二次会代行お役立ちコラム

結婚式や二次会で失礼にならないご祝儀の渡し方って?

社会人になると、結婚式や二次会、パーティーなどお祝い事に出席する機会が増えます。受付でご祝儀をどうやってお渡ししたら良いのか、迷ったことはありませんか。自信がないと妙に緊張してしまうものですが、正しい渡し方を身につけていれば怖くありません。また、友人同士や会社、団体といった複数人数でまとめてお祝いを包むときも、中包みや表書きへの記し方を押さえておけば受付で焦ることなくお渡しできます。今回は、結婚式や二次会へ出席できない場合のご祝儀の渡し方も含めて勉強したいと思います。

結婚式と二次会では違う?受付でのマナー

服装はバッチリ決めたつもり、場所や時間の確認もOK。結婚式と二次会に招かれて、いざ受付でご祝儀をお渡しするとき少々戸惑ってしまいました。結婚式と二次会とではご祝儀の渡し方は違うのでしょうか。

受付へ行く前にチェックしておきたい項目を書き出してみます。ご祝儀袋と金額のバランスは取れているでしょうか。包む金額がご祝儀袋負けしないように気を付けましょう。会場の雰囲気に合わせたものにしていますか?例外もあって、新郎新婦と親しい間柄であれば新郎新婦が好むキャラクターやおしゃれなデザインでも大丈夫です。格式の高いホテルでの結婚式の場合は正式なもの、水引が紅白、金銀のものにしましょう。

続いて若い世代におすすめしたい、持っていてほしいのが「袱紗」です。包む必要がない袋タイプの袱紗もありますが、紫色がベースで包むタイプの台付袱紗は冠婚葬祭の両方に使えます。一つ購入して使い方を知っておくと目上の人から見たときにマナーに精通しているという印象にもなります。冠婚葬祭で包み方が違うので調べておきましょう。

まず結婚式の受付でご祝儀を渡すときのマナーを見ていきましょう。受付では「本日はおめでとうございます。お招きありがとうございます。(新郎・新婦)の友人です」とごあいさつ。新郎側、新婦側どちらの友人かわかれば受付がスムーズにいきます。

袱紗からご祝儀袋を取り出し、袱紗をたたみます。右回りで表書きを受付の方へ向けて「心ばかりのお祝いです」とお渡しします。このとき、袱紗ごと渡す人や袱紗から受付の人に取ってもらうのを見かけますが、手を添えてお渡しするのがマナーです。関西のほうでは袱紗のままお渡しすることもあるので、わからないときは事前に確認をしておくと良いでしょう。

もっと驚く渡し方は、袱紗はなしでご祝儀袋が入っていた透明の袋から取り出して受付をする人や、男性では袱紗に包まずそのままスーツの内ポケットから取り出して受付に並ぶ方がいます。マナーを知らなくて笑われるのはご本人ではなく、正しい作法を伝えなかったご両親です。社会人になれば結婚式や二次会に招かれることが増えますので、必要最低限のマナーは学んでおきたいものです。

二次会の受付では基本、ご祝儀は渡しません。会費制になっていることが多く、頼めば預かってくれるかもしれませんが何かあれば責任問題になるのでお断りされることがあります。二次会だけ出席のときのご祝儀は、事前に新郎新婦へ送っておきましょう。

ご祝儀を複数でまとめるときの書き方

個人で結婚式や二次会のご祝儀をお渡しするときのマナーはおわかりいただけたと思います。それでは仲の良い友人同士や団体でご祝儀を一つにまとめて渡したいときの中包みと表書きはどうするのでしょうか。

表書きの場合、3人までは下の左側に名前を並べて書きます。4人以上は代表者の名前の左側に「外一同」とし、会社や団体から包む場合は代表者の名前を中央に、右側の名前から一段上がった場所に小さめに会社名や団体名を書きます。連名であれば外一同と書いて、別紙に名前を記載します。別紙の上部の中心に「壽」と書きます。友人同士で肩書がない場合は住所と名前を五十音順に書いていきます。

会社や団体で渡すときも、別紙の上部に「壽」を書きます。会社名、団体名と金額を右側に、上司の名前がある場合は右から順に書いていきます。記載した紙は中包みに現金と一緒に入れて包みます。

