二次会代行お役立ちコラム

結婚式の二次会の服装!ワンピースはあり?

伝統的な花嫁衣裳もよいですが、結婚式や二次会をより自分らしいスタイルでやりたいという人は少なくありません。豪華なウェディングドレスを着ないで、着たい服装、やりたい恰好でパーティーを行う人もいます。花嫁さんがドレスを着ないとなると招待されているゲストも、ドレスではない恰好をすべきです。個性的かつお祝いにふさわしい服装です。そんな個性的なおしゃれ結婚式、二次会を行う人に注目して集めてみました。

花嫁さんもワンピース

レストランウェディングやカジュアルレストランでの二次会では、豪華なドレスは浮いてしまいます。オープンテラスのような場所だと、ドレスが汚れてしまうのが気になって自由に動き回れません。

そのような時は、ドレスではなく、ワンピースにしてみるのはいかがでしょうか。実際に、ドレスを着ない花嫁さんも増えています。どのようなパターンがあるのでしょうか。

例えば、カジュアルレストランでの二次会、花嫁さんは白のロングワンピースです。スカートの裾にレースをあしらっていて、このレースは取り外し可能なワンピースです。レースを外せば、このまま普段の外出着として着られます。ワンピースでもデザイン次第では立派なおもてなし服になります。髪型やアクセサリーを普段のものと変えて、ゴージャスな装いにすれば場にふさわしい恰好です。ワンピースの価格もドレスの3分の1くらいで購入できます。

ガーデンウェディングの場合は特にそうです。動きやすい方がよいです。デニムが好きな人は、新郎新婦でおもいきってデニム姿というのもありかもしれません。その場合は、招待されているゲストは服装に悩みます。ドレスコードを指定してあげるとゲストも服装に悩まなくてすみます。自分の好きな恰好だとリラックスできますし、心から楽しむことができます。ただし、年配の方を招待する際には、配慮が必要です。

ワンピースはいきすぎだと思うけど、ドレスでもシンプルなものや、動きやすいもの、ありきたりではないものを着たいという人は、フィッシュテールドレスがおすすめです。フィッシュテールドレスとは、バックスタイルはロングのドレスですが、フロントスタイルは膝丈のスカートです。膝から下の足元のラインが見えるのが特徴です。

実はドレスは歩きにくいのです。慣れていないと裾を踏んでしまいます。おまけにヒールの高い靴を履いています。そのため、花嫁さんは、当日スマートに歩けるように事前にドレスを着て歩くブライダルレッスンを受けます。主にヒールでの足の運び方と長いドレスの裾を捌きながら歩く練習です。最近は作法を含めて男性も受ける人がいるようです。

フィッシュテールドレスは、前側の裾が短いので、動きやすいのが特徴です。各テーブルを回るなど動き回りたい人にはぴったりのドレスです。セパレートドレスにするとよりカジュアル感がでます。

TPOにあわせたコーデ

二次会にお呼ばれしたら、悩むのは服装です。お祝いにふさわしい恰好、且つ、会場や場の雰囲気にふさわしい恰好が望ましいです。カジュアルウェディングの場合は、ゲストはどのような恰好がふさわしいのでしょうか。

アウトドアでのパーティーが一番悩むところです。ロング丈のドレスは、動きづらく、華奢なドレスは、天候に左右されやすいアウトドアには向きません。暑かったり、寒かったり、日差しが強かったりするので、脱ぎ着できる上着は必要です。ドレスというよりもワンピースの方がよいようです。

例えばガーデンウェディングで、花嫁さんが白いロングワンピースにデニムのジャケットを羽織っていたとします。ドレスコードがある場合は別ですが、ゲストはドレッシーなフォーマルファッションより、もカジュアルダウンしたドレスかワンピースに上着を合わせた方がよいでしょう。日中でしたら、日差しが強い場合もありますので、肌の露出をひかえた服装の方がよいです。また季節によっては、肌寒いということもあるかもしれませんので、天候にも合わせた服装の方がよいです。

花嫁さんが白を着るので、白色は避けた方がよいです。また、赤や黒などの原色も避け、赤色や黒色が好きな人は、白地に赤や黒の花柄がプリントしてあるスカートやワンピースにすると場の雰囲気にも合います。また結婚式には向かないとされているバイカラーのワンピースやドレスも、カジュアルスタイルの二次会で着る分には大丈夫です。披露宴にはあまり着ないパンツスタイルも同様です。

男性もあまりカジュアルになりすぎないおしゃれを楽しんだ方がよいです。ジャケットは手放せませんが、スーツよりもセットアップスタイルにするなど、フォーマルからのカジュアルダウンがおしゃれです。ネクタイも蝶ネクタイやループタイにするなど遊びを加えると場の雰囲気にも合います。

お祝いの心があれば服装に表れる

最近流行りで、若いうちにしかやれないお呼ばれファッションがあります。それは、シースルーの生地をどこかに入れた服装です。トップスの部分にシースルーが入っているドレスは、鎖骨のラインを美しく見せることができますし、尚且つ、露出は激しくありません。シースルーは、シルエットラインを美しく見せるだけでなく、黒や紺などの暗い色のドレスでも暗くなり過ぎないというよい点があります。

スカートにシースルーの生地を使っているドレスは、例えばスカートが短めのタイトスカートで、シースルーが濃い生地だとしたら、露出が激しく見えませんし、動きやすく、またシースルーの部分は重くならないというよいところがあります。スカートの部分がふんわりして見えるので、優しい雰囲気にもなります。同じ年代の人が多く参加しているとデザインが似ていたり、色が被ったりしがちですが、少し工夫をすることで、自分なりのファッションを楽しむことができます。

袖と裾の部分がシースルーになっているドレスは、大人の女性でも似合います。ネイビーや黒や深緑などの落ち着いた色のドレスを選びがちなので、その中に少しだけ透けて見える部分があれば、重くなり過ぎずおしゃれな感じになります。また上に羽織る上着をシースルーにするという手もあります。シースルーも使う場所を間違えなければ十分お祝いスタイルになります。

そして一番大事なことは、お祝いの心です。祝福する気持ちがあれば、その気持ちが服装となって表面に表れます。お祝いする人のことを一生懸命考えれば、当日着る服装にも気を遣いますし、髪型や靴やバッグなどの小物に至るまで手を抜くことなく考えられると思います。それは男性でも女性でも同じです。

まとめ

結婚式の二次会ファッションは、会場と場の雰囲気、花嫁さんのファッションによって、どのような恰好にすればよいのかを決めると間違いないです。会場にもよりますが、必ずしもフォーマルファッションでないとならないという決まりはありません。

一番大事なことは、祝福する心です。服装の乱れは心の乱れという言葉がありますが、逆も然りです。心があれば服装にも表れます。お祝いの心を忘れなければ、あまりにも常識を外れた個性的なファッションでない限りは、どのような恰好でもふさわしいと言えるのではないでしょうか。