二次会代行お役立ちコラム

結婚式の二次会・幹事は当日どんな仕事をするの?

新郎新婦から結婚式の幹事を任されると、信頼された様でとても嬉しいですが実際にどんな仕事なのかわかっていない方が多数です。単に司会進行を行うだけでは無く、当日まで多くの準備をしなければなりません。スケジュールを立てるのはいつごろがベストなのか?やりたい演出やそれに必要なものはどうすべきか?と考える事は山積みです。せっかくの二次会を台無しにしない為にも、幹事の仕事や注意点にスポットを当てて公開しています。

スケジュールを立てる事から始める

一般的に幹事を依頼されるのは結婚式の半年~3ヶ月前程度です。ほとんどが3~4ヶ月ですが、まずは新郎新婦と顔合わせをする事から始まります。その上でスケジュールを立てていき、どんな二次会にするのかを明確にします。
打ち合わせといっても何をしていいのか分からない場合は二次会のテーマと目的・招待人数・やりたい演出について固めておきます。そこからおおよその予算を決めた上で、幹事はどこまで関与すればいいのかを明確にします。ここで曖昧にしているとスムーズに準備が出来なくなってしまいます。
そこから仕事の割り振りを行い、新郎新婦の希望を確認しながら会場を探します。希望を出来るだけ多く聞き出して候補を3~5箇所押さえておくと、ギリギリになって予約が取れないといったトラブルを防げます。その後、プログラムを組み、招待状を送付します。

当日やるべき事をピックアップ!

結婚式や二次会の下準備が進むにつれ、新郎新婦の結婚式に関わっている意識を強くなり緊張してしまう事もあります。そんな時は当日の仕事内容を確認し、どうすればスムーズに動けるか考える事で楽になります。幹事の仕事といえば司会がメインですが、それだけではありません。
当日だけに絞っても受付や会費の徴収、演出のサポートなど数多くあります。また回りを盛り上げる為に時には即興で話題を作ったり、臨機応変に対応したりしなければいけません。だからこそ当日の仕事内容をしっかりと把握する事をおすすめします。
もし1人ではうまく回せない、不安という場合は、アシスタントとして補助役をもう1名立てておくと良いです。アシスタントは異性の方が、会場の雰囲気も柔らかくなりやすいので新郎新婦に相談しながらアシスタントを決めておくと良いです。

幹事で注意すべきポイントとは?

いくら進行役だからといって自分勝手に進めてはいけませんし、新郎新婦の為の二次会というのは肝に銘じておくべきです。幹事をする際に気をつけて欲しいのが時間を守る事です。会場入りもそうですが、ここで重要なのは閉宴時です。
会場は時間で契約しているのでいつまでもゲストが残っていると、そのしわ寄せが新郎新婦に来てしまいます。時にはペナルティを課せられる事もあるので、注意して下さい。続いての注意点は言葉遣いです。
当然ですが目上の方もいますし、新郎新婦の人間関係が深く関わっているので、言葉遣いで質を落としてしまってはもったいないです。当然ながら悪ノリや過剰な内輪ネタも敬遠されますし、それによってトラブルが生じる可能性もあります。みんなが好き勝手バラバラだと白けるので、会場が一体になる様に工夫するのが腕の見せ所です。

まとめ

幹事を任されるのは新郎新婦にとってアナタが信頼出来る人間という事なので、嬉しくなる反面うまく進行出来るか不安もあります。当日までにやる事を打ち合わせと一緒にスケジューリングし、何をすべきかをはっきりさせる事で柔軟に対応出来ます。
当日は受付や司会、会場へのエスコートが主な仕事ですが、言葉使いや悪ノリ、内輪ネタなど白けない様に注意して下さい。閉宴したらすみやかに移動しないと新郎新婦に迷惑がかかるので、要注意です。