなグルメ系にスポットを当てて、二次会の景品について説明しています。他にもNGなギフトやどの様なポイントに気をつけるべきかを公開しているので、式だけでは無くゲストを招く予定のある方は必見の情報です。もちろん結婚式以外でも使えるので参考にしてみて下さい。

どんな景品が喜ばれる?

まずギフトを購入する前に、どんなものだと喜ばれやすいのかをリサーチして下さい。年代や性別・二次会に呼ばれるゲストの雰囲気によっても違いますが、分かりやすくインパクトのあるギフトはどんな層にも喜ばれます。

ゲームの景品として渡されるのがほとんどですし、ギフトを貰いながら新郎新婦にちょっとしたメッセージを伝えるので、あくまでもギフトはそのエッセンスとして考えるのがベストです。食事系といっても数多くありますが、缶詰やレトルト食品などの加工系、海鮮やお肉などの食材系はもちろんですが高級スイーツやアルコールなども喜ばれやすいです。

ちなみにギフトが誰の手に渡るか当日まで分からないので、出来る限り賞味期限が長いものが良いです。海鮮やお肉を渡す場合はそのまま渡さずにチルド郵送やグルメカタログを使うなど、ゲストへの気遣いが必要です。結婚式の主役は新郎新婦ですが二次会はゲストへの感謝を表す会なので、ゲストが気持ち良くなれる様な気配りをして下さい。

これはNG!おすすめしない景品とは?

ギフトなんて何でもいいし、盛り上がりたいからちょっとハメを外しても良いだろう。この考えはNGですし、二次会はアナタの身内だけでは無く相手の友人・知人も来ているので悪ノリや内輪ノリは危険です。結婚式や二次会がつまらなかったと言うほとんどがこれらを含んでいるので景品選びの際も注意して下さい。

NGギフトの上位に君臨するのが下ネタ系アイテムです。当たった方はリアクションに困りますし、年配者や女性が当たってしまうと変な空気になってしまう事もあります。全くおすすめ出来ませんが、どうしても下ネタ系を入れたいのであれば会場では開けずに「帰ってからのお楽しみ。」といって中身を明らかにしないのがベストです。

他にも新郎新婦の趣味を押し付けるグッズや、季節外れのギフトも不人気です。豪華な家電でも重量があり、且つ郵送出来ないタイプだと持ち運びが不便なのでNGです。その点食事系はほとんどハズレが無いので、迷ったらグルメを選択すると良いです。

スイーツはちょっと高級感を出して

いくら食事系の景品が人気だからと言ってもいつでも買える様なものをもらっても嬉しくありません。グルメ系で人気のギフトを言えばスイーツですが、普段食べているものよりも少しだけ高級感のあるアイテムを選択しましょう。

例えば男女共に好きな方が多いアイスクリームですが、1つ400円以上するやや高級なアイスクリームをギフトにすれば高級感がありますし、気兼ねなく頂けるので喜ばれます。ネット通販ではご当地スイーツを購入出来るところもあるので、変わり種スイーツを選択するのも良い方法です。有名店が提供しているオリジナルスイーツだったり、期間限定だったりするものも喜ばれる景品です。

但しこれらを渡す時には保存方法に気をつけて下さい。ゲストに渡す際も保存方法を説明したり、新郎新婦で手配したりするとスマートです。ホールタイプよりも小分けされているスイーツや、小さなものだと分けやすく喜ばれるので参考にしてみて下さい。

お肉はみんなを笑顔にする

食事系のギフトで根強い人気を誇るのがお肉です。宗教や嗜好によっては食べられない方もいますが、多くの方はお肉が大好きですし高級なものになると自分では購入しないので嬉しいものです。またまるごと1キロの塊肉などもあるので、インパクトがあり二次会を盛り上げるにはぴったりです。

お肉のギフトに関しては高級志向、またはインパクト(ネタ)志向どちらに振り切ると分かりやすいです。高級志向のお肉はA5や産地にこだわったものだと良いですし、おすすめのドレッシングやタレ、野菜をつけるとベストです。ネタ系に関してはとにかく目立つ様にすると良いですが、食べ物である事に変わりはないので粗末に扱うのは厳禁です。近年では鹿やイノシシ、雉といったジビエ肉もトレンドですので、これを機にジビエを景品にするのもおすすめです。

単身者・ファミリーどちらに渡しても良い様に簡単な調理方法が掲載されたカードも一緒に渡すと、どちらにも喜ばれやすいです。

シーズンならお鍋系も良い!

寒い冬に温かいお鍋を食べると身体だけでは無く心までポカポカしてくる様な気がします。結婚式・二次会をするのが冬であれば、シーズンを活かしたお鍋系の景品を用意するのも良いです。お鍋の良いところは具材を切って、スープで煮込むだけの簡単料理な点です。その為具材とスープを用意するだけでサマになりますし、費用もさほど掛からないのでゲストだけでは無くこちらとしても嬉しい景品です。

しかもチゲや豆乳、寄せ鍋といったポピュラーなものからトマトやピザ、ミルフィーユなど変わった鍋も存在するのでインパクトも十分です。合わせて土鍋も一緒につけると良いですし、冬にしか渡せないギフトなので当然盛り上がります。

食材を渡すとかさばると言う場合はいくつかのスープをセットにして渡すのも良いですし、鍋と一緒にお酒をつけるのもおすすめです。食事系のメリットはアイディア次第で無限の組み合わせが出来る点です。

海鮮系を渡す際の注意点

鍋やお肉、そして海鮮系の景品を渡す時は、そのまま渡すのでは無くこちら側でいくつかの注意をしなければなりません。まず梱包はしっかりとされているのが前提ですが、二次会の後に三次会や仲の良いメンバーだけで集まる可能性もあるので、冷凍処理がされているのかを確認して下さい。

特に海鮮は鮮度が命ですし、適した処理がされていないと腐敗を早め食中毒を起こす原因になります。もし不安があるのなら手渡しでは無くチルド便で郵送する、または海鮮系の食事がメインになっているグルメカタログで対処するのも賢い方法です。

特に甲殻類や貝類はアレルギーを引き起こす方もいるので、万が一の事を考えて代替案を考えておくのも良いです。そうなるとグルメカタログが無難に思えますが、カタログはあまりインパクトが無いですし質の良いものを選ばないと物足りないと感じる事もあるので注意して下さい。事前に会場へ相談し適切な処理をした上で景品として渡しましょう。

まとめ

二次会でゲストに喜んでもらう為にギフトを用意したいのだが、下ネタ系や内輪しか分からない様な景品はNGです。

老若男女に喜ばれると言えば食事・グルメ系のギフトが良いですがその中でもいくつかのジャンルがあります。女性に人気のスイーツは普段よりも高級なものが良いですし、お肉はインパクト、またはおいしさどちらに特化するかでもずいぶん違います。寒いシーズンであればお鍋やそれに合うお酒もおすすめですし、海鮮は高級感とインパクトの両方が得られます。