二次会代行お役立ちコラム

カーディガンは結婚式の二次会の服装として問題ないの?

結婚式の二次会と言えば、どんな服装を想像しますか?かつて、そう質問すればたいていの方が「正装でしょ」とか、「礼服を着ます」と当たり前のように回答していました。しかし、現在では様々なシーンで多様化が進み、こうした結婚式や二次会などの服装も、正装や礼服といった決まりきった様式だけでなく、流行りに合わせて楽しめるようになっています。かつてはカジュアルの代名詞とも言われたカーディガンさえも許される時代です。でも、そうはいっても老若男女が集まる式典です。どんなカーディガンなら周囲から浮かず、オシャレに見せることができるのか、ご紹介します。

結婚式や二次会の服装の定番は?

結婚式や二次会に着ていくファッションの定番と言われて、貴方は何を想像されますか?おそらく多くの方が、男性ならジャケットやスーツにネクタイ、そして女性なら着物やドレスを想像されるでしょう。こうした服装は、いわゆる正装と言われる類のものですね。式典に出席しても恥ずかしくなく、ハレの日をお祝いするのにふさわしい礼節をわきまえたファッションとみられるものです。色も男性なら黒や濃紺、またダークグレーといった濃い色合いが多いでしょうし、女性は新婦のための純白以外ならば、華やかなものなら何を選んでも良いと考えられています。

近年は、結婚式などを見ると、決まりきった定番と言われるファッションも少なくなっています。男性ならスーツと考えられていたのですが、最近では若い男性の出席者も和装で出席する方も増えています。また女性に関しても、単なる和装ではなく袴姿だったり、カジュアルファッションを一工夫してフォーマルに見せるなど、多様化しています。

多様化に合わせて、本来はタブーとされていた服装も、今では良しとされてきています。例えば、カーディガンなどは素材などからカジュアルな印象の高いアイテムであるため、かつては結婚式などではふさわしくないアイテムと考えられていましたが、カーディガンにもフォーマルに合わせやすい素材のものが増えたことから、結婚式や二次会でも合わせられるカーディガンも増えてきているのです。

今や結婚式や二次会にタブーといわれるファッションはないかのようにも思われる状況にあります。とはいえ、結婚式も二次会も、新郎新婦やその親族のハレの日をお祝いするための式典です。お祝いにふさわしくないとみられる服装は今もタブーであると心得るべきでしょう。

カーディガンを選ぶ場合のポイント

では具体的に、結婚式やその二次会に出席するという場合のファッションについて、どんなものを選べば問題ないのでしょう。今回は、カジュアルなアイテムでもありながら、近年、結婚式や二次会にも使えるカーディガンについてご紹介しましょう。

まず大原則として、先ほどもご紹介したように、結婚式や二次会は、新郎新婦やその親族をお祝いする式典です。お祝いの会に列席するためには、相応のファッションが望ましいということを忘れないようにしましょう。相応の服装とは、華やかでありつつ礼節をわきまえた服装という意味です。

例えば、人生の門出のこの式典に、ジャージや毛糸素材の普段使っているようなカジュアルな服装で登場したとしたら、どうでしょう。本人は知らん顔して座っていればいいと思うかもしれませんが、異様な光景ですね。主役は新郎新婦なのに、お祝いの雰囲気が変化してしまいます。普段着で登場されては、とてもお祝いする気持ちを持って参加しているようには見えません。

ファッションとは、相手に対する気持ちをもあらわす重要なアイテムということなのです。これを踏まえたうえで、結婚式やその二次会に出席する際にカーディガンを着用するのなら、カジュアルな雰囲気のものは避けるべきです。素材や飾り物などで装飾されたハレの日にふさわしいフォーマルなタイプのものを選ぶべきということです。

とくに、女性ならビジューやアクセサリーが付いたものなら、煌めきもありドレスにも相性が良いですし、レースなどで装飾されたものも、品の良さを感じさせることが出来ます。また男性の場合は羽織ものというよりも、イメージするなら柔らかい素材のジャケットのようにして着用するのが良いでしょう。その場合は式典出席にふさわしいよう襟付きのカーディガンが望ましいということを忘れないようにしましょう。

式場の雰囲気や会場によって服装を決めよう!

また結婚式やその二次会に出席する際にはおりものが必要になるのなら、その会場や雰囲気に合わせたはおりものを選ぶということも配慮しましょう。

例えばガーデンウェディングなどの場合、外会場であるために、どうしても天候に左右される可能性があります。こうした会場では女性の場合は、ドレスで出席すると肌寒さを感じるという場合もあるでしょう。しかし、ジャケットではドレスの良さが半減してしまうこともあるものです。ドレスは女性的な印象のアイテムですが、ジャケットはどうしても男性的なアイテムに見えがちです。ですからドレスとジャケットは合わないものなのです。

しかし、ドレスだけでは寒い、そんなときにおすすめなのがカーディガンです。この場合、ドレスに合わせてオーガンジーやレースなどの素材でできたロング丈のはおりものでも良いですが、着用するドレスのタイプや雰囲気に合わせて、丈の短いボレロ風のカーディガンなども可愛らしいでしょう。こうした場合には、多少そのカーディガンがカジュアル素材であったとしても、肌寒さなど会場の環境から見て許されるものです。
男性でも、スーツの中にカーディガンを着用するというスタイルに至っても、こうした肌寒い環境になりやすいガーデンウェディングなら問題なしとみられることも多いものです。

また会場の雰囲気も配慮するべきポイントです。例えば、教会など厳かな雰囲気の中で行われる結婚式に、赤や黄色などの原色の衣装に身を包み、出席してしまうと会場の雰囲気と合わず、一人悪目立ちする可能性があります。また、ドレスコードなどが指定された式典でも、そのコードに従わず、自分の中での判断で服装選びをしても良くありません。
このように、どのような会場の雰囲気で行われるものなのか、事前にある程度下調べをしておくということも服装選びには欠かせないポイントなのです。

まとめ

結婚式や二次会にカーディガンはふさわしくないという考えは、もう過去のものと言えるのです。もちろん、結婚式などハレの日の式典には相応にふさわしいファッションを選ぶことに今も過去も何ら変わりはありません。ですから、ある程度、式典にふさわしい服装に配慮するという心がけは重要です。

そのファッションが全体的に式典にふさわしいと見えるものであれば、多少カジュアルなアイテムと思われるものでも、活用して問題ないということです。逆に言えば、規制が厳しくない分、もっと自由にもっと自分らしいファッションを楽しむこともできると言えます。堅苦しすぎず、自分らしい表現方法で、お祝いの席にふさわしいファッションをもっと楽しんでみてはいかがでしょうか。