二次会代行お役立ちコラム

二次会の司会を引き受けてくれた友人へのお礼の仕方

結婚式の二次会では進行役となる司会が必要になります。結婚式とは違ってプロの人にお願いするよりも、よりアットホームで楽しい雰囲気にするために友人や同僚などに依頼する人が非常に多いです。色々なことに気を配ったり、事前に準備をしたりする必要がありますのでもし引き受けてくれた場合にはきちんとお礼をする必要があります。

どのようにお礼をすれば、感謝の気持ちを伝えることが出来るのか、やってよかったと思ってもらうことが出来るのか、その方法についてまとめていきます。これから結婚するカップルで二次会の幹事を友人や同僚などに依頼する予定があるのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

お礼は必ずするのがマナー

まず引き受けてくれた人へのお礼が必要かどうかといえば、必ず必要になります。司会というのは当日やるべきことが多く大変というだけではなく、何ヶ月も前から準備をしたり打ち合わせをしたりと非常に多くの時間を費やしてもらうことになります。仕事やプライベートの忙しい毎日の中で自分達のために時間を割いてもらうわけですので、感謝の気持ちは当然伝えなければいけません。

また感謝を伝えるのであれば言葉で伝えれば良いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、負担の大きさなどを考慮してもやはり目に見える形でお礼をするべきです。きちんとお礼がなされなかったことで、関係性が悪くなってしまうということもありますのでその後の良好な関係のためにも礼儀としてきちんとしておくようにしましょう。

 

気持ちが伝わるお礼の仕方とは

ではどのようにお礼をするのが良いのでしょうか?まずシンプルなのは現金で渡す方法です。感謝の気持ちを記したメッセージカードなどを添えて渡すと良いです。近年ではよりスマートな方法としてギフトカードを渡す人が多いです。プレゼントを渡すのであれば二次会の中でサプライズ的に渡すのもおすすめです。

想定外のプレゼントに喜んでくれるでしょうし、他のゲストも一緒に司会者の労を労ってくれるので喜んでもらうことが出来るでしょう。その他の方法としては打ち上げとして食事会を開催する方法です。当日の写真やビデオなどを見ながら楽しむことが出来ますし、終了後ですのでバタバタすることもなくゆったりとした時間の中できちんと感謝の気持ちを伝えることが出来ます。

 

他にも手伝ってくれた人がいればきちんとお礼をしよう

司会を引き受けてくれた人にお礼をするというのは当然ですが、二次会を開催するにあたってはその他にも沢山の人の協力が必要になります。受付や幹事、余興、音響などを友人や職場の同僚などにお願いしてやってもらった場合にはその人達にもきちんとお礼をするようにしましょう。大げさなもののプレゼントや、高い金額のギフトカードなどを渡す必要はありません。

少額であったとしても、きちんときもちを伝えるようにするのがマナーです。協力してくれた人が数人いる場合には、後日皆のスケジュールを合わせて食事会をするということはなかなか難しいかと思います。その場合には当日ちょっとしたものでもお渡しするのがベターです。

 

まとめ

結婚式の二次会は、進行を担当してくれる司会者無しには成立しません。事前の準備などに非常に手間と時間がかかりますし、当日の負担もとても大きいので引き受けてくれた人にはきちんとお礼をするようにしましょう。

お礼の気持ちの伝え方は人それぞれですので、自分達が良いと思う方法で感謝の気持ちを伝えることが出来れば良いです。また二次会開催にあたって他に協力してくれた人が居る場合には、その方達にも同じようにきちんとお礼をするようにしましょう。