二次会代行お役立ちコラム

カジュアルな服装でもOK?二次会で浮かない為の知識

新郎新婦をより身近に感じながらゲストとコミュニケーションが取れる二次会は、式よりもカジュアルダウンしているのでリラックスしながら楽しめます。しかしリラックスといってもいくつかのマナーがありますし、ケースによっては悪い意味で目立ってしまう可能性もあります。どんな服装をすれば良いのかはもちろんの事、小物のルールや必要なアイテムを公開しているので初めて参加する方に役立つ情報です。またドレスコードのあるケースにも触れています。

カジュアルな服装でもOK?二次会で浮かない為にルールを知ろう

式ではスーツやドレス・ワンピースがほとんどなので、ちょっと疲れる。そのまま移動して二次会に参加する場合は着替える暇はありませんが、一旦解散して再度集まるケースもあります。その場合は自宅で着替えて参加する事になるのですが、どんな服装で臨めばよいのでしょうか?

カジュアルといっても広範囲ですし二次会会場の雰囲気によっても違います。格式の高い結婚式の場合は高級レストランやホテルで開催される事もあるので、まずは会場の情報を知る事から始めます。格式の高い会場の場合は式と同じドレスコードで構いません。

それほど高級では無いレストトランやイベントホールの場合は男性ならジャケットにパンツ、女性はセミフォーマルなワンピースでOKです。居酒屋・バーであればもう少しカジュアルな格好でも構いませんが、どちらにしても過度な露出は厳禁です。

女性に関してはパンツスタイルでも問題ありませんので、雰囲気を変えたい場合におすすめです。

カジュアル=私服ではありません!

ラフ、またはカジュアルな服装といわれて普段着や私服で行くのは厳禁で、かなり恥をかいてしまいます。

気心知れた友人同士や知人だけで集まる場合は必ずしもスーツやジャケット着用、またはワンピースやドレスが必須ではありませんがある程度フォーマルな格好がマナーなので、Tシャツやジーンズでは会場に入る事すら出来ない場合もあります。また私服をフォーマルな感じに見立てて出席するのは着こなしにもよりますが、上品さ・清潔感があれば許容範囲です。

しかし私服をそのまま着るのはだらしない印象を与えるので控えて下さい。二次会はある程度砕けた場所ではありますが、新郎新婦に関わりのある方が集まっているのでだらしない格好をしている方がいるだけでマイナスイメージを与えてしまいます。

「私はどう思われても構わない。」では無く、新郎新婦や相手の事を考えた格好をするのがマナーです。

男女別避けたい服装

男性が大きくマナー違反をしてしまうケースとしては、カジュアル過ぎて清潔感が損なわれているケースです。Tシャツとジーンズだと入れない会場もありますし、型崩れしている衣類もだらしないです。またとにかく目立ちたい!と思いシルバーや白のスーツ、ジャケットも新郎とかぶるのでマナー違反です。男性はシャツを着用する方が多いですがダメージ加工やアウターと同じ理由で派手過ぎるのもNGです。

女性は男性に比べて着用するものが多いので、細かなマナーが存在します。まず白はNGなのは当然ですが生花や目立ちすぎるアクセサリーも、花嫁から主役を奪ってしまいます。

反対に黒ドレスや黒ストッキングもおめでたい場所には向いていません。ヒールがあっても歩きやすいウェッジソールやオープントゥも、二次会にはふさわしくありません。ヒールの無い靴はカジュアル過ぎるので妊婦や体調不良などの理由が無い限りはNGです。男女共に清潔感があり且つフォーマルな印象を与える服用をすると、悪目立ちする事はありません。

小物もしっかりチェックしよう

近年では小物に関するルールが少しずつ緩和されているので、あまりに気にしていない方もいます。しかし結婚式はアナタと新郎新婦だけでは無く、その家族や親族も出席しているのでマナー違反ばかりしていると「マナーを知らない友人・知人のいる家」だと思われてしまいます。そこまでいわれ無くとも大人としてはマナーを守って、気持ち良く参加したいものです。

男性は小物といっても靴とアクセサリーくらいしかありませんが、靴もフォーマルなタイプがベストです。お祝いの席にふさわしいのはキレイに磨かれた革靴なので、事前にクリームやオイルを塗って手入れしておきましょう。

ちょっとしたオシャレで他と差をつけたい場合はネクタイピンやチーフがぴったりです。ネクタイピンはキャラクター物から様々なモチーフがあるので、自分に合ったものを選択して下さい。胸ポケットからカラフルなチーフを出すとグンとオシャレに見えますし、パーティ感があるのでいくつかの折り方を覚えておくと良いです。

ドレスコードがある場合

式だけでは無く二次会にドレスコードがある場合は、基本的にそれに合った服装をしなければなりません。

例えば敷居の高いレストランや高級ホテルではドレスコードがあらかじめ設定されていて、それに合わない方は参加出来ません。いくらカジュアルOKといわれているからといって会場で設定されている場合は、それに従わなければなりませんしルールを守らない方は「迷惑な人」というレッテルを貼られてしまうので気をつけて下さい。

他にもフォーマル・セミフォーマル・インフォーマルといったドレスコードがあり、これは正礼装・準礼装・略礼装を表しています。二次会のほとんどが準礼装・略礼装になるので、ややフォーマルさを残した服装で構いません。

中には女性は赤いドレス男性は黒のタキシード、仮装必須といった遊び心のあるドレスコードも存在します。この場合は新郎新婦が設定しているのがほとんどなので、マナーを守りながらパーティ感を演出してみましょう。

おすすめの服装はコレ!女性編

カジュアルな二次会に招待された際、ワンピースやドレスをイメージしますが必ずしもこれらで無くても問題ありません。砕けた雰囲気であればツーピースでも良いですし、ブラウスやジャケットにパンツスタイルでも構いません。ちなみに近年トレンドになっているワイドパンツを取り入れたコーディネイトもありますので、フォーマルさは残しつつ動きやすい服装をしたい方に向いています。また女性の場合は時間帯によって装いが違うのも気をつけたいポイントです。

昼は出来るだけ露出をしない装いが良しとされていて、肩や腕が出る場合はショールなどでカバーします。しかし夜のパーティであればある程度の露出がマナーになるので気をつけて下さい。色も昼はパステルカラーをメインにした淡い色が良いですし、夜はパープルやレッドなどの強い色を使ったドレスが好まれます。

おすすめのコーディネイトを参考にして、自分らしいスタイルで二次会に臨めばよりパーティを楽しめます。

まとめ

「カジュアルな服装でお越し下さい。」といわれても、どこまでが許容範囲なのか分からない。男女共に清潔感があり、且つフォーマルさを残している装いがベストです。Tシャツにジーンズ、ミュールにミニスカートなどの私服はNGですし会場によってはドレスコード違反で入室不可になる恐れもあります。

白を基調にした格好、または生花や大きなアクセサリーは新郎新婦に失礼に当たりますし親族や家族から見ても常識が無いと思われるケースもあります。マナーを守り二次会を楽しんで下さい。