二次会代行お役立ちコラム

二次会の司会を頼まれたらチェックしておきたい、成功のためのポイントとは

結婚式の二次会に参加したことがある方であればわかるかもしれませんが、会がどのようなものになるか、盛り上がるかどうか、きちんと進行されていくかということは司会者にかかっていると言っても過言ではありません。

そんな司会ですがプロに依頼するよりも友人や会社の同僚などにお願いしてやってもらうという方が非常に多いです。そのためあなた自身が依頼されるという可能性も大いにあるのです。では実際に依頼された時に上手く二次会を成功に導くためにはどうしたら良いのか、抑えるべきポイントについてご紹介していきます。

 

司会者はホストであるという意識を持とう

まず自分が司会者となる場合には、新郎新婦の親族ではないものの他の参加者とは違ってゲストという立場ではなくホスト側であるという意識を持っておく必要があります。他のゲストと同じ友人や同僚という立場ではありますが、自分はゲストではないのだということを忘れてはいけません。ホスト側になりますので、会の中で全てにおいてゲストが楽しめて心地よく過ごすことが出来るように配慮していく必要があります。

広い視野を持って会場内に気を配るのはもちろん、身だしなみや言葉遣いにおいてもホストとしてふさわしいかどうかということを意識するように気をつけましょう。

 

使ってはいけない言葉に注意しよう

司会者が気をつけなければいけないポイントとして、使ってはいけない言葉に注意するということがあります。進行をしていく中でマイクを使って話をする機会というのは非常に多くなりますが、その際にタブーとされる言葉を使用しないように気をつけましょう。二次会はカジュアルなものとはいえ結婚式の一部であるということを忘れてはいけません。つまり結婚式でふさわしくない、使用してはいけないとされる忌み言葉というのは二次会であったとしても同じように使用するべきではありません。

別れや終わりを連想させるような言葉や、重ね言葉は使ってはいけません。意識していないとうっかり言ってしまうような言葉の中にもタブーとされる言葉がありますので、事前にきちんとチェックしておいて問題のない言葉に置き換えることが出来るようにしておきましょう。

 

臨機応変な対応を!

いくら事前に入念に準備をしていたとしても、当日は想定外のことが起きるというのは往々にしてあります。そんな時にうろたえてしまったり、何も言えなくなってしまったりするようでは二次会の進行がストップしてしまいます。アドリブが得意という方は問題ないかもしれませんが、ほとんどの人はそんなことはないでしょう。トラブルもある程度想定しておいて、こういったことが起きた場合にはこう対処するということを考えておくと安心です。

起こってしまいがちなトラブルとしては新郎新婦が時間に間に合わない、余興や挨拶をするゲストが遅れてしまう、音が流れない、映像が流れないなどです。こういったことは本当によく起こっていることですので、どのように対処するのかを考えておくようにしましょう。

 

まとめ

司会というのは結婚式の二次会において非常に重要な役割を担っています。そしてプロに依頼するよりも友人や同僚など一般の人に依頼する人がほとんどです。司会者に自分が指名された場合には、おもてなしをするホスト側に徹して入念な準備を行うようにしましょう。

当日は会場の隅々まで気を配りながらも、想定外のことにも臨機応変に対応できるような余裕を持てるようにすると良いです。事前の準備やリハーサルがきちんと行われていればある程度のことには対処出来ますので、準備をしっかりと行いゲスト、新郎新婦共に楽しむことが出来る会になるようにしましょう。