二次会代行お役立ちコラム

二次会ならでは!今どきの景品の配り方

二次会が盛り上がるゲームはどのようなものがあるのでしょうか。同じゲームでも参加するメンバーや条件によっても盛り上がり方が違ってきます。またゲーム勝者に配られる景品の配り方も一工夫欲しいものです。せっかく色々考えて豪華な景品を用意していても、配り方が雑だともらった人も参加者した人も残念に思ってしまいます。そこで、楽しい二次会の盛り上げ方に焦点をあてて、最高の二次会を集めてみました。

みんなが喜ぶ余興

新郎新婦のおもてなし、食事がメインの披露宴とは違い、結婚式の二次会は、どちらかというと飲んだり食べたりよりも、コミュニケーションがメインです。中には、余興をやめて歓談をメインにしたいという人もいると思います。

仲間内同士の場合、それでもよいかもしれませんが、一人で参加している人がたくさんいる場合は、新郎、もしくは新婦がテーブルに回ってくるまでの間、時間を持て余してしまいがちです。社交的な人の場合は、そのような状況でも積極的に周囲の人と話が出来ますが、きっかけが欲しいと思う人も少なくないと思います。

そんな時は、まったく余興やゲームをなしにするのではなく、全体の中で、余興やゲームの時間を少なくしてみてはいかがでしょうか。ゲームをきっかけに知らない人同士会話が弾むことも大いにありますし、その後、新郎もしくは新婦がテーブルに来るまでの間、寂しい思いをしなくてすみます。

そんな余興も、一部の人が盛り上がるだけで終わる余興ではなく、できれば全員が積極的に参加したくなるような余興にするとみんなが楽しめてよいですね。特に景品がかかっているようなゲームは、ドキドキわくわくします。賞品を獲得する為に、チームで協力し合うような内容だと会場全体で盛り上がることが出来ます。それがきっかけで新しいロマンスが生まれるかもしれません。

できれば、その景品の配り方にも気を遣いたいものです。ゲームに熱中するあまり時間配分を間違えて、賞品授与の時間がなくなってしまっては、竜頭蛇尾になってしまいます。終わりよければ全てよしという言葉があるくらいなので、最後はきっちり締めくくりたいものです。かといって、表彰式のような格式ばったことをしてしまうと、もらう方が恐縮してしまいます。中には、人前に立つのが苦手という人もいるでしょうから。

このように、ゲームや余興の内容だけでなく、それに付随すること細かな内容まで気を配り、シミュレーションをしておくと、当日、誰もが楽しめる会になるでしょう。

定番のビンゴゲーム

二次会ではビンゴゲームやクイズをよくやりますよね。ビンゴゲームが人気なのは、ゲームのルールを知っている人が多いからです。なので、事前のルール説明に時間がかかりません。たとえビンゴゲームを知らない人がいたとしても、ルールを簡単に理解してもらうことが出来ます。

各自1枚ずつカードが配られた個人戦や、テーブルごとのグループに分かれた団体戦で行うことができます。グループ戦だと友人知人同士だと盛り上がりますが、初対面同士ばかりだと、誰かを中心にチームとして盛り上がるか、逆にテーブル全体が人見知りし合ってしまい、ゲーム全体があまり盛り上がらないなどということもあります。こればかりは、事前に予測することは難しいですが、ある程度招待者の人柄を知っている企画側の新郎、若しくは新婦の采配で最悪な事態は免れるでしょう。

ビンゴゲームは、ビンゴが成立するまでの時間が読めないという難点があります。例えば先着順に豪華な景品を用意しておいたとすると、後半の方はよい景品が残っていないので、盛り下がる可能性があります。しかしビンゴになった人がくじを引いて景品を当てるだと時間がかかりますし、ビンゴは早くビンゴを成立させた人が勝者なので、くじでいい景品が当てられなかった場合残念感は拭えません。

そんな時には、賞品の配り方に焦点を絞るのはいかがでしょうか。まず通常のビンゴゲームを行います。そして景品を準備した数の人まで先着順で勝者を決定します。それから賞品授与式です。品物そのものは見せずに、その賞品から連想する言葉やキャッチフレーズを予め決めておきます。そのキャッチフレーズを発表し、1位の人から選んでもらいます。全員が選び終わったら、賞品授与です。その瞬間まで、勝者も会場の人も誰もその賞品が何なのか知りません。選んだ人も、それを見ている人も、キャッチフレーズが面白ければ面白いほど賞品が何なのか気になって仕方ありません。盛り上がること間違いなしです。

言葉のセンスは必要ですが、定番のビンゴゲームがよりいっそう面白くなります。意外性が合った方が、みんなの興味を惹きます。

こんなゲームならみんなで楽しめる

ビンゴゲームは嫌だという人もいるかもしれません。ありきたりのものではない趣向を凝らした余興やゲームを取り入れたいと思う人もいるかもしれません。二次会のゲーム、こんなゲームが盛り上がるというものを集めてみました。

ビンゴの次に人気がある新郎新婦クイズですが、それに一工夫加えてみるのはいかがでしょうか。クイズの内容は、新郎新婦の馴れ初めや、幼少の頃、学生時代に関する問題が出題されますが、場が盛り上がっていないときのクイズほど盛り上がらないものはありません。大抵の参加者は、新郎か新婦どちらかの知り合いである可能性が高いですし、馴れ初め等はよほど親しい人でない限り興味はありません。

盛り上がりに欠けるのは、その点が大きいかもしれません。なので、ヒントを大きく出して答える気をおこさせる必要があります。人は、全く分からない問題だと解く気が起きませんが、少し考えれば解けるかもしれないときは、興味を持って取り組みます。その心理を利用し、このヒントがあれば解けるかもしれないというヒントを用意するのです。これだけでクイズゲームが盛り上がります。

全員参加型ゲームとしては、ペアの片割れ探しのゲームがあります。予め受付時に名前を選びます。例えば男性側は「ロミオ」「寛一」「ポコちゃん」「工藤真一」などキャラクターの中から好きなものを選んでもらいます。それにペアとなるものを用意しておきます。「ジュリエット」「お宮」「ペコちゃん」「毛利蘭」など。マニアックなものより、誰もが知っているキャラクターである方がよいです。逆にマニアックなものでも楽しめますが。そして、ゲーム開始で自分のペアを探します。その際、相手に対して質問は3つまでなどルールを決めておくとよいでしょう。

ペアだと思ったらゲームマスターである新郎、新婦に申告します。ペアを作る時間が早いペアが勝者です。制限時間を予め決めておくのもよいでしょう。最後に正解発表です。正解、尚且つ早かった人から勝者となります。勝者から順に景品がもらえます。全員参加必須のゲームなので一体感が生まれます。

まとめ

二次会が盛り上がるか盛り上がらないかは、ゲームや余興の内容にもよりますが、景品の配り方の工夫が大事です。もちろん二次会は、ゲームや余興がメインではないので、そこにこだわる必要はありませんが、ホストとして、来てくれた人全員に少しでも楽しんでももらえるような気配りは必要です。

ホスト側もゲスト側も誰もが楽しめる会になれば、その会は大成功です。そうなるのも、ならないのももてなす側のちょっとした心がけ次第です。