二次会代行お役立ちコラム

これを選べば結婚式と二次会で困らない!夜の服装のポイントとは?

みなさんはドレスコード、フォーマルな装いと言われて自信がありますか。結婚式や二次会は多様化し、会場の変化でドレスコードを守りつつも変化してきています。そんな中、結婚式からそのまま二次会に招かれたのはいいのだけど、昼間ではなく夜。昼と夜の服装って具体的にどこを変えると良いのでしょう?会場へ行って恥をかかずに済むように、夜の装いの基本について押さえましょう。昼と夜とでは同じ服装でも小物で変化をつけましょう。

夜の装いの基本を押さえよう!

夜の装いと言いますが、一般的に何時からを指すのでしょうか。服装の時間のマナーは、午後5時より前が昼間の装い、午後5時以降が夜の装いになります。

案内状に「平服で」と書かれていたら、男性も女性もドレスコードは「略礼服」になります。男性はダークスーツかブラックスーツです。女性は半袖かノースリーブのワンピースが基本。アンサンブルやツーピースでもOKです。ドレスコードがなければ準礼服が無難ではありますが、カジュアルな服装でも大丈夫だと言われているなら、カジュアルウエディングや二次会向きのスマートエレガンスで(男性はダークスーツ、女性はドレッシーなワンピースなど)、もう少しカジュアル色が強いカジュアルエレガンスの服装(男性はダークスーツ、女性はワンピース、ジャケットなど)にしましょう。

結婚式からの流れでそのままの服装の人も多いと思います。結婚式に比べると、二次会ではカジュアルな服装をイメージします。案内に装いの条件が書かれている場合はそちらを優先させますが、基本的にはドレスコードがあるので最低限の服装マナーは守るようにしましょう。もし何も書かれていなくてわからないときは、準礼服を基本に新郎新婦のどちらかにお祝いの言葉とともに会場や服装のことを尋ねておくと安心です。

女性の装いは、準礼服だとセミ・アフタヌーンドレスやカクテルドレスになります。平服の指定があるときは、昼同様にスーツやワンピースでかまいません。昼とは違って、ノースリーブでもOKです。色は赤や青、紫と淡い色よりもはっきりとした色を選択します。黒にしたいなら光沢のある素材か、重たくならないように明るい色のボレロを合わせると良いようです。ラメやサテン、シルクやレース、ベルベット、タフタなど高級感のある素材を選びましょう。

男性は準礼服がタキシードかディレクターズスーツです。平服の場合はダークスーツ、ブラックスーツが妥当です。ダーク系のスーツは黒系の色で重くなりがちです。ラペルピンでおしゃれに、ネクタイなどでワンポイント明るい色味を加えるようにしましょう。

いずれも派手になりすぎない、落ち着いた大人の装いが理想です。格式のあるホテルではドレスコードが決まっています。装いに困ったときは、一緒に参加する人に尋ねると良いのですが友人や身内関係ではない場合、親しい人がいないこともあるでしょう。二次会の幹事さんにどんな会場の雰囲気になるのかを確認するのも解決策の一つになります。

小物にも気を配ろう

小物で大人っぽさを演出、夜の二次会は華やかにしましょう。派手にするのではなく、上品さが基本です。華やかな服装には照明で映える宝石類、ラインストーンやクリスタルでおしゃれにしましょう。昼も夜も関係なく、結婚式と二次会の両方で使えるのがパール系のアクセサリーです。大ぶりのものでも派手にならないのがパールの良さでもあります。

中には招待されるのを待ってましたと言わんばかりに宝石類で飾り立てる人がいますが、これは立派なマナー違反です。主役は新郎と新婦です。見た目のバランスが悪いだけでなく例え本物の宝石類であっても下品さが先立ってイミテーションに見えてしまうことがあります。場所相応の装いがあるのを忘れないようにしたいものです。

男性では結婚指輪、女性も婚約指輪や結婚指輪についてはフォーマルな指輪なので身につけても大丈夫です。女性は婚約指輪と結婚指輪の重ね付けをしても良いとされています。服装とのバランスを考えて身につけるようにしましょう。

靴については、男性は革靴が基本です。服装の次に目がいくのは足元の靴です。革靴はお手入れしておきましょう。女性のフォーマルではヒールのあるパンプスを履きます。カジュアルな場合最近ではオープントゥやサンダル、ミュールで参加する人が増えていますが、格式の高い場所では結婚式でもNGです。やはりマナーは守り避けたほうが無難です。靴の素材は金銀の装飾があるもの、エナメル、革、スエードでもOKです。

バッグは小ぶりのもの、サテン素材、ラメやビーズで装飾されたものを選びましょう。ただし、爬虫類の靴は型押し、フェイクでも殺生イメージするものなので避けてください。

ストッキングは黒を避けるようにします。ラメが入っているものはフォーマルとして通用します。素足に靴は避けましょう。

髪は男性の場合、清潔感重視で前髪や襟足をすっきりさせておくと良いでしょう。女性は髪が長い人は下のほうでかっちりしすぎないまとめ髪にしましょう。ワンポイントでビジュー付きのヘアピンで留めると大人の雰囲気になります。食事のときに髪が邪魔で手で押さえて食べている人がいますが、見た目の問題だけではなく周囲に不快感を与えることもあります。新婦より控えめの、きれいなまとめ髪が理想です。

靴やバッグは控えめなものをチョイスして、コサージュで華やかにするのもありです。色については基本決まっていません。新婦を連想する白色と喪を意味する黒色は、マナー上、間違いではないのですが、想像する人もいるということで避けたほうが良いそうです。そして新婦の特権である生花のコサージュは避けましょう。同じく髪に使うコサージュ的なものも控えるようにします。濃い色の服装にはベージュ、淡いピンク、ミントグリーンなどが映えます。ボレロの色に合わせる人も多いようですので参考までに。

夜の結婚式と二次会はドレスコードを守りつつおしゃれにしたいものです。

会場や参加するスタイルで判断しよう

先にも場所に合わせた装いについて触れましたが、格式の高いホテルなどはたとえ案内がなくてもドレスコードがあります。ゲストの顔ぶれにもよりますが、新郎新婦の立場を考慮しつつ、結婚式と二次会ではフォーマルに準じた服装を心がけるようにしましょう。

控室などが準備されていて二次会前に着替えても良いとの案内があれば、別の衣装を持ち込むことが可能ですが大抵は場所を移動するため着替える余裕はないと思います。それでも装いを変えたいなら、羽織りものを変えたり靴などの小物だけを持ち込んで履き替えるとか、アクセサリーを夜の装いにするなど変化をつけると良いでしょう。

参加する人は、新郎新婦からもらう案内状の情報だけが頼りです。服装で困ることがないように、案内状にひと言添える気配りがあると親切です。結婚式や二次会に何度も参加したことのある人なら、会場やホテルの名前を見るだけで服装が判断できることもあるでしょう。それは極まれで、少数だと思います。

最近はレストランウエディングなど、会場の変化で判断ができないパターンが増えてきました。新郎新婦をお祝いしたい気持ちはみんな同じで、だからこそ身だしなみにも気を使います。衣装は結婚式と二次会、着替えなくても両用着ていけるものを選ぶ人が多いようですが、遠方からの参加は移動だけでも大変です。会場が決まったら、控室が取れないか確認してみてください。女性ゲストに控室があるととても喜ばれます。

夜の二次会では、会場で圧倒的に多いのがレストラン形式です。ホテル系レストラン、少人数対応で貸し切りのところや、バーカウンターを備えた会場があります。先にも書いた通り会場の雰囲気だけでは判断ができないパターンもありますので、新郎新婦か幹事さんがゲストに向けて服装についての案内を入れるようにしましょう。ドレスコードがなければ、スマートエレガンスかカジュアルエレガンスで。上司など目上の方がそろう場合はフォーマルに準じた服装は崩さないほうが失礼にならずに済みます。

まとめ

夜の結婚式と二次会は昼間と違って男女の装いも変わります。また、結婚式、二次会の多様化によって会場や雰囲気も変化していて、招かれるほうはどのような服装にしていけば良いのか悩むことがあります。昼と夜の服装の違いは、きらきらとした華やかさが加わることです。女性はとくにバッグや靴、アクセサリーにラメやラインストーン、宝石などで輝きをプラスして光をまといます。男性もワンポイントでラペルピンやネクタイに明るい色を加えます。ゲストの顔ぶれにもよりますが、準礼服を基本にスマートエレガンスやカジュアルエレガンスでおしゃれを楽しみたいものです。