二次会代行お役立ちコラム

快く引き受けてもらうための二次会幹事の頼み方

結婚式の二次会を行うことが決まったら、誰に幹事を依頼するのかを考える必要があります。事前の準備には時間も手間も非常にかかるものですし、きちんと役割りを全うしてくれる人でなければ二次会自体が失敗に終わってしまう危険性もあります。

誰にお願いするかが決まったら実際に依頼をすることになりますが、その際の頼み方次第で快く引き受けてもらうことが出来るかというのが変わってきます。快く引き受けてもらって、会を成功に導くための頼み方をご紹介しますので、これから依頼をするという方はチェックしてみてください。

 

スケジュール的な余裕を持って依頼する

まず注意したいことは二次会開催の日にちが決まったら、可能な限り早めに依頼をするということです。基本的には開催予定日と半年から2ヶ月前には依頼をしておくのがマナーと言われています。幹事は会場の手配や会の内容、景品の準備など非常に多くのことを準備する必要がありますのでスケジュールには余裕を持っておく必要があります。

依頼された側の予定や都合もありますので焦って準備することにならないように早めにお願いするようにしましょう。そして万が一お願いした人の都合が付かずに断られてしまった場合にも、早い時期であれば別の人にお願いすることが出来ます。

 

可能であれば面と向かってお願いしよう

二次会の幹事を依頼する際の頼み方として注意したいことは、可能であれば直接会いに言って依頼をするようにするということです。現代はメールやSNSが主流になってきているので、連絡は全てメールやSNSのメッセージなどで行うという方が非常に多くなっています。ですが二次会の幹事というのは非常に重要な役割ですし、受ける側の負担というのもとても大きいです。

そのため直接会わずにメールなどで簡単に済ませてしまうととても失礼にあたります。中には非常識な人だなと気分を害してしまう人もいますので、注意が必要です。そんなに長い時間を要するものでもありませんので、相手の都合に合わせて時間を少し作ってもらって会いに行き、丁寧にお願いをするようにしましょう。

 

打ち合わせの機会をセッティングする

結婚式の二次会の幹事というのは、新郎側と新婦側の双方から選んで依頼することが多いです。そのため幹事同士に面識がないということがよくあります。しかし実際に準備をする際には幹事同士が協力して行うことがとても重要になります。知らない方と連絡を取ったり、集まったりすることは中々簡単に出来ることではありません。

そのため新郎新婦で打ち合わせの機会をセッティングするのがおすすめです。その際には毎回参加する必要はありませんが、打ち合わせに出来るだけ参加するようにしましょう。幹事同士の関係を取り持つということももちろんですが、いくらお願いをしたからといって全て丸投げにしてしまうということはよくありません。協力して一緒に二次会を作っていくというスタンスでいた方が、依頼された側も快く引き受けることが出来ます。

 

まとめ

結婚式の二次会の幹事という役割は、会場の手配はイベントの企画、景品の準備など非常に多くのことをする必要があります。そのため依頼された人にかかる負担もとても大きいものになります。依頼する際にはお願いされた方が快く引き受けることが出来るように配慮した頼み方をする必要があります。

依頼する際には直接面と向かって丁寧にお願いをすること、スケジュールには余裕を持って依頼をすること、そして引き受けてもらったあとも全てを任せるのではなく一緒になって二次会を作っていくことが出来るように協力する姿勢を持つことがとても大切です。