二次会代行お役立ちコラム

二次会出席時の服装!アウターはどう選ぶべき?

秋から冬、また初春の時期などで、オシャレな服装に身を包んでいるとき、会場の中なら良いのですが、移動の際にはアウターが必要になりますね。でもせっかくのオシャレな服装に不釣り合いなものは着たくないなんて方もいるでしょう。そんなときに、どんなモノを選べばいいのでしょう。とくに結婚式などの場合は、結婚式会場から二次会の場までの移動があるものです。二次会会場で恥ずかしい思いをしないため、お勧めのアウターの選び方についてご紹介します。

二次会出席時の服装の選び方とは

結婚式出席時には、女性ならドレスや着物、式典用スーツなど華やかな衣装に身を包むことが多いでしょう。また男性でも、普段のスーツよりも少しオシャレに感じられる服装に配慮することでしょう。結婚式はもちろん、結婚式の二次会の服装となると、オシャレというだけではなく、マナーも配慮したファッションがオススメです。

式典では、新郎新婦の親族から職場の同僚、友人知人と多くの方が集まります。老若男女を問わず、こうした方々と新郎新婦の弥栄をお祝いするのが結婚式であり、その宴をさらに続けつつ、よりカジュアルに楽しむ場が二次会でもあります。そのため、こうした多くの列席者にマナー違反と感じられない、礼儀をわきまえたファッションを選ぶことが大切になってきます。

例えば大きく肩や太ももを露出したものや、新婦の色と言われる純白を使ったファッションはタブーとされています。また、新郎新婦よりも目立つような服装も適切とは言えません。多くの方が気兼ねなく、純粋に新郎新婦をお祝いできる式典らしいファッションを選ぶのが好ましいのです。そして、こうしたファッションを選びつつ、華やかさを演出するのがオススメです。華やかなコサージュやレースなどを取り入れると、非日常的なファッションになり、着ている側の気分も上がるものです。

こうしていつもよりも少しオシャレな衣装を着ているとき、気分は非日常的感覚になっている場合も多いものですから、普段とは少し違う、そんな気分でいるときに、いつも通りのアウターを着たくないなんて場合も多いのではないでしょうか。とはいