二次会代行お役立ちコラム

二次会の幹事を依頼する際のマナー

結婚式の二次会の幹事は、新郎新婦の友人が担うのが一般的です。二次会の準備はとにかく大変です。結婚式の準備などで忙しい新郎新婦が二次会の準備まで手が回らないのは仕方のないことですが、せっかく「二人のために」という善意で引き受けてくれた幹事役に、何もかも任せて負担を背負わせたり、反対に、話し合いをせずに内容を勝手に決めてしまったりするのはとても失礼なことです。今回は幹事を依頼する際に覚えておきたいマナーを中心に情報をまとめてみました。

二次会の幹事は最低2人以上

二次会を行う前にまずは幹事役を決めますが、人数は何人ぐらいがちょうど良いのでしょうか。1人、2人、3人、と色々な意見はありますが、少な過ぎても手が回らないし、多過ぎても意見がまとまらなくて困ります。よくあるケースは、新郎新婦それぞれの友人から1人~2人ずつ選出して、合計2人~4人程度のようです。

2人だとスケジュールもお互いに合わせやすいですし、何をいつまで、どちらが準備するといった責任の所在も明確になります。また4人であれば2人以上に仕事は効率よく進みますし、2人以上にチームとしての団結力も深まります。

幹事役は当日初顔合わせとなるケースが多いため、2人だとどうしても喋りづらくなることも多いようですが、4人チームであればお互い友人同士で会話もしやすくなり、よりリラックスした雰囲気を築きやすいという特徴もあります。

幹事の役割は話し合って決める

幹事はとにかく大変です。構成や企画、当日の司会進行まで全て取り仕切ります。ケースにもよりますが、二次会はその殆どを幹事役が行うため、新郎新婦が決める事は僅かしかありません。新郎新婦に決めて貰った方が良い事項は、例えば誰をゲストに招待するか、全体の予算はいくらにするのか、など。後は殆ど幹事役が決めていきます。

二次会を行うことが決まれば新郎新婦は幹事役を決めて依頼するのですが、ここで自分達がどこまで準備するのか、幹事役にどこまで準備して貰うのかをしっかりと話し合って決めておく必要があります。先に新郎新婦側が準備することは殆どないと書きましたが、人によっては、会場や催す企画内容などを決めたい新郎新婦もいますし、負担する範囲はケースによって大きく異なります。

幹事役がせっかく用意してくれた企画や構成を、後々になって新郎新婦側が否定するのはマナー違反です。誰がどこまで準備するのかは事前によく話し合って、揉めることのないように注意しましょう。

幹事のお礼などは忘れずに

二次会を一生懸命盛り上げてくれた幹事役に対し、最後にお礼を渡すのは最低限のマナーです。引き受けてくれた友人達は、「二人のためなら」という善意で引き受けてくれるわけですし、絶対にお礼をしなければならないという決まりもありません。とはいえ大変な役を引き受けてくれた友人に、何かしらの形でお礼を渡したいと思うのは当然ですよね。

お金を直接的に渡すのも一つの案ですが、あまりにもむき出しな雰囲気ですので、ちょっと渡しづらいという声も多いようです。お金の代わりにちょっとしたプレゼントを用意してみたり、後日食事会を開いてあげたりしてみるのも良い案です。自分達のために忙しい中頑張ってくれた友人達に、やって良かったと思えるような、そんなお礼を考えてみましょう。

まとめ

二次会の準備は思っている以上に大変です。当日までに準備しておくこともたくさんありますし、その上当日にならないと分からないことや、予測不能の事態も発生しがちです。そんな大変な役割を引き受けてくれる貴重な友人と揉め事を起こさないよう、新郎新婦は綿密な話し合いの場を設けておく必要があります。

また、終わった後にお礼を渡すことも忘れないようにしておきましょう。一生に一度しかない結婚式の二次会です。たくさんの友人達にお祝いされるような、素敵なパーティーを開けると良いですね。