二次会代行お役立ちコラム

二次会の服装のカギは30代の余裕!一つ上の男性になろう

30代になるとある程度の立ち振る舞いや結婚式のルールは分かってきますが、服装に関しては20代と違い自分らしさが問われる様になります。また結婚式も必ずしも式場では無くホテルやレストランなど場所が違ったり、二次会の会場はある程度ラフになっていたりバラエティに富んだイベントに呼ばれる事も多くなる年代です。TPOにあわせた服装はマナーやルールに従うだけでは無く、自分の魅力を引き出してくれるのでうまく利用しない手はありません。

基本マナーを抑えよう

品格のある結婚式ではスーツがベストですが、友人や知人同士で新郎新婦をお祝いする二次会は、ややカジュアルな場なので服装選びに迷ってしまうケースもあります。

男性は女性よりもファッションのレパートリーが少なく見られる以外に、30代になると20代の様に尖ったファッションは似合いません。新郎新婦よりも目立つ奇抜なオシャレや、白やシルバーを強調する服装もマナー違反です。カジュアルな場所だからといって、普段着の様な格好もふさわしくないので注意して下さい。ややフォーマルな場でも浮かない、清潔感のあるコーディネイトがおすすめです。

ホテルやレストランではフォーマルに

二次会をホテルやレストランで開催する方も多く、この場合はフォーマル、スマートカジュアルな服装を心掛けるとベストです。ネイビーやグレーなどの落ち着いた色合いのスーツにストライプや白シャツを合わせると清潔感があります。但しあまりにもシンプル過ぎるのでネクタイに遊び心を持たせると一気に華やかになります。

目立たない部分にオシャレをするのも30代の嗜みなので、ポケットから少しだけチーフを出したりするのも良いです。ホテルやレストランのグレードによっても違いますが、これらの服装は年配の方にも喜ばれるので基本コーディネイトしても問題ありません。

バーや居酒屋ならラフでもOK

よりカジュアル、ラフな印象のあるバーや居酒屋で二次会を開催する場合は服装も合わせてカジュアルにすると良いです。スーツでもマナー違反ではありませんが、人によっては堅苦しいと思われる事もあります。

そこで活躍するのがジャケットです。シャツの上に羽織るのも良いですが、キレイ目のカットソーに羽織るだけでカッチリした印象になったり、カジュアル過ぎない大人の男性のイメージを与えたりしてくれます。これらの場所は夜のパーティがほとんどなので、昼よりは少しだけカラフルな色のコーディネイトでも問題ありませんので色で遊んでみるのも良いです。

コーデのポイントでキメる

男性の服装は女性よりもシンプルになるケースが多く、色も奇抜なものは多くありません。それでも個性を出したいと思ったら、小物などのポイントを決めてオシャレを楽しむのも30代ならではの遊び方です。

別の項目で説明した様にスーツであればポケットから出るチーフをピンクやグリーンなど原色に近い色を使ったり、バーや居酒屋などのカジュアルな会場であれば革靴から見える靴下にポイントを持って来たりするとオシャレです。この年齢はフレッシュさがなくなりますが、その代わり余裕や落ち着きが出てくるので自分の武器として活用するとベストです。

まとめ

30代の男性へおすすめの二次会コーディネイトをいくつか紹介しています。30代になると式場だけでは無く、様々な場所で式を挙げたり二次会の場所もスタンダードなものだけではなくなったりしますので、TPOを守りながらファッションを楽しんで下さい。

定番はグレーやネイビーのスーツに白、またはストライプのシャツで清潔感がありおすすめの服装です。奇抜だったり個性的過ぎたりするファッションはNGですが、小物を使ってアクセントを出すのはOKです。