二次会代行お役立ちコラム

知っておきたい、二次会でのご祝儀の渡し方

もう何回も結婚式や二次会に参加した人であればある程度のマナーは知っているかと思います。ですがそんな人でも認識に間違いがある場合はありますし、あまり参加経験の無い人はマナーを知らずに困ってしまうことが多くあります。

今回は二次会とご祝儀のマナーについてまとめています。そもそも必要なものなのか、渡す際にはどのようにしたら良いのかということについて見ていきます。せっかく新郎新婦をお祝いするおめでたい席ですので、心配ごとなく安心して参加できるように、そしてマナー違反にならないようにチェックしておきましょう。

 

基本的にはご祝儀は必要ない

そもそも二次会に参加する際にご祝儀は必要なのか、という疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?実際のところ二次会では参加する際に支払う会費がお祝い金という扱いになり、基本的にご祝儀は必要ではないです。ゲストの負担を少なくするためという意向で会費制になっている場合も多いので、そういった心遣いを無碍にしないためにも渡さないというのが一般的です。

もし渡したとしても新郎新婦はお返しをしなければならなくなってしまいますので、逆に手間をかけてしまうことにもなりかねません。お祝いの気持ちを伝えたいからという理由でご祝儀を渡したいというのであれば、それは会に参加することやお祝いの気持ちを言葉で伝えることでも十分に伝わります。

 

どうしても渡したい場合には

基本的には二次会でご祝儀を渡す必要はありませんが、それでもどうしても渡したいという方も中にはいらっしゃるでしょう。お祝いをお金という形でどうしても渡したいという場合や、先に自分が結婚をしてその時にいただいているので渡したいという方も多いです。そういった場合には決して渡してはいけないというわけではありません。

しかし渡す際には通常の結婚式で渡すご祝儀の相場金額と同等で包んでしまうと、会費も支払っているので新郎新婦が恐縮してしまいます。内祝いのことで手間をかけさせてしまうことにもなりますので、負担にならないような金額を包んで渡すほうがベターです。またお金ではなくプレゼントや、ギフトカードなどにすることでよりカジュアルな印象になりますので。そういった方法は新郎新婦側の気持ちも配慮するとおすすめです。

 

渡す際の注意点

もし二次会でのご祝儀の渡し方にはいくつか気をつけなければならないポイントというものがあります。まず結婚式であれば受付で記帳する際に渡すことになりますが、二次会の場合にはそもそもご祝儀を渡されるということを想定していません。受付で同じようにお金を渡すことにはなりますがそれはあくまで会費であり、そこで急にご祝儀を渡してしまうと混乱を招いてしまうことになります。

混雑した時に渡してしまって迷惑をかけてしまっては大変ですので、やむを得ない事情がある場合以外は受け付けで渡すのは避けるべきです。ではどのように渡すのが良いのかというと、まずは会の当日以外に会う機会を設けて直接渡す方法です。一番こちら側の気持ちが伝わりますし、他の方に迷惑をかけることもありませんのでおすすめです。そしてもし直接会う機会が作れないのであれば郵送で送るというのも良い方法です。その際にはメッセージカードなどを同封し、手元に届く日が大安になるように送るようにしましょう。

 

まとめ

二次会では結婚式とは違い会費制となっていますので、基本的にはご祝儀を用意する必要はありません。ですがどうしても渡したいという場合には渡してはいけないということはもちろんありません。

ただし渡し方には注意しなければいけない点があります。お祝いの気持ちを伝えるためにせっかく用意したとしても、それが逆に負担になってしまい、迷惑をかけてしまうことになっては基も子もありません。今回ご紹介した内容をしっかりと頭に入れておくようにしましょう。