二次会代行お役立ちコラム

50代男性におすすめする二次会出席時の服装とは?

結婚式に出席する際、男性なら礼服もしくはそれに準ずる式典にふさわしい服装で出席されることでしょう。でも、結婚式の二次会となりますとどうでしょう。招待状などには、平服でお越しください等と記載されていることがあります。実際、二次会にふさわしい服装となると、どんなものが良いのでしょう。また50代男性となれば、常識をわきまえ、センスも磨かれたお年頃です。そんな50代男性にふさわしいファッションとはどんなものか、ご紹介します。

結婚式の二次会は普段よりおしゃれに!

結婚式への出席となりますと、多くの男性は、黒系のスーツや礼服を着用されることでしょう。少し変化をつけるとしても、ダーク系スーツを選ぶという方も多いものです。結婚式は、基本的に新郎新婦が主役です。主役の新郎新婦は、白色の衣装を身に着ける場合も多く、こうした主役を引き立てるという意味合いから、日本では古くから男性が結婚式に着用するものは黒色などのダークな色合いとされてきました。近年では、新郎新婦の衣装も様々なものが増え、白色に統一されなくなったことから、出席者の服装にも黒やダーク系といった色の決まりはなくなってきたといわれています。では、結婚式の二次会ではどうでしょう。

結婚式に出席した後、まっすぐ二次会に直行するという方も多いため、結婚式と同様のファッションで出席されるという方が多いものです。また二次会から出席されるような方へ、「平服でお越しください」などと説明書きが招待状などに添えられている場合もあります。ただ、平服と言ってもよくわからないという方も多いですね。平服とは、かしこまってはいないものの、カジュアルでもない服装のことを指します。失礼のない程度に着やすい、マナー違反にならない格好ということです。

端的に言えばネクタイやジャケットを着用したファッションということです。ネクタイやジャケットというと、堅苦しいものばかりではありませんね。気安さを重視した素材で作られたものや、華やかな素材で装飾されたものもあります。ネクタイやジャケットを加えつつ、こうした素材を組み合わせることが出来るという意味でもあるのです。

とくに50代男性となると、普段はビジネススーツやそれに近い服装の場合も多いものです。ネクタイやジャケットの着こなしなら、もう手慣れた年代ですね。だからこそこうしたネクタイやジャケットを用いたオシャレを楽しめる年代でもあるわけです。つまり、結婚式の二次会のファッションこそ、50代男性の魅力を見せつける場でもあるのです。こうした平服の際には、普段よりもランクアップしてオシャレに格好よく決められることで、デキる男を演出することもできます。

50代男性を素敵に見せる服装とは?

では具体的にどんな服装が50代男性を素敵に見せることが出来るでしょう。結婚式の二次会出席時の場合を想定してご紹介しましょう。

まず結婚式からそのまま二次会に直行するという場合です。結婚式では、ダークスーツに同系色のネクタイなどでシックに装っているのなら、二次会は少し柔らかさと華やかさをプラスしてみましょう。スーツの中に着用していたシャツとネクタイ、チーフを変化させるだけでぐっと雰囲気を変えることが出来ます。

例えば濃紺系のスーツなら、シャツはパープルにしてみるというのはどうでしょう。薄紫色のシャツに、濃紫色のネクタイ、そして紫系のチェック柄が入ったチーフに変えれば、紫色の持つ高貴な雰囲気を醸し出すこともできます。また、明るさが欲しいというのなら、ピンク系のシャツにしてみても良いでしょう。とくにピンクは肌色をきれいに見せる効果もあります。くすみがちな50代男性の肌をツヤ肌に魅せるにも効果的です。

結婚式では、意外と汗をかいたり飲食の食べこぼしなどで、袖口や襟口が汚れがちです。二次会でもきれいなファッションを心がけるのなら、結婚式の後に、シャツとネクタイを変えるというのも清潔感を保つのにはオススメです。

また二次会から出席するという場合なら、スーツではなく敢えてセットアップにして楽しんでみても良いでしょう。ジャケットとネクタイを合わせることを守れば良いのですから、普段はできないオシャレを楽しんでみるというのも面白いかもしれません。例えば、普段は無地のスーツが多いのなら、ジャケットをチェック柄などのものに変えてみるのです。シャツに水玉模様のものを選んで色を合わせてみるというのも素敵です。

また、ネクタイの素材にも変化をつけ、スカーフ素材など柔らかく華やかなものをチョイスしてみるというもの良いでしょう。50代男性は、様々な色やデザインが似合うようになる出す年ごろでもあります。奇をてらうことなく、今までできなかった服装を取り入れてみるのがオススメです。

服装に負けない気持ちも大切です

とくにこうしたファッションを楽しむ際に大切なのは気持ちです。50代男性となると、常識もわきまえた年ごろです。「皆と違って恥ずかしくないか」と不安になったり「普段しない服装では恥ずかしさがある」と思うこともあるでしょう。しかし、オシャレに大切なのは気持ちです。胸を張って堂々と着こなすからこそ、そのファッションが素敵に見えるのです。恥ずかしがらず、楽しんで着こなすという意識が大切です。

もし、どうしても恥ずかしくて気になるというのであれば、購入時の店員さんにアドバイスをもらう、もしくは家族から意見をもらってみるというのはいかがでしょう。単身で生活しているのであれば、自分が取り入れてみたい衣装を合わせて写真を撮り、それを知人や同僚に見てもらって意見をもらうのです。

二次会に出席する前に見てもらってアドバイスをもらえれば、不安も軽減するはずです。なにより、どこを改良すればよいのかという、客観的なアドバイスをもらうこともできます。自分だけで合わせる場合によくあるパターン化してしまうということも防ぐことが出来て、新しいファッションの楽しみ方を知ることもできます。

そのためにも、まずは恥ずかしがらず、普段何気なく着用しているジャケットやネクタイを見直し、シャツとの合わせ方、またパンツとの組み合わせ方を見直してみるというのも良いでしょう。新しい自分の魅力を発掘することで、50代男性のさらなる魅力を見せつけることもできるかもしれません。

まとめ

平服という言葉に躊躇せず、まずはオシャレを楽しむこと、それが二次会の服装に大切なことです。意外に多くの方が、日常ではないこうしたシーンのファッションに注目しているものです。ありふれたスーツで出席する方も多いですが、それでは面白みがありません。また、見ている方も印象に残らないものです。「あの人、ちょっとオシャレ」と思わせるには、こうした会でのファッションに配慮するべきです。50代男性だからこそ見せられる魅力はあるものです。いつも通りのスーツに身を包むだけではなく、折角の機会ですから、そんな魅力を見せられるファッションを取り入れてみてはいかがでしょう。