二次会代行お役立ちコラム

二次会はカジュアルに決めたい!おすすめの服装レディース編

結婚式には、既成のドレスなどの服装で参加する予定だけど、その二次会はちょっと違ったファッションを取り入れてみたい、また新婦ではないけれど、祝宴が変わればちょっとお色直しをしたい、そうお考えの女性におすすめのレディースフォーマルファッションをご紹介します。フォーマルな服装が求められる式典でも、二次会ならちょっとカジュアルも許されるものです。とくに祝宴でのレディースファッションは、会場の華やかさを演出するのに、大変大きな効果をもたらすものでもあります。カジュアルでも品よく仕上げるコツも併せてご紹介します。

カジュアルでも結婚式や二次会出席可能?

結婚式でレディースファッションは人目を引くものです。女性が美しく着飾れば、その分その式典は華やかな印象を得やすいもの。男女を殊更に差別するということではありませんが、現実的に女性が宝石やドレスで美しく着飾ると、その煌めきによってその場の雰囲気は格段に華やかになるものです。結婚式や二次会で、女性が華やかなファッションで出席することは、それだけで祝宴を盛り上げる効果もあるということなのです。

そもそも結婚式などのフォーマットな場面で、男性、女性とも服装の決まりがあるのは、マナーを順守するということでもあります。式典は、多くの人が集まります。年若から年配者まで多くの人が集まり、主役を盛り上げるために列席します。こうした多くの年代の方々が出席する場は、オフィシャルな場面として、礼節を重んじ、清潔感を感じさせる服装で出席するというのがマナーなのです。襟付きシャツ、ネクタイ、スーツやジャケット、また重厚感のある素材で仕立てられたドレスなどは、こうしたマナーに配慮したファッションということでもあります。

ではマナーに関して、どこまでを守るのが良いのか、襟さえついていればどんな素材でもいいのか、どんなアイテムでも良いのかとなりますと、そこはその場面場面によって違いが生じるものということです。例えば結婚式などは、より多くの年代の方が集まります。主役は新郎新婦であり、その新郎新婦はもとより、両家の親族も含めてお祝いする場が結婚式です。その場に出席する際には、新郎新婦だけでなく両家をもお祝いする気持ちを表した服装で出席するべきなのです。

そう考えると結婚式はよりフォーマルな服装が求められる場であるともいえます。男性は、タキシードやスーツで出席するべきでしょうし、女性もレディースフォーマルのスーツやドレスを選ぶべきということになります。近年はファッションの世界にも多様化が進み、またアイテムにもさまざまな素材のものが登場している現状にあります。ドレスでもジャージ素材のものがあったり、ネクタイもカジュアルな素材で編まれたアイテムも登場しています。

こうしたアイテムをカジュアルな素材だからと使わないのも勿体ないほど、多くの種類のアイテムがファッション界には存在しています。一昔前なら、カジュアルの代名詞のようなアイテムだったカーディガンも、素材やスタイルを選ぶことで、結婚式でも使えるアイテムと考えられている時代です。

そして二次会は、結婚式よりももう少しカジュアルでも許されるシーンです。もちろん、結婚式の列席者の大多数が出席します。ですから、ご説明したように結婚式のマナーを守りつつトいう考え方は大切です。結婚式のマナーを受け入れつつ、もっとカジュアルにさせて良いのが二次会でもあるということです。

堅苦しくないレディースの服装とは?

結婚式の二次会は、むしろ結婚式の堅苦しさを取り去った、カジュアルダウンしたファッションにしてみるというのが良いでしょう。堅苦しくないというのは、キチンとしすぎていないとも表現できます。例えば、結婚式で着物を着用したのなら、二次会はカクテルドレスなどで出席するのです。和装は、オフィシャルな場面に最適なフォーマルな服装です。しかし、二次会に出席するには着物姿だと、少し堅苦しすぎます。このように、二次会自体をラフに楽しめる服装を選ぶのです。ここでいうラフとは、和装よりも堅苦しすぎないという意味ですから、カジュアル過ぎないような配慮は大切です。

堅苦しくないレディースファッションとしては、ドレスのほか、ジャケットとスカートやパンツを合わせるセットアップなどもおすすめです。ジャケットの代わりとしてカーディガンやボレロ、ケープを活用しても良いでしょう。結婚式よりも動く機会が多い場面ですから、シワになりづらく、伸縮性のある素材のものが使い勝手がよいです。特に素材に関して言えば、光沢感のある素材はライトの光を効果的に使うことが出来、魅力的な女性を演出するにも良いでしょう。マナーを守りつつ、レディースファッションを効果的に場の雰囲気を華やかに見せつつ、会場で楽に過ごせる服装を選ぶのです。

とくにカーディガンは、ジャケットよりも楽に着ることが出来ますし、デザインによってはオシャレで動きやすいものも多いものですから、フォーマルな場面でも使い勝手の良いアイテムでもあるのです。

生地やアイテム選びも重要なポイントに

ここで一つカーディガンを選ぶ場合のポイントをご紹介しておきましょう。結婚式や二次会の出席には、服装を選ぶ際にマナーが必要になるということはご紹介しておりますとおりです。ですから、カーディガンを選ぶのなら、このマナーを十分に配慮した形での選択は必須とも言えるのです。

例えば、カジュアルな場面でも使うカーディガンを結婚式や二次会でも使うとするのは、ちょっと考えものです。それがフォーマルな場面でも差し支えない素材やスタイルなのなら良いのですが、ジーンズでもTシャツにでも合わせているというカジュアルアイテムなら、使えないと考えてください。いくら多様化が進んでいる結婚式や二次会と言っても、そこまでカジュアルダウンはしていません。

それに結婚式は、新郎新婦や両家をお祝いする場面です。平服でお越しくださいと招待状に書かれていたとしても、それは一つの礼儀であって、お祝いの気持ちを表すフォーマルファッションを選ぶべきなのです。つまり、アイテムにカーディガンを取り入れるのなら、そのアイテムもフォーマルをわきまえたアイテムと認識できる素材やスタイルのものを選ぶ必要があるということです。

具体的には、毛糸や木綿、ジーンズ、ジャージなどのカジュアルな素材のものは極力避けるべきです。それがフォーマルなスタイルで、式典などに用いても違和感が感じられないアイテムなら良いでしょう。そうでないもの、普段使いしやすいものなのなら遠慮するべきと考えましょう。またスタイルも、華やかな場面にふさわしいスタイルのものを選ぶべきです。一般的な防寒用アイテムのようなスタイルのカーディガンは結婚式やその二次会にふさわしいアイテムとは言えません。ビジューや飾りボタン、刺しゅうなど装飾されたアイテムを選ぶのがオススメです。

まとめ

結婚式やその二次会にふさわしいファッションとは、新郎新婦をお祝いする気持ちを感じられるファッションということです。例えカーディガンなどのカジュアルなアイテムを取り入れた服装でも、装飾やスタイルが品よく仕上がっているのなら、問題ありません。しかし、そうではなく単に防寒アイテムとして、もしくは楽だからという理由では、式典参加にふさわしいアイテム選びとはならないのです。マナーを守ってファッションを選ぶこと、それだけで品よく素敵に見せることが出来るでしょう。