二次会代行お役立ちコラム

久しぶりの二次会!50代女性におすすめの服装とは?

50代になると若い頃と同じ様な服装では浮きますし、そもそも身体のラインも違うのでうまく着こなせません。式の場合、女性は着物や地味なワンピースでも良いですが、二次会はもっとカジュアルになるので服選びに困ってしまう。そんな方におすすめのアイテムはもちろんの事、悪目立ちしない様にNGルールや注意点を説明しています。久しぶりに出席する方もそうでない方もまずは参考にしてみて下さい。若い方にはない大人の魅力を十分に引き出しましょう!

NGマナーを知り悪目立ちしない

コーディネイトや選び方のコツを知る前に、まずNGマナーを知りリスクを回避しましょう。基本的に結婚式でNGとされるマナーと同じですが、白を基調としたドレスは絶対にNGです。白は主役である花嫁の色ですし、50代の肌に真っ白な服をベースにすると肌がくすんで見える原因になります。

意外ですが白色が上になっているバイカラーのワンピースもNGです。理由は着席した時に上半身の白しか見えないので勘違いされやすく、損をしてしまいます。どうしても上半身に白が来ているバイカラーを着たい場合は色の付いたボレロやストールでカバーします。

当然革や毛皮をあしらったものも殺生をイメージさせるのでマナー違反です。若い世代の間では「小物だったらOK」といったルールもある様ですが、年を召した年代だからこそ「セーフだよね。」といった考えは捨てて誰に見られても恥ずかしくないTPOをわきまえた服装を心掛けて下さい。

派手さよりも華やかさと上品さ

若い頃は自分の魅力は周りからどう見られるかを気にしていなかったので「これが着たい!」と思えば、明らかなマナー違反でなければ着用していた方も多いと思います。特に20代前半はとにかく派手さをメインにしたい方も多いですが、それをマダム世代がやるととても下品に見えます。二次会の主役はあくまでも新郎新婦ですし、その関係者が下品だと思われるのはとても恥ずかしいです。

ちなみに露出=下品ではありません。全く肌を露出していないのは硬すぎるイメージですのでノースリーブのロングワンピースだったり、肌にコンプレックスがある場合は透け感のあるドレスを着用したりすると良いです。

デザインがシンプルな場合は地味にならない様にモノトーンやベージュは避けて明るい色にします。反対にデザインが個性的な場合はグレーやブラックでも問題ありません。派手さではなく華やかで上品な着こなしを意識すればアナタの魅力がよりアップしますし、50代にしか出せない落ち着いた雰囲気をまとう事が出来ます。

カジュアルダウンでこなれ感を

結婚式によってはかっちりとした服装がドレスコードになっていて、そのまま二次会へ行くと浮いてしまうケースもあります。とはいっても着替える時間もないし、衣類を用意する費用ももったいない。そんな時はカーディガンやジャケットを羽織ってカジュアルダウンするのがおすすめです。かっちりとした服装が程よくカジュアルになるので、会場でも浮きませんし時間・コストをかけたくない方にも向いています。

おすすめのコーディネイトは式ではセットアップを着用し、二次会ではどちらかを着替える方法です。これなら荷物になりませんし雰囲気もガラッと変えられます。

但しこのコーディネイトをする場合は必ずフォーマル感をキープする事です。あまりにも砕けすぎるとだらしないですし、会場の雰囲気によっては変に浮いてしまいます。カジュアルすぎないこなれ感を出すには主張しすぎないアクセサリーや衣類の生地にこだわるとだらしない印象を回避しながら、上品なイメージを与えられます。

昼・夜で身につけるアクセサリーが違う?

服装に関しては気をつける機会もあり、ある程度の知識もありますが結婚式や二次会の時間帯によってアクセサリーの着用マナーが違うと知っていますか?まず前提として花をモチーフにしたアクセサリーはNGです。理由は花嫁と被りやすい為で生花や目立つ様なアクセサリーもNGマナーになります。黒真珠などの黒を基調にしたアクセサリーも好まれないので注意して下さい。

昼の結婚式、二次会の場合はキラキラ光るアクセサリーやゴールド系は控えるのが無難です。その代わりパールや小ぶりなジュエリーのついたアクセサリーを着用するのがおすすめです。

夜はそのマナーが反対になりラインストーンやスワロフスキーなどのキラキラしたアクセサリーや、やや大ぶりのものもOKです。肌の露出に関しても昼よりも夜の方が多めでセクシーな印象を与えると良いです。

昼夜問わず時計は時間を気にしているというイメージを与えてしまうのでNGです。どうしてもという場合は会場だけでも外す事を心掛けましょう。

二次会で必要な持ち物をおさらい

当日になったバタバタとするのはみっともないですし、事前に必要な持ち物をおさらいして二次会を楽しみましょう。必須アイテムとして招待状と会費です。これがないと会場に入れません。会費は袱紗に入れても良いですが、渡す時は裸で渡すのがマナーです。封筒に入れると出すのに時間がかかり受付に迷惑をかけてしまいます。

財布やハンカチ、カメラも必須アイテムですが出来るだけ荷物にならない様にコンパクトなタイプを持っていくのがベターです。アルコールを嗜む方もいますので、口臭用タブレット、または万が一の事を考えて常備薬や手鏡があると困りません。

もちろん予備のストッキングやメイク直しに必要なポーチも忍ばせて下さい。メイク直しのタイミングは式場から二次会の会場へ向かう時がベストで、50代の肌は乾燥しやすいので保湿ミストを持っていくと崩れにくくなります。これらを入れるバッグは服装と同じくフォーマルでややコンパクトなタイプが向いています。

マナーをわきまえてオシャレを楽しむ

歩きやすい、または酔っぱらってヒールを履くと危険だから普段履きなれた靴を履いていく。理解出来ますが普段から履いている様なフォーマルでない靴はマナー違反ですので、妊婦、または体調不良など事情がない限りは3cm以上のヒールのあるパンプスを履いて下さい。ヒールが細いとドレッシーに見えるのでおすすめですし、足長効果もあります。

ちなみに楽だからといってオープントゥやミュールはカジュアル過ぎるのでNGです。ファッション性を出したくてタイツを柄物や奇抜なデザイン、または網タイツの着用もマナー違反です。二次会には細かなルールが多く、且つ地域によってもルールが違うので面倒だと思うかもしれません。

しかしルールを守っておしゃれを楽しむ事で、アナタの魅力をアップさせる事が出来ますし若い世代への見本にもなります。50代だからといって卑下して地味にならずにマナーを守りながら自分らしいおしゃれで、結婚式・二次会を楽しみましょう。

まとめ

結婚式よりもカジュアルになる二次会は、案外ルールやマナーが多く正しく理解している方は多くありません。50代という年齢だからこそマナーやルールを守っておしゃれを楽しんでいきたいものです。

特に女性はドレスコードが指定されているケースがほとんどなので、花嫁よりも目立つ色やデザイン、そして白を基調とした服装はNGです。ヒールのある靴やコンパクトなバッグ、シーンにあったアクセサリーを着用しフォーマル且つこなれ感を生かしたファッションがおすすめです。