二次会代行お役立ちコラム

レストランでの二次会への参加のときの服装は?

結婚式の二次会から招待されたとき、服装に悩むと思いますが、レストランでの二次会にふさわしい服装とはどんなものでしょうか。開催される季節、時間帯、招待客のメンバーなどさまざまな角度から見た二次会ファッションを検証します。また結婚式から参加している人は、レストランの雰囲気に合わせて着替えたほうがよいのでしょうか。披露宴後、着替えるための時間があるのかどうかなども含め、会場の雰囲気に合わせたコーディネートをご紹介します。

レストランはカジュアルとフォーマルの中間

いまや結婚式にはさまざまな形態があります。式は招待客なしで行い、披露宴は身内だけ、二次会に職場の人や友人を招待する場合もあれば、式も披露宴も友人知人を招待し、二次会は式に呼びきれなかった人も呼ぶという場合もあります。

二次会に招待されたとき、まず式や披露宴は同じ日に行われるのか、可能であれば確認するのがよいでしょう。なぜなら、披露宴から参加する人が多いのであれば、ゲストは、女性は華やかなドレスの人が、男性はスーツ姿の人が多いでしょうから、その中でカジュアルな服装をしてしまうと周りから浮いてしまうためです。

逆に二次会からの参加者が多い場合は、レストランの格にもよりますが、あまりフォーマルでバシッと決めても場所の雰囲気にそぐわず、フォーマルな格好をしている人が少ない中で浮いてしまうこともあります。

お祝いの席なので、あまりカジュアルすぎてもよくはありません。フォーマルな服装から、少しだけカジュアルダウンすることを意識すれば服装選びも悩まずにすみます。

例えば、ワンピースドレスにアクセサリーをカジュアルな雰囲気のものに合わせるというのはいかがでしょうか。披露宴では、パールや華奢なシルバーアクセサリーがよいとされていますが、ドレスにパールでは、フォーマルな雰囲気になりますので、アクセサリーに遊びを入れるとフォーマルすぎずにおしゃれな感じになります。

髪型もすべてをアップにするのではなく、ハーフアップにして、カチューシャや小ぶりの髪飾りをするなどすれば、カチッときまりすぎておらず、またカジュアルすぎるということもありません。

男性は、ネクタイをループタイや蝶ネクタイにするだけで、フォーマルから遊び心のあるカジュアルダウンした装いになります。また、ジャケットは着用したほうがよいですが、二次会からの参加の場合は、上下が同じ色のスーツにするよりも、敢えてジャケットとパンツの色を変えるセットアップスタイルにするとよりおしゃれになります。

ドレスかよそいきワンピースか

レストランで行われる結婚式やパーティーの場合や二次会からの参加の場合、悩むのがドレスにするか、よそいきワンピースにするかです。最近のよそいきワンピースは、パーティーからの参加の場合だけでなく、披露宴に出席しても遜色ないドレッシーなワンピースがたくさんあります。

女性のドレスの場合、一枚一枚が高価です。一枚購入しておくと何度も着ることができますが、参加者がかぶっているような結婚式に招待されたときは、いつも同じドレスを着るのは躊躇われます。なので、比較的安価なドレスワンピースがあると、毎回同じドレスでの参加を防ぐことができます。

ワンピースの場合、ノースリーブのタイプのものよりも、袖があるタイプのものが多いのが特徴的です。袖があると別に一枚羽織る必要がありませんので、便利です。移動時には、ワンピースにジャケットを組み合わせてもおしゃれです。電車の中や移動中にいかにもパーティーファッションだと周囲に思われたくない人は、ドレスよりもワンピースをおすすめします。

しかし、いくらきれいめワンピだからといってもあまり柄が派手すぎるものは避けたほうが賢明です。披露宴と違って、バイカラーの服装をするのにあまり抵抗はありませんが、色がごちゃごちゃしているもの、柄が大きくプリントされているようなものは、ふさわしくありません。

お祝いの席では、基本的には好きなものを着ることがベストですが、自分の着たい物を着るというよりは、マナーや風習に則って、周囲にもあわせた服装をするべきです。

一流ホテルや高級レストランで行われる二次会の場合は、フォーマルな服装のほうがよいでしょう。ワンピースよりもドレスのほうがふさわしいです。もう少しカジュアルなレストランでしたら、ドレスよりもワンピースのほうが場の雰囲気に合っています。このように、開催されるレストランの種類によっても、服装を変えたほうがよいでしょう。

場にそぐわない服装をしていると、空気の読めない人だと思われかねないですから。

こんな服装はNGファッション

レストランでの二次会においても、花嫁さんよりも目立つ格好はよくありません。また、パーティーでも花嫁さんが白いドレスを着ることはよくあるので、白いドレスやワンピースでの参加は控えたほうがよいです。

アニマル柄や動物の毛皮もふさわしくありません。本物の毛皮でなくてもやめておいたほうがよいです。毛皮は、殺生をイメージしてしまいますので、おめでたい場にはタブーです。

また黒い色を好む人は少なくないと思いますが、全身真っ黒だと雰囲気も重々しくなりますし、弔事を連想させてしまいますので、黒色のドレスをどうしても着たいときは、羽織を白や別の華やかな色にするなどして、明るい華やかなお祝いムードを演出しましょう。男性の場合も、黒のネクタイはよくありません。慶事には、白いネクタイがふさわしいです。

ワンピースの場合、素材にも気をつけたほうがよいです。たいていのドレスは、サテンやシルク、ポリエステル素材でできています。ワンピースも同様の素材で出来ているものはよいですが、綿や麻のワンピースなどは、避けたほうがよいでしょう。綿の素材は着心地がよいのですが、どうしても日常着る普段着の枠を出ずハレの日感はありません。

男性のジャケットの素材も同様です。夏などは、麻のジャケットは風通しがよく、好んで着る方も少なくないと思いますが、麻のジャケットは普段着っぽさが出てしまいます。麻のジャケットでの出席は控えたほうがよさそうです。

それから女性のドレスのデザインですが、夜に行われるパーティーでは、多少の露出があっても大丈夫です。しかし、ベアトップで体のラインが強調されるデザイン、スカートの丈が短い、下着が見えそうなほど襟ぐりが開いているというようなドレスは、下品にみられがちです。お祝いの場にはふさわしくない格好です。

このように、色、柄、素材、デザインによって、その場にふさわしくないファッションがあるということは、知っておいて損はないと思います。

まとめ

二次会からパーティーに参加する場合は、通常よりもファッションの選択の幅が広がります。せっかくの華やかな場なのですから、必要最低限守るべきマナーを守って、最大限おしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

特にレストランでのパーティーは、ドレスコードも厳しくありません。ご自分の好きな格好で好きなだけお祝いをするのが一番のマナーだと言えるでしょう。