二次会代行お役立ちコラム

二次会の服装マナー、40代女性の場合

結婚式の二次会に招待された40代の女性は、どのような服装が適当なのでしょうか。その会のドレスコードがあればそれを守ればよいのですが、ドレスコードがない場合、パーティーの規模やクラスにもよりますが、それにふさわしい格好をしないと恥をかいてしまいます。最低限のマナーは知っておく必要があります。マナーを守って、おしゃれに周りから一目置かれる40代女性の二次会ファッションを集めてみました。

フォーマルからのカジュアルダウン

最上級のおよばれファッションは、フォーマルですが、堅苦しくない会の場合だと、一人だけ浮いてしまうことがあるかもしれません。かといって、柄がプリントされたワンピースやセパレートのカジュアルすぎるファッションは、40代としてふさわしくありません。特に二次会からの参加だと服装に女性は悩んでしまいますよね。

まずは誰もが常識として知っておかなければならない、白は避けるというものです。花嫁さんが白いウェディングドレスを着るので、被らない為です。結婚式、それに伴う披露宴や二次会は花嫁さんが主役です。二次会からの参加の場合は、花嫁さんが白いドレス以外のドレスを着ている可能性がありますので、事前に知ることが出来る場合は、同じ色を避けた方がよいでしょう。

こちらも常識ですが、動物柄のものは避けます。さすがに豹柄やゼブラ柄のドレスは中々探してもないですが、動物柄が好きでもこの日は我慢しましょう。これらは年代関係なく全ての女性に当てはまるマナーです。動物柄で気をつけなければならないのは、羽織です。冬の寒い時期の結婚式や夏でも室内が冷房で肌寒いことをみこして上着を羽織るひともいるかと思います。また、日中は肩を出したドレスは着ないほうが良い為、羽織る人もいます。その際に、動物の毛皮のものを着用しないようにしましょう。本物でなくても毛がついているものは避けてください。

ドレス選びは、基本はフォーマルです。しかし二次会の場合は、フォーマルを少しカジュアルに崩した方が印象がよいです。フォーマルすぎると堅苦しい印象を与えるからです。披露宴からの参加者は少しお酒も入っていることもあるでしょうから、堅苦しい雰囲気にのまれてしまいかねません。

カジュアルに少しくずすというのは、ドレスでなくて、よそいきワンピースにするとか、ツートーンカラーのドレスにしてみるとかです。バイカラードレスは、今では結婚式に来ている人もいますが、年配の人が多いような場では、常識がないと思われることもありますので、二次会からの参加の場合の方がよいでしょう。

華やかさの中心にある気品

20代、30代の頃と違い、40代女性に周りから求められるものは、気品です。30代前半までは似合っていたミニドレスの丈も、年齢が上がるにつれて似合わなくなってきます。ロングドレスとはいかないまでも、膝丈ロングの長さがしっくり来る人が多いです。普段の服装では好きなものを着ればよいですが、結婚式のような場となると、周りの目もありますので、招待する側の顔を潰さないように気をつける必要があります。

40代女性が結婚式をあげる場合も、以前は和装の人が圧倒的に多かったのです。それは、ウエディングドレスのデザインが20代女性向けのものがほとんどでした。しかし時代が進むにつれ、40代女性が似合うウェディングドレスがデザインされるようになりました。どのドレスも20代向けのものに比べて、華やかさはありますが、その中にどこか気品を感じさせるものが多いです。

二次会のドレスも奇抜な色よりも、白いロングドレスや淡い色のカクテルドレスが人気があるようです。二次会から参加するゲストが多い場合は、ウェディングドレスを着たほうが喜ばれます。ウェディング姿を見たいと願うゲストが多いからです。二次会は気分を変えたいという人は、カラードレスがよいでしょう。スカートのフープは広すぎないものの方が気品を出せます。スカートのフープが広すぎると移動しづらいというのもあります。二次会は、介添え人がいないので、各テーブルを回るためにも、動き易いドレスを選んだほうが無難です。

ゲストの場合も、会場に合わせたドレス選びは必須です。会場がどのような場所なのか招待されたときに分かりますので、会場にあわせた服装選びを心がけましょう。例えば会場がカジュアルなレストランだとすれば、フォーマルすぎる服装は浮いてしまいます。逆にかしこまるようなホテルの大広間での立食パーティーだとしたら、カジュアルすぎる服装はふさわしくありません。これは年代に関係なく全ての招待客に当てはまることです。

アイテムの上手な活用法

40代女性にふさわしい気品のあるアイテムはどのようなものがあるでしょうか。アイテムといえば、バッグです。普段は多くのものを持ち歩いていて、大きなカバンを持ち歩いている人も、会場まではそのバッグを持っていても会場に入る前に荷物は預け、会場内ではこぶりのバッグを持っていたほうがよさそうです。

小ぶりのバッグの中身は、必要最低限のものです。ハンカチとティッシュ、口紅と写真を撮るための携帯電話と財布などの貴重品です。時計も現実感が出てしまうのであまり身に着けないほうがよいです。パーティーの間は時間などきにしている暇もありませんから。携帯電話も普段使っているケースごとは小ぶりのバッグに入らないかもしれません。薄いハードカバーなどに替えておいたほうがよいでしょう。

もう一つ、気品を問われるものがあります。それはアクセサリーです。二次会からの参加の場合は、夜に行われることがありますので、夜のパーティーは華やかなアクセサリーの方がよいです。しかし、式や披露宴が午前中で、二次会も日が暮れる前で、外の景色が見えるような場所の場合は、キラキラ光るアクセサリーは控えた方がよいです。それは、写真撮影などの際に、光にアクセサリーが反射してしまい写真が上手く撮れない場合があるからです。

それから、生花を髪に挿すのは花嫁さんだけです。海外ドラマでよくパーティーに行くシーンで、エスコートの男性が生花のコサージュを持ってきて、それを髪に挿してパーティーに行くというのがありますが、このシーンに憧れていても、日本で実行するのはよした方がよいです。どうしても生花のコサージュをつけたい場合は、ドレスに挿しましょう。

髪型にも気を遣った方がよいです。美容院でセットしてもらうのが一番ですが、器用な人は、自分でセットしてもよいでしょう。間違っても何もしない、おろし髪のままというようなことのないように気をつけましょう。

まとめ

マナーというのは、最低限相手に恥をかかせないもののことです。40代女性が結婚式やパーティーに招待されたときは、マナーを守り年齢にふさわしい服装をすることで、ホストの顔を立てる必要があります。

必要最低限のことを知っておけば、あとはお祝いする気持ちがあるだけで他は何もいりません。気まずい思いをせず、楽しい会にする為に、最低限のマナーは身に着けておきましょう。そうするだけで、楽しい一日を過ごすことができます。