個人、団体どちらにも共通しているのは、お札は新札を使うことです。銀行であらかじめ交換してもらうのがベストですが、時間がない場合はアイロンでしわを目立たなくすることもあるようです。当日になって慌てなくていいように時間に余裕をもって銀行や郵便局で新札に交換しておきましょう。とくに友人同士、会社で現金をまとめるときには、新札でも連番で交換しておくと気持ちが良いものです。受け取った新郎新婦だけが気付く部分ではあるのですが、ちょっとした心遣いは嬉しくなります。

受付ではどのような渡し方になるのでしょうか。団体や会社からの代表者が受付でご祝儀を渡します。個人の受付のときと同じです。袱紗から取り出してお渡ししましょう。芳名帳には全員の名前を記します。このときも受付の方へのごあいさつを忘れないようにしてください。

最後に個人でも団体でも決してあってはならないことですが、ご祝儀の中身を忘れていたということが実際にありました。親しい間柄であれば後日相手にお知らせしても良いと思います。あとから友人が謝罪とともに再度自宅までご祝儀を届けてくれましたが、今となっては苦笑いする思い出となっています。

結婚式や二次会でご祝儀に乗せて届けるのはお祝いしたいという心です。それぞれの場面で礼儀作法はありますが、大人の常識と取られるシーンも多いので自分のためにも礼儀として正しい渡し方を知っておくことをおすすめします。

事情があって出席できないときのご祝儀の渡し方

せっかく招待されたのに、事情があってどうしても結婚式や二次会に出席できない場合のご祝儀の渡し方を見ていきましょう。

結婚式には出席できるけど、二次会には欠席する場合。結婚式の受付でご祝儀をお渡しするので欠席しても問題ありません。では、二次会だけに出席する場合はどうなるのでしょう。二次会は会費制のところがほとんどです。会費を支払うことでお祝いをお渡しするのと同じ意味をもちます。それでもお祝いを渡したいなら、個人や友人同士でも2、3千円程度のものを事前に新郎新婦へ渡すようにしましょう。このときの金額は新郎新婦に気を遣わせない程度にするのがポイントです。

二次会では会費は包まず、現金を受付で直接お渡しするようにしましょう。気になるなら封筒に入れる渡し方でもOKです。

結婚式や二次会に出席できないときは、ご祝儀袋を現金書留で新郎新婦に送ります。このときの相場が一万円。出席と返事をしたあとに行けなくなったとき、キャンセル料が発生せず人数の調整が可能な時期だと一万円を目安に送ります。急に出席できなくなり、直前にキャンセルする場合は出席したときの金額で個人では三万円程度を送るようにします。金額はあくまで目安です。親戚のように近い関係だと金額が変わりますので相談すると良いでしょう。

品物を結婚式前にお祝いとして送っても良いのですが、最近では現金を新郎新婦に送るのが主流になっているようです。その理由は自分が結婚したときに実際に現金をいただいて嬉しかったから、現金は使い道が広いからというものでした。

あまり多くの金額を送ってあげられないときに自分がしていた方法は、新郎新婦が希望する品物をお祝いで贈って、さらに事前に新婦のご実家へご祝儀をお渡ししました。金額は少なめでしたが品物ともに喜んでいただけたようです。親しい友人だったので通用したのかもしれません。目上の人に相談してから贈ると安心です。

まとめ

正しいご祝儀袋の選び方は、金額と包みのバランスが取れているのがポイントです。結婚式のご祝儀袋には団体や会社から人数が4人以上のときは、別紙で確実に書き記すというものでした。二次会では会費制のところが多く、基本ご祝儀はお渡ししません。二次会だけに出席する場合は、事前に新郎新婦へお渡しするのが礼儀です。友人同士や会社、団体でまとめて一つにした場合、受付でお渡しするのは、代表者ですが芳名帳には全員が名前を書きます。若い世代の人たちにおすすめしたいのが、冠婚葬祭で使える袱紗です。

受付でスマートな渡し方ができれば大人としての格も上がります。結婚式での必要最低限の渡し方のマナーは身につけておきましょう。