二次会代行お役立ちコラム

二次会の服装、着物での参加はあり?

清楚な着物姿に憧れる人は少なくないと思います。しかし、着物は、着付けが大変だったり、高価だったりで、なかなか簡単に着る機会がありません。また、柄や袖の長さによって違うマナーが難しいというのも事実です。結婚式の二次会に招待されていても、着るのを躊躇いがちです。着物に関する知識があれば、和装も怖くない。和装に関する正しいマナーと、二次会にふさわしい和装について、どのようなものがあるのか集めてみました。

二次会だけの参加、服装はどうしよう

お式や披露宴に招待されていると、和装にしようと思っても、未婚女性であれば振袖を着用すればよいので問題はありませんが、二次会からの参加ですと、服装に迷いますよね。

着席形式のパーティーでしたらよいのですが、二次会は、立食形式のパーティーも少なくありません。食べ物や飲み物をテーブルから取ろうとして、袖に引っかかったなどということがあれば、着物が汚れてしまいます。しかし、そんな転ばぬ先の杖のようなことを考えていては、憧れの和装はできません。

二次会にふさわしい着物は、会場のクラスにもよりますが、訪問着が一般的です。訪問着でしたら、年齢をきにすることなく、また、未婚、既婚にかかわらず着ることができます。また、柄も派手すぎず地味すぎずちょうどよいのが特徴的です。

訪問着は、もともと社交的な場に出る際に着られていたものなので、お祝いの席にふさわしい和服です。訪問着というのは、広げたときに、柄がつながって染められています。というのも、反物から出なく、仕立て終わった後に模様が描かれていることがほとんどだからです。
また既婚女性の正式な礼装とされていますので、結婚式などのお祝いの席には、訪問着を着る人は多いです。

カジュアルな雰囲気の会場のときは、訪問着は格式ばっていますので、お勧めなのが小紋です。小紋は、お値段も手ごろですし、一般的に多く着用されているので、未婚、既婚問わず誰でも着ることができます。柄も、モダンなものから、クラシカルなものまで色々あります。気軽に着ることができる和服なので着物初心者にお勧めです。しかし、小紋は、訪問着に比べると格が下がりますので、礼服、準礼服を求められているときには、ふさわしくないですので注意が必要です。

訪問着を着るほど正装を求められる場ではないけれど、小紋ほどカジュアルな場でもないという場合は、その中間のつけさげを着用すればよいです。付け下げは、反物の時点で染められているのですが、仕立てあがったときに、柄が反対にならないように考えられて構成されています。なので、小紋よりも格が上なのです。

着物で参加、袖の長さはどれくらい?

未婚女性の正式な和装は振袖ですが、花嫁さんが和装の場合は、本振袖を着用します。なので、ゲストは、それよりも袖の長さの短い中振袖か小振袖を着用するのがマナーです。

袖の長さが長いほうが格式は上です。成人式に着用されるのが多いのは中振袖です。披露宴に呼ばれているときは、袖が長い方がよいのでそのまま着替えずに二次会に参加といのもありですが、二次会からの参加の場合は、ゲームをしたり、移動が多かったり、着席していないことが多い場では袖が長いと動きにくいので、振袖を着る必要はありません。

また、振袖は若い女性が着るものなので、年齢を重ねてしまうと着るのに気後れしてしまいます。そのため、未婚女性でも振袖よりも袖の短い訪問着を着る人のほうが多いです。

いざ、着ようと思っても、着付け方をしらないと着ることができません。なので、着付けは勉強しておくほうがよいですが、慣れないときちんと着ることができません。付け刃的な知識で着ると途中で着崩れしてしまうこともあります。また、振袖は他の和装と着付け方が異なるので、プロに着付けを頼んだほうが無難です。

美容院でも着付けをしてくれるところはありますが、当日行って、そのまま着付けしてもらうというのは難しいので、事前予約が必要です。また、レンタルの場合はその場で着付けをしてくれるところもありますが、足袋や腰紐など自分で用意するものもありますので、和装の場合は、予め準備や予約をしておいたほうが当日あわてなくてすみます。

和装の場合、ヘアスタイルには気をつけたほうがよいでしょう。ショートヘアの場合は仕方ないですが、髪が結わえる長さの場合は、アップにするのが一般的です。あまり地味な髪型だと着物につりあっていないので、着付けはご自分でできる方でも、髪は美容師さんにお任せしたほうがよいでしょう。その際、髪につける髪飾りを持っていくのを忘れないようにしましょう。

着物で参加の注意事項

着物には柄があります。この柄は実は季節を表しているものがほとんどです。俳句で言ったら季語のようなものです。この季節を意識しないでいると、秋なのに、春の柄を着ているというようなことが起きてしまいます。

基本的には、季節を先取りするとされていますが、例えば、松、竹、梅などはお正月にふさわしい縁起物なので、1月、梅の咲く時期は2月なので2月でも大丈夫です。桜や牡丹は春というように季節に合わせた柄のものを着ます。夏や秋、冬も同様に季節にふさわしい柄が描かれています。

このように季節によって着る柄が異なりますが、一年を通して着ることができる柄もあります。特にお祝いの席では、鶴や亀など縁起物が入っている柄は好まれます。

しかし、いくら秋だからといってすすきや菊の柄をお祝いの席に着ているのは場にふさわしい服装とは言えません。和装の際は、柄が季節に合っているものか、お祝いにふさわしい柄なのかということを考えて選んだほうがよいでしょう。

また、春、秋、冬の時期は、裏が二枚になっている袷を着用しますが、夏の時期は一般的には単衣、8月は絽か紗を着用するのですが、結婚式の場合は、花嫁衣裳が袷なので、夏でも袷を着てもよいことにはなっています。しかし、夏の暑い時期に袷は、暑すぎるので、単衣がよいと思います。しかし、いくら単衣だからといって、浴衣での二次会参加は、ドレスコードが浴衣の場合を除いて、控えたほうがよさそうです。

着付けの際に、一番難しい帯ですが、慶事にふさわしい帯の結び方をしましょう。慶事の際は、袋帯が一般的です。結び方は、お太鼓や文庫が無難です。浴衣の時に使う半幅の帯を着用しないように注意してください。半幅の帯は、前から見ても幅が半分しかないので分かります。また結びもこじんまりしているので、慶事にはふさわしくありません。二次会でも避けたほうがよいでしょう。

まとめ

和装で二次会参加は、ちょっとした知識があるだけで、俄然楽しいものになります。マナーさえ守っていれば、他は自由です。これは、和装も洋装も同じです。思い切ってチャレンジするのもよいかもしれません。イメージチェンジにもなりますし、和服を通じて、日本の文化のよいところを学ぶこともできるでしょう。

着物は面倒だという固定観念は捨てて、和装での二次会参加をしてみてはいかがでしょうか。きっといつもと違った感覚で楽しめること請合います。