二次会代行お役立ちコラム

二次会の景品は安い・高いどっちがいい?

楽しいゲームも景品が豪華だったり、センスのあるものだったりするとより楽しくなります。特に二次会はアルコールが入っているのがほとんどなので、パッと見て分かりやすいものや面白いものが喜ばれます。しかしこれらの景品もタダで集めているワケではありません。会費で購入していて、グレードは主催者によって決まり安い・高いどちらの景品もあります。ここではそんな二次会でおすすめアイテムや、NGアイテムを紹介しています。

平均コストはどの程度?

楽しい二次会を提供するには、良い景品を提供したい。けれどどのくらいのコストをかければ良いのか分からない。データによると平均相場は1000~1500円です。会費が5000円ならそこにプラスするだけで良いですし、良心的な価格なので参加者の負担にもなりにくいです。

商品代金を高くして豪華なアイテムを還元したいと言う気持ちも分かりますが、安い方が参加しやすいと言われています。ゲストの人数が多い場合は金額も高額になります。その場合は景品の質を上げるよりも、数を増やした方が多くの人に行き渡りやすく「参加してよかった。」と思いやすくなります。

あまりにも安いのはNG

安い景品、または多くの方がもらえる様にするのが良いとはいっても、あまりにも安っぽいものはNGです。アナタがゲストとして呼ばれた式で渡されたアイテムが、どこにでもある様な安っぽい製品だとがっかりしませんか?

例えば駄菓子の詰め合わせだったり、何の変哲も無い食器だったりすると持ち運びも大変ですし後者は割れる可能性もあります。
最初から最後までゲストに楽しんでもらう為には、自分達の事をお祝いしてくれていると言うスタンスではなく、お祝いしてもらっているスタンスで望めば相手が微妙だと思うアイテムを選ぶ事はありません。どうしても迷う場合は、親族や家族に相談するのも良いです。

安くておすすめの景品は?

実際に二次会で提供される景品で、安くて人気のあるおすすめアイテムを紹介します。まず景品を選ぶ際に予算が3万円あった場合、1万5000円は上位のアイテムで、残りを複数の下位アイテムにすると言った具合に分割して考えます。

上位の場合はリゾートホテル宿泊券だったり、レジャー施設のパスだったりすると喜ばれます。下位アイテムは安いものを複数用意するのですが、女性が多いのなら遊び心のあるフェイスパックやちょっとリッチなスイーツが人気です。男性ゲストが多い場合はインスタント食品やおつまみにもなるスナック菓子が好評です。

絶対ダメ!NGな景品とは?

いくら素敵な式でも、二次会の雰囲気が悪いと結果的に良いとは思ってもらえません。主催者側が良かれと思って選んだ景品もチョイスによっては引かれてしまったり、盛り下がってしまう原因になったりします。

一升瓶や大型家電は持ち運びが難しく割れてしまったり、壊れてしまったりするので高額でもNGです。主催者側の好みでキャラクターグッズも好みがありますし、男性が当たるとなんともいえない空気になります。下ネタ系は、内輪ネタでやってしまいがちですが多くのゲストが集まる二次会では厳禁ですし、女性ゲストに当たると一気に盛り下がる原因になります。

まとめ

二次会をより楽しんでもらう為にゲームや景品を用意するのは、簡単ではありません。平均予算は1000~1500円で、出来る限りゲストに負担を掛けない様に配慮して下さい。

高級アイテムをいくつか混ぜるのはOKですが、下位は安いアイテムで問題ありません。とはいっても女性・男性、ファミリー・年配とどのゲストにも喜んでもらえる様に配慮して、あまりにも安っぽい景品や下ネタ、キャラクターグッズ、重量のあるアイテムは避けるのが無難です。