二次会代行お役立ちコラム

二次会の司会のみ代行は可能?費用相場と依頼方法

幹事や司会は友人や知人へ依頼するのが多いですが事前の準備はもちろんの事、当日もバタバタとしていて楽しむ余裕なんてありません。そんな思いをしてもらってまで依頼するのは気が引けますし、単純に向いている友人がいないと言うケースもあります。そんな方から支持されているのが代行サービスで、二次会の段取りから進行まで全てやってくれる心強い味方と言えます。サービスだけでは無く進行役のみといったスポットで対応出来るのかをお教えします。

二次会代行ってどんなサービス?

代行サービスは近年から出てきたサービスなので、イマイチ内容を理解していないという方も多いです。用途がかなり限定されますし、きっかけが無いと調べないという方もいるでしょう。

簡単に言うと、このサービスは友人や知人へ依頼しなくても司会をやってくれるサービスです。進行役だけ、またはある程度の権限を与えてお任せ出来る業者もいるので、中々司会が決まらないと言う方から支持を得ています。全国に数多くの業者がいるので都内だけでは無く地方の方でも安心ですし、これまでに数多くのエスコートをしてきたプロなので素人の様にグダグダする事はありません。事前の打ち合わせで新郎新婦の情報をヒアリングして二次会を進めていくので、ぎこちなさや不自然にならないのも大きなメリットです。

結婚式も様々な形があり、人によってもこだわりは違います。それを理想に近付けてくれるサービスなので、まだ決まっていない方は代行サービスを検討するのも賢い手段です。

司会のみ依頼する場合の費用相場

二次会代行サービス自体の費用相場が5~15万円となります。この費用は基本料金なので「芸能人を呼びたい。」「送迎や高級車を希望。」といったオプションをつけると更に加算されるので注意して下さい。ある程度の段取りはこちらで決めるけれど、当日の司会だけを依頼したい、その場合はもう少し費用が安くなり3~8万円程度と言われています。

友人・知人へ依頼する場合は無料と言われていますが、まったくリターンを返さないのも失礼ですし会費を取らないケースがほとんどです。更に新郎新婦が落ち着いてから食事やお酒を奢ったり、お礼金として1~2万円渡したりするのが一般的です。単純に計算すると友人・知人を使った方が割安ですが、わざわざ時間を作って打ち合わせや進行を行うので変に気遣ってしまったり、うまく会場をまとめられなかったりするデメリットもあります。

それを比較するとプロへ依頼するのは高い金額ではありません。業者によっては早割が適用される場合もあるのでチェックすると良いです。

依頼方法と業者の見極め方

実際にサービス利用する前に依頼方法を確認しておくとスムーズです。目星をつけた業者へメールや電話、アプリを使って申込み依頼を行います。担当者からの連絡があれば、そのまま打ち合わせ希望日を提示し約束を取り付けます。打ち合わせの際にじっくりと話し合い、双方が納得いけば契約は完了です。担当者が当日まで流れを説明するので、あとは当日を待つだけでOKです。

ちなみにネットで検索すると全国展開しているサービスも多く、実際どこへ依頼すべきか迷ってしまいます。どこでも良い訳ではありませんし、質の悪い業者へ依頼すると後悔してしまう可能性もあります。

見極め方としてはカウンセリングや初回打ち合わせを無料にしていてすぐに契約に持ち込まない業者である事、そしてこれまでの実績や経験が豊富である事です。これらが十分でないと盛り上がりに欠ける二次会になるケースもありますし、万が一のトラブルに対応してくれない場合もあり後悔する事もあります。

打ち合わせと流れ

打ち合わせといってもどのくらいの時間、頻度でやれば良いのかわからないし、正直面倒なので全て丸投げしたい。その気持ちは分かりますが、それでは業者側が困ってしまいます。多すぎるのも時間の無駄なので、当日スムーズに進行出来る様に最低でも3~4回の打ち合わせをしておくのが無難です。

内容はまず大まかな流れやプログラム、予算にゲームの有無・景品について、そしてこちらの希望を伝えるのみでOKです。会場も抑えてくれる業者の場合は会場の希望も事前に伝えておくと良いです。新郎新婦どちらも出席するほうが良いですし、片方しか出席出来ない場合はメールやアプリで情報共有しておくとトラブル回避に繋がります。

司会を依頼するに当たって一番大切なのはお互いがコミュニケーションを取る事です。どんな二次会にしたいのか?仮にトラブルが生じた時にはどう対応してくれるのか?など明確にしておく事で当日は安心してお任せ出来ます。

こんな業者には要注意!

数ある二次会代行サービスでも、質のよくない業者を知る事で自衛出来ます。要注意業者の特徴はなんと言っても「すぐに契約させようとする」点です。

客足が少ないので舞い込んできた客をどうにか確保しようと必死になるのですが、業者の中には強引に押し切って契約させようとするところもあります。カウンセリングを有料にして少しでもお金を取ろうと考えているところ、またはとにかく費用を安くして客を確保しようとしているケースもあります。コストが安いと嬉しいですが、その反面サービスの質も低い可能性があります。

一生に一度の結婚式、二次会なので口コミや実績・経験を参考にして決めると大きな失敗はありません。司会のみ依頼する場合、コストを落とそうと考えてクラウドソーシングなどで依頼をかけるのは危険です。他にも自由度の少ない業者、レスポンスが遅くダラダラした印象のある業者はおすすめ出来ません。これらのサービスは比較的新しいので、まだ利用した事の無い方も多いですが事前に情報を知り見極める事が大切です。

経験者に効くメリット・デメリット

実際にサービスを使った方にメリット・デメリットを聞いたところ、リアルな意見が出てきました。メリットは友人・知人に依頼するプレッシャーから解放されるし、ゲストに負担をかけないので気分が楽という点です。

またプロなのでこちらも希望が伝えやすく形にしてもらいやすいのも強みです。確かに友人・知人は素人なのでこちらが気遣いますし、うまくイメージを共有出来ない事もあります。更に盛り上げるシーンを分かっているのでそこでうまい演出を取り入れたり、万が一のトラブルやゲストのキャンセルにも対応してくれたりするのもメリットです。

但しプロへ依頼するのは費用がかかりますし、人数によっては基本料金だけでまかなえないケースもあります。アットホーム・オリジナリティを重視している場合はプロが話すマニュアルめいた台本に納得いかない事もあります。これらがデメリットになりますが、ある程度許容していれば問題ありませんし、メリットの方が大きいです。

まとめ

司会は誰でも出来るものでは無く適正がありますし、その適正を持っている友人が必ずいるとは限りません。また依頼する側もプレッシャーがあるので、代行サービスを依頼すると言う手段もあります。

進行役のみ依頼する事も出来ますし、友人への依頼よりもコストが高くなりますがその分スムーズにやってくれるのがメリットです。費用相場は3~8万円程度でカウンセリングが無料の業者、あるいは事前に口コミや実績を確認しながら質の良い業者を選択すると理想の二次会が実現します。