二次会代行お役立ちコラム

二次会代行の選び方!安いだけじゃダメ?その選び方を公開

結婚式だけでは無く二次会も様々なスタイルが確立し、気兼ねなく依頼出来る幹事代行が注目を浴びています。これによって昔の様に進行役や幹事選びに苦労する事はなくなりました。しかしこのサービスは具体的にどんな事をしてくれるのでしょうか?料金相場やサービスについて、どんな業者を選ぶべきなのかを知れば失敗のリスクを最小限に出来ます。結婚式と言う最良の日だからこそ、二次会まで気を抜かず素晴らしい一日にして下さい。

二次会代行とは

幹事や司会ってとても大変ですしお祝いをしたいのは山々だけど、あまり引き受けたくない。友人・知人の多くはこんな意見を持っています。現に幹事を頼まれた場合進んでやりたいと思う方は10%程度で、頼まれても断るのが70%以上です。

そんな負担をかけない為に二次会代行があるのですが、個人情報の収集から景品の買出しまで全て受付してくれる便利なサービスです。こちらの意見を取り入れつつも、独自のノウハウを使って進行していくので安心してお任せ出来ます。中には安い料金で受付しているところもあるので、友人や知人に負担をかけるよりも気軽に依頼出来ます。

平均価格

依頼する時に気になるのが価格です。通常の二次会ならゲスト数に飲食物、場所代だけで済みますが、代行を使う場合はこれにサービス料が加算されます。サービス料はゲスト1人あたり2、3000円程度なのでそこまで高額ではありません。激安と謳っている業者であれば1000円程度の安い金額で受付しているケースもあります。

ゲストが40名で会費を7500円に設定した場合、合計で37万円程度が平均でこの内訳には景品や、写真撮影・招待状作成まで入っているので実質はもっとお得に感じられます。全て自分達でやっても33~35万円は発生するので、手間と時間をかけたくないなら代行に分があります。

含まれるサービス・プラン

幹事と言っても、これまでにやった事が無い方にとってはどんな事をするのはイマイチはっきりしません。代行で受付してくれるサービスは予算と希望を聞き会場を探してくれたり、余興や演出まで考えてくれたりします。当日のスケジュールはもちろんの事、招待状やウェルカムボード、ゲームや景品の用意までしてくれます。二次会の会場探しについても予算範囲内で探してくれますし、雰囲気の良い場所をいくつかリストアップして提供してくれるので安心です。

当日、司会進行はもちろんですがトラブルが起きた際にも素早く対応してくれるので心強いです。

見極めるポイント

安い業者はコスト的な負担はなくなりますが、サービス面ではどうなっているか不安が残ります。ましてや二次会代行は頻繁に使うサービスでは無いので、口コミやサイトの情報を確認するくらいしか方法はありません。

いくつかの見極めポイントがありますがまず料金が分かりにくかったり、詳しく掲載したりしていない所は注意して下さい。オプションやサービス料が加算される可能性があります。契約を急がせたり、粘り強く中々帰してくれなかったりするところも良い業者とは言えません。反対にデメリットを説明してくれる、料金を明確にしてくれるところは信頼出来る業者です。

まとめ

友人や知人に負担をかけずに二次会を開催出来る代行サービスは、安いといっても平均30~40万円程度はかかります。
但しこの料金の中には余興やゲームの景品・写真撮影・ウェルカムボードに招待状も含まれていますし、新郎新婦が当日何かをする事も無いのでコスパはとても良いです。

安い、高い業者と様々ですが料金だけにこだわるのでは無くサービスの質、または担当者との打ち合わせで信頼出来るのかで見極めると失敗のリスクが低くなります。