二次会代行お役立ちコラム

妊婦の方におすすめのマタニティーフォーマル!二次会に使える服装

結婚ラッシュ、出産ラッシュが重なる時期には、妊婦のときに結婚式や二次会にお呼ばれするということも珍しくありません。そんなときに悩むのが服装です。お腹が目立たない格好をしたい、一回きりではなく今後も使える服を買いたい、など考えは人それぞれです。また、妊娠中はただでさえ、様々な不安や悩みがあります。そこで、リラックスして過ごせる妊婦さんのフォーマルをご紹介します。新郎新婦の幸せな時間、お腹のベビーと一緒に素敵な思い出を作りましょう。

妊婦さんのドレス選びのポイント

妊婦さんは、日々体形が変わります。しかし、どのように、どれほど変わるのかは個人差があります。一般的には妊娠5~6か月ころからおなかが膨らみ始めます。しかし、急におなかが目立つようになる方、徐々に大きくなる方、見た目ではあまりわからない方など人それぞれです。

ドレスを選ぶ際には、ウエストとバストに特に注意しましょう。ここが一番サイズの変化のある場所だからです。苦しくならずに、リラックスして過ごせるサイズを選びましょう。早めに準備しておく場合、当日までにサイズが変わっている可能性が大きいので余裕を持って考えましょう。

ドレスのシルエットも大切です。おすすめはAラインのドレスです。おなかの部分が締まっていないものや、締まる部分が胸の下、おなかの上のほうにあるものだと苦しくなくてよいです。そして、Aラインドレスは可愛らしく上品な印象を与えることもでき、二次会にピッタリです。

おすすめのパンプス

そもそも、結婚式や二次会の靴のマナー、ルールとはどういったものでしょうか?

まず露出が少ないもの、つまりつま先に穴が開いているミュールやサンダルはタブーです。そして、秋冬の場合、ブーツで参加するのもNGです。デザインでは、派手なものは好ましくないです。また、アニマル柄は殺傷をイメージするため、よくありません。つま先のある上品なパンプス、ヒールのあるものを選びます。

しかし、妊婦さんは自分の体のためにヒールのある靴は普段履かないようにしている方も多いでしょう。二次会の場合はどうすればよいのでしょうか?

妊婦さんの場合は無理にヒールを履く必要はありません。自分の体を大事にしましょう。フラットシューズや低いヒールのもので大丈夫です。ヒールがあるほうが歩きやすいという方もいらっしゃるでしょう。太めの安定したヒールだと安心です。ただし、他の参列者と同様、デザインに関しては落ち着いた、品のあるものが好ましいです。

今後も使える便利なものを選ぼう

フォーマルなマタニティ服は妊娠中でもあまり着る機会がなく、一度きりのために準備するのがもったいない!と感じる方も多いでしょう。そこで、今後も使える便利なものを選ぶのをおすすめします。

例えば、産後も授乳服として使えるものを選ぶとよいです。授乳用のポケットがついている服や、上下切り替え式で脱ぎ気しやすい服などが産後活躍します。

産後は、お宮参りや百日祝いなど、家族で子供の成長を願うイベントが多くあります。特別なときに写真を撮ったり、お食事会をしたりする機会もあり、フォーマルな服装が必要になるときがあります。二次会の服装を選ぶときには、そんな産後のイベントでも使えそうなものを選ぶと便利に使えます。

まとめ

妊婦さんは二次会に参加するのに不安を感じている方もいるでしょう。しかし、マタニティ用の可愛らしいドレスがたくさん販売、レンタルされているので、自分の体を第一に気遣い、リラックスして過ごせる服装を選びましょう。

お気に入りのデザインのドレス、パンプスを見つけたら、着ている自分も楽しい気分で二次会に参加することができます。心置きなく新郎新婦を祝福することができるでしょう。出産後も使えるドレスを選ぶと、便利で経済的なので、その点も考えて選ぶのもおすすめです。