二次会代行お役立ちコラム

結婚式二次会の服装マナー!20代女性にしって欲しいポイント

新郎新婦を祝福するムードは変わらないけれど、場所がややカジュアルになるので式よりもリラックスして楽しめる二次会は、結婚式と同じくらい素敵なイベントです。しかしそんなイベントにも服装マナーがある事は知っていますか?20代だとまだそのルールやマナーを知らない方も多く、特に女性は装飾品も多いので厳しく見られてしまうケースもあります。おすすめのヘアアレンジやNGマナーも含めて知れば、常識知らずと思われる事もありません。

 

どんなワンピースでも良い訳ではありません!

二次会といえばカジュアルな印象だし、サラッと着られるワンピースが人気です。しかしワンピースであれば何でも良いと言う訳では無く、肩を出した服装だったり太ももまでスリットが入ったりしているドレスはマナー違反です。

夜のパーティであればある程度の露出は大目に見てくれますが、それでも控えめな露出が良いです。結婚式と同じく全身白・黒はNGで、ボレロやストールなどの羽織物で色を使い単色コーディネイトになるのを防ぎましょう。20代女性に人気の色はピンクやライトブルーなどの爽やかな色で、丈はミニワンピが主流で可愛らしい雰囲気をまとっています。

 

アクセサリーにもマナーがある?

ワンピースだけではシンプルになり過ぎる場合に活躍するアクセサリーにも、いくつかルールやマナーがあります。
生花をモチーフにしたアクセサリーは花嫁と被る可能性があるので好ましくありません。意外ですが揺れるピアスやネックレス、ブレスレッドは「家庭が揺れる」といって縁起が悪くNGとされています。

もしアクセサリーに迷ったら白のパールがおすすめです。パールは冠婚葬祭に使えるアクセサリーですし劣化しにくく上品に魅せてくれます。ネックレスが基本ですがコサージュや髪飾り、ピアスに取り入れるとよりエレガントな印象になります。

 

バッグや靴にも気をつけて

ドレスやワンピースに気遣う方は多いですが、忘れてはいけないのがバッグです。女性は男性に比べると荷物が多く、全体的なコーディネイトにもなるのでバッグを持たないのはありえません。

小さめのバッグがキレイにまとまりやすいですが招待状や化粧ポーチなどを入れるので、収納にこだわるのも良いです。素材は光沢だったりシンプルな装飾品がついていたりするバッグだと印象が良く、ワンピースとも合わせやすいです。

動物の革を使ったバッグや装飾品にファーがついているバッグや靴は殺生をイメージさせるので現金です。カジュアル過ぎるオープントゥやキャラクターモチーフのものも避けるのが無難です。

 

へアアレンジの鉄則

コーディネートが完成したら、仕上げはヘアアレンジで締めくくります。結婚式や二次会は特別な場所なので、ヘアアレンジをする方がふさわしく見えますしコーディネイトが引き立ちます。ダウンスタイルも良いですが食事の時に気遣ってしまうので、出来ればアップスタイルが良いです。

20代の場合はフレッシュなイメージを出すと可愛らしくまとまるので編み込みやフィッシュボーンなども良いです。ショートヘアの場合も、サイドをねじったりカチューシャをつけたりすればお祝い感が出ます。全くアレンジをしていないヘアや白を基調にしたアクセサリーはマナー違反なので注意して下さい。

 

 

まとめ

20代になると結婚式の招待も増えてくるので、服装やヘアアレンジのマナーを知っておけば恥をかく事はありません。

二次会は場所によってもルールが違いますが、ややフォーマルなワンピースは汎用性があり、女性にぴったりです。カラーは明るめで爽やかなタイプが人気で、20代はミニ丈だとより可愛らしく見えます。アクセサリーやバッグ・ヘアアレンジにもマナーがあり花嫁が被ってしまう、または殺生などの悪いイメージを与えないのが鉄則です。