二次会代行お役立ちコラム

関係を壊さないための二次会欠席の断り方ガイド

友人や知人、職場の同僚などが結婚した際に二次会に招待されることというのは多くあります。もちろんせっかくのご招待ですので参加してお祝いが出来れば一番良いのですが、家庭の事情や体調、仕事の都合などやむを得ない事情で参加することが出来ないということもあります。

その時、あなたならどのようにして断りますか?断り方によっては新郎新婦との関係性を悪くしてしまう危険性もあります。良好な関係を保ちながらご招待を断るにはどうしたら良いのでしょうか?おすすめの断り方について見ていきます。

 

そもそも欠席することは可能なのか?

まず二次会を欠席することは出来るのかということについてですが、もちろん参加する側の事情もありますので欠席することは可能です。ですがもし参加できないのであれば、招待を受けた時点でなるべく早く連絡をするようにしましょう。

そして一番問題なのが一度出席の連絡をしたにも関わらず急な仕事や、家庭の事情などで出席することが出来なくなってしまった場合です。こういった場合には参加者としてすでにカウントされてしまっているので、断る際に会費も一緒に渡すようにしましょう。もちろん新郎新婦をがっかりさせてしまうことになりますので、メールなどで簡単に済ませるのではなく直接伝えてその際にお祝いの気持ちもきちんと伝えるようにしましょう。

 

おすすめの断り方

ではどのように断れば関係性を壊さずに伝えることが出来るのでしょうか?まず一番重要なのはお祝いの気持ち、参加したいという気持ちはきちんと持っているということを伝えることです。そのために大切なのは直接会って伝えるということです。招待自体がメールや電話で来ることがほとんどではありますが、参加出来ないのであれば直接伝えるべきです。メールで簡単に返信してしまうと、とても軽視されているような気がしてしまいます。

出来るだけ時間を作ってお祝いの気持ちを伝えながら、どうしても参加出来ないという申し訳ないという思いをきちんと伝えるようにしましょう。もし遠方に住んでいたり、仕事で中々新郎新婦との予定が会わずに時間が取れなかったりする場合にはせめて電話をするようにしましょう。そして理由を伝える際には変に取り繕うのではなく、基本的には本当の理由を伝えます。きちんとした理由であれば理解してくれるでしょうし、嫌な気分はしないと思います。しかしお祝いの席であるということを考慮して法事や葬式など喪に関することが理由の場合には、家庭の事情などに言い換えて伝えるという気遣いは必要です。

 

お祝いの気持ちはきちんと伝えよう

もし二次会を欠席する場合には、断りの連絡を入れたらそれで終わりで良いのでしょうか?結婚式を欠席する際にはご祝儀を送ったり、贈り物をしたりする方が多いようですが、二次会ではどうなのでしょうか?基本的には欠席をしても何かを送らなければいけないということはありません。送らなかったからといって失礼にあたるということもありませんし、結婚式とは違って祝電披露といった場もありませんので祝電を送るべきということもありません。

ですがやはりそれは自分の気持ちや新郎新婦との関係性によって変わってきます。もしどうしてもお祝いをしたいという場合や、自分の時にきちんとしてもらったからお祝いを渡したいという場合には、会った際に渡して気持ちを伝えるのも良いです。ですが、あまりに高額なものや金額を渡してしまうと逆に負担になってしまうので負担にならない程度のものにするようにすることをおすすめします。

 

まとめ

二次会はどうしようもない理由がある場合には招待を断ることが出来ます。ですが、いくら二次会は結婚式や披露宴と比較するとカジュアルなものであるとはいっても新郎新婦にとっては人生で一度きりの大切なお祝いの席です。その会はの招待を断るのですから、丁寧な対応を心がけるべきです。

メールなどで簡単に済ませてしまうのではなく、きちんと直接会ってお祝いの気持ちを、参加出来ない残念に思う気持ちを伝えるようにしましょう。その後の関係性を大切に思うのであれば、相手の立場に立って失礼の無いように断るようにしましょう。