二次会代行お役立ちコラム

結婚式の二次会の服装としてクリーム色は選んでよいの?

結婚式やその後に開催される二次会。出席する際には、できれば華やかな服装で新郎新婦の門出をお祝いしたいものです。結婚式では、出席者側にタブーとされる色はあるといわれていますが、二次会はどうなのでしょうか?また、色選びに関して、どんな服装や色を選ぶと良いのでしょう。肌色をきれいに見せるクリーム色系のものを選ぶ際にも、様々なポイントがあると言われています。そこで列席者におすすめの色やクリーム色絵を選ぶ際の注意点などをご紹介します。

結婚式や二次会で選ぶとタブーな色や服装とは?

結婚式に出席するのなら、結婚式独自の様々なマナーは事前に把握しておきましょう。祝宴の場で恥ずかしい思いをしないためにも、事前の確認は必要なことです。結婚式のマナーとは、様式によっても様々異なります。例えば人前式や神前式、また和洋それぞれによってもマナーが存在しています。さらに結婚式だけでなく披露宴においてもマナーは様々あります。一通りのテーブルマナーは把握しておくことをオススメします。またこうした作法としてのマナー以外にも配慮するべきポイントがあります。それは、着用する服装の色選びです。

結婚式や披露宴では、白色というのは新婦の色とされています。白は純潔を連想させる色です。何色にも染まっていない無垢な色こそ、これから新郎の元に嫁いでいく花嫁にふさわしい色とされてきました。その新婦がまとうべき白色は、新婦だけのものであり、その結婚式や披露宴の会場では新婦のみが服装として着用して良い色と考えられています。列席者は、例えばシャツが白色であるとか、小物類に白色が使われているという程度なら、問題ありません。

しかし、全身白色であるとか、白色が使われている部分が半分以上の服装ではマナー違反とされています。これは、白色に新婦の心を投影しているというところからのものであり、白に近い色、例えばクリーム色はベージュなどは問題ないとされています。ただし、こうした色合いを選ぶ際にも、より白色に近い色合いのものは、白色と同じと考える説もあるため、あまりオススメできません。なるべく、色がはっきりわかる程度のクリーム色や、濃いベージュのものが望ましいということです。

結婚式や披露宴ではこのように、服装の色に対するマナーが存在していますが、二次会はどうなのでしょう?実は、二次会自体には色選びに関するマナーは存在していません。ですから、例えば白色や白色に近いクリーム色やベージュを着ていても、それ自体がマナー違反ということではありません。

ただし、二次会には結婚式や披露宴の祝宴に参加した親族などの列席者も多く集まります。さらに二次会でも主役は新郎新婦です。新婦は二次会でも白いドレスを着るという場合もあります。結婚式や披露宴ほどゴージャスなドレスではないにしろ、動きやすいワンピースやスーツで白色を選ぶこともあるのです。そうしたときに、主役と色が被る列席者となれば、周りからはどう見られるでしょう?あまり良い評価はえられないということです。こうしたことから、二次会であっても白色は選ぶべき色ではないと言えるでしょう。

クリーム色は選んではいけないの?その理由とは?

二次会でも白色はタブーと言えるということをご紹介したところで、では白色に類似するクリーム色やベージュなどはどうなのか、というところについてご紹介しましょう。一言でクリーム色やベージュといっても、その色の種類はたくさん存在しています。例えば白色に近いクリーム色や、黄色や茶色に近いベージュなど、色の名前は一つでもその色の種類となると膨大なものです。さらに言えば、光の当たり具合などでかなり白色に見えるものも多いものです。こうした色合いのものは、白と同様もしくは白を類似させる色としてタブーと考えるべきです。

要するに白色じゃなければ、クリーム色でもベージュでもいいのかと言えば、そういう話ではないということです。ご紹介していますように、白色は新婦の色です。新婦の色は、その場の主役の色ですから、それに類似する色も含めて基本的にはタブーと考えるべきということです。何故なら、主役の色として白色が選ばれるのには、新婦の無垢な心という意味合いのほかに、注目しやすい色という意味もあるのです。

たくさんの人が集まる祝宴の場において、白色は大変映える色合いです。遠くでもそこにいるということを判別するのが白色です。新婦は祝宴の場の主役ですから、遠くからでもわかるためには白色を着るべきということなのです。でも、列席者はというと、そこまで目立つ必要はありませんね。主役ではありませんから、華やかに演出する程度でよいのです。そのためには、新婦と類似する色を選ぶよりも、新婦を目立たせるために白に類似する色は避けるべきということです。もちろん服装の中の一部に白色やクリーム色、ベージュなどが入ることがタブーということではありませんから、ポイントとして白色をプラスする程度なら問題はありません。

クリーム色でも選び方でマナー違反にならない?

では、結婚式や披露宴、そして二次会にクリーム色やベージュを選ぶのはダメかと言えばそうでもありません。色によってはマナー違反にならない場合もあるのです。どんなものが良いのかといえば、ご紹介している新婦の色である白色に類似しない色ということです。

例えば、クリームといっても黄色みがかっていたり、ピンク系のクリームというのもあります。ベージュに関しても、黄色味がかったものから茶色が強いもの、さらにピンク系のものなど、様々存在しています。こうした色の強いものはマナー違反になる可能性がありません。さらにアクセサリーなどを組み合わせるという方法で、色の雰囲気を変えることもできるでしょう。ベルトや小物類で色の変化をつけるという方法もできます。

特にベージュ系の色合いというのは、肌をきれいに見せる効果があると言われています。自分の肌色に合う色合いを選ぶと、美肌に魅せる効果も得られるのがクリームやベージュ系の色合いなのです。ですから、マナー違反に配慮しつつ自分の肌色にあう色を選ぶと、結婚式や披露宴、二次会の会場で素敵な列席者を演出することが出来るというわけです。

ここで問題となりやすいのが、「自分の肌色に合わせると白っぽいクリームやベージュ色になってしまう」というところです。これに関しては、例えば先ほどご紹介したように、胸元に印象が強い色合いのアクセサリーを使ったり、スカーフやベルトで変化をつけるという方法がオススメです。

またバッグなどの小物でも雰囲気を変化させることもできます。ボレロやカーディガン、ジャケットなどで別の色を加えることもできます。白っぽい色合いの印象が強くならないよう服装に配慮することで、自分を素敵に見せつつマナーにも配慮することができます。

まとめ

結婚式や二次会でタブーな色を選ばないようにと考えすぎると、今度はどんな服装にしたらいいかと、悩みが増えて困ってしまうこともあるでしょう。ダメな色は着ない、似ている色なら変化をつけるという配慮さえ守れば、マナー違反とみられることはありません。クリーム色やベージュは肌馴染みの良い色合いでもありますから、上手に取り入れてみることです。事前に鏡などでチェックし、自分の肌色と併せつつ、素敵な祝宴ファッションを楽しんでみましょう。