二次会代行お役立ちコラム

これってNG?二次会の服装で禁止されているスタイルや小物

最近ではあまり派手な挙式や披露宴は行わず、親族だけで済ませてしまう方も多いです。そして、気心知れた友人は二次会で集まり、楽しむという場合もあります。二次会だけに招待された場合に悩むのが服装です。あまり堅苦しくなりすぎるのも、カジュアルすぎるのもよくない気がします。そこで、禁止されている服装スタイルや小物はどんなものなのかまとめました。どんな格好で行くか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

二次会の服装の基本

二次会は挙式や披露宴よりもカジュアルな服装でもよいものだと言われています。でも、結婚のパーティーですからどこまでカジュアルでよいのかが悩みどころです。一般的には、二次会の招待状に「平服」と書かれていることが多いです。挙式、披露宴よりは自由な礼服となります。ホテルや高級レストランでデートをするときに着るような服をイメージするとわかりやすいでしょう。

男性は、やはりスーツが好ましいです。シャツ、ネクタイ、ジャケットでしっかりした印象を与えましょう。しかし、できるだけ黒一色ではないもの、リクルートスーツのようなものではないのが望ましいです。

女性は、ワンピースやドレス、ボレロやショールなどの羽織るもの、ヒールのあるパンプスです。

二次会の会場によって、フォーマルさの度合いを考えるのもポイントです。高級ホテルの場合、挙式、披露宴に参加する際と同等のフォーマルさがよいです。レストラン、カフェの場合、セミフォーマルになります。ドレスを柄物にしたり、アクセサリーで個性を出したりしてもよいです。居酒屋やカラオケなどで親しい友人だけで行う場合は最もカジュアルです。しかし、結婚のお祝いという特別な場なので、完全に私服で参加するのではなく、スーツに近い服装にしましょう。

昼間はNGの服装

昼間に挙式や披露宴が行われ、夜に二次会を行うパターンが多いです。しかし、中には昼間に二次会が開かれることもあります。
そんな昼間のパーティーでNGの服装があります。

まず、女性の服装です。夜はブラックドレスでもOKですが、昼間は明るい色が好ましいです。またノースリーブやひざ上スカートなどの肌の露出が多いものは避けましょう。

次にアクセサリーです。きらびやかな光るアクセサリーは、夜はOKですが昼間はNGです。上品なパールのネックレスやピアス、結婚指輪程度に留めましょう。

注意すべき小物

居酒屋やカラオケなどのカジュアルな場であっても、結婚のお祝いとしてふさわしくない小物があります。

足元は、スニーカーやサンダルはNGです。服装では、短パン、ファー生地、女性の白いドレスもNGです。

新郎新婦の意向によっては、「ジーパン、スニーカーでもOK!」といったお知らせがあり、わいわい楽しむパーティーもあります。しかし、招待状にそのような特別な記載がない限り、ここに挙げた小物は避けるのが無難です。

まとめ

挙式と披露宴から続けて参加する場合は、そのままの服装で参加しても大丈夫です。少し雰囲気を変えるために、小物やヘアスタイルなどを変えてみるのもよいですね。そんなときは、禁止されているスタイルにはならないように注意しましょう。

二次会のみ参加の場合は、会場の場所によってどの程度のフォーマルさが求められているのか判断の基準にしましょう。よい印象を与えることで、新しい出会いも期待できる場です。ルールを守っておしゃれを楽しみましょう。