二次会代行お役立ちコラム

二次会でおしゃれな景品をチョイスして幹事としての好感度アップ!

結婚式の二次会やパーティーでのゲームの賞品選びに頭を悩ませた経験がある人もいるかと思います。せっかくのパーティーなので、微妙なものよりも、当たった人が喜んでくれるものを選びたいですよね。選んだ人のセンスが問われる景品ですが、誰もが喜ぶおしゃれなものを選んで、パーティーや二次会を大いに盛り上げましょう。どのようなものが喜ばれるのか、おしゃれな景品はどのようなものが選ばれるのかを検証します。

センスのよい贈り物

貰って嬉しいものは、日常使えるものだという人は多いです。また当たったものが自分の好みに合わなくても、ずっと残るものよりは、石鹸や入浴剤などの消えものの方がありがたいです。

食べるものでもよいですが、こちらは日常的に食べるものよりも、普段は食べることの出来ない特別感のあるものの方が喜ばれます。なぜなら、日常では口にすることが滅多にないからです。

中には、記念として、思い出として残しておきたいと思う人もいるかもしれませんが、大多数の人は、置き場所に困るものは欲しくないのが本音です。ましてや好みや部屋のインテリアとマッチしていないものなどは持って帰るのすら面倒だと心の中では思っています。

なので、景品は、当たった人が喜ぶセンスのよいものを選ぶとよいでしょう。どのようなものが喜ばれているかというと、最近では、体験型ギフトやレストランなどのお食事券、テーマパークの入場券が好まれています。それもペアの。

チケットが1枚だけですと、せっかく当たっても困りかねません。レストランやテーマパークに一人で行くのは憚られますし、一緒に行く人にお金を出してと言ってはなかなか誘いにくいです。なので、ペアやそれ以上が楽しめるようなチケットにする方がよいでしょう。

お菓子などにする場合は、日常食べられているスーパーやコンビニで手に入るものよりも、記念日やご褒美スイーツのようなたまにしか食べることのない、高級なお菓子のほうが喜ばれます。

何にせよ基準は、自分が貰ったときに嬉しいものを選ぶとよいでしょう。結婚式の二次会などでは、どのような人が参加するのかが分からないことが多いと思います。

また性別によっても欲しいもの、好みのものは違うので全ての人が喜ぶということは難しいかと思いますが、例えば女性用のものが男性に当たったとしても、そこは参加者同士が交換しあったりして、コミュニケーションをとれるので、場が盛り下がるということはありません。男性が喜ぶもの、女性が喜ぶもの、年代によって喜ぶものを考えて用意しておくとよいでしょう。

今どきの景品

二次会盛り上げるのも幹事の腕の見せ所ですが、その二次会を盛り上がる為にもゲームは必須です。そしてそのゲームのための景品選びは重要です。

一昔前では、結婚式帰りの人の姿は、正装で、大きな引き出物の袋を持つと相場が決まっていましたが、今どきは荷物にならないことが重要視されています。引き出物の袋もコンパクトです。

女性はドレスや着物を着ている人が多いので、大きなバッグは持ちたくありません。紙袋にしても荷物はなるべく小さいにこしたことはありません。靴もヒールや草履を履いているので、重いものを持っての移動は大変です。それに大きな荷物を持ちたくないのは、男性も同様です。

結婚式の場合、披露宴に出席して、そのまま二次会に参加する場合が多いと思います。二次会からの参加だとしても、ドレスを着ていることが多いです。二次会で、ゲームに勝利して景品がもらえるときでも、欲しかったものならば別ですが、必要もないものなのに無駄に大きくて重いものを持って帰ることになると、楽しかった思い出にケチがつきかねません。

近頃では、大きくて嵩張るような電化製品などは、目録だけで、自宅に配送してくれるというのが喜ばれるようです。
そうなると、大きなパネル写真などを用意して盛り上げたいものです。

その賞品の選び方ですが、まず目玉商品を用意します。これは、誰もがこれを欲しくてゲームに熱中するだけのものであればあるほど盛り上がります。人気の電化製品や高級食材、人気スポットのペア旅行券などです。食材も長時間会場に置いておくことができませんので、自宅配送にするとよいでしょう。負けた人にも全員にいきわたるように、おしゃれな一口お菓子や、石鹸などを用意しておくこともお忘れなく。

参加した人みんなが楽しめる時間にするためにちょっとした気配りを忘れないようにすれば、最高の時間を過ごすことができます。

二次会は腕のみせどころ

二次会を取り仕切る人が気をつけなければならないことがあります。それは何かというと、ビンゴ大会やゲームなどを企画している場合です。

ゲームの何が難しいのかというと、景品を貰える人と、貰えない人が出てくるということです。ゲームなので勝敗がつくのは当然ですが、例えば一緒に来ている友達同士、一方は豪華な景品をかかえ、一方は何も貰えないなどがあると景品を貰っている人が気まずい思いをすることもあるかと思います。周囲がみんな当たっているのに自分だけあたらないのはあまりいい気持ちがしません。そうこうしているうちに何も貰えずにゲーム終了ということもあるかと思います。

だからといって、全員に豪華な景品を用意することは出来ません。予算が限られているので、多くの豪華景品を用意することは難しいと思います。しかし、ゲームに負けた人にも、小さなものでも何かしら当たると誰もが楽しい思いをすることが出来ます。

全てを豪華なものにしなくても、ちょっとしたおしゃれなアイテムだったり、少額のギフトカードだったり、全員が何かしら貰えて、尚且つ貰った人が喜ぶものを用意しておくというのが、二次会を成功させる秘訣です。

とは言っても選ぶ方は大変です。
予算と参加人数にもよりますが、多くの品物を準備しなくてはならないのです。
ちょっとしたおしゃれなアイテムとはなにがあるのでしょうか。

例えば、女性でしたら、バスグッズやハンドクリームやリップクリームなどのケア用品、有名店のお菓子のミニギフトなどが喜ばれます。男性では、ドリップコーヒーや特定のコーヒー店で使えるコーヒーチケット、靴下やハンカチなどいくらあっても困らないものなどが喜ばれます。
持ち運びに便利で、日常的に使えるものが嬉しいですね。

貰った人の気持ちになって選べば、景品選びは楽しいと思います。

まとめ

パーティーが盛り上がるのも盛り上がらないのも幹事さん次第です。結婚式の二次会でしたら、新郎新婦のために盛り上げるのは必須です。参加した人が誰でも楽しめる工夫が必要です。

それには、ゲームの内容とゲームであたる賞品が重要です。自分の好みを前面に出した賞品選びよりも、当たった人が日常であまり選ばないおしゃれでセンスのあるものを用意すれば、一目おかれることは間違いなしです。

二次会では初めて新郎新婦に会う人も多いかと思います。幹事さんをお願いするのは、新郎新婦の気のおけない人であることは間違いないです。なので、パーティーの盛り上がり方で、新郎新婦の人となりを知ることが出来ます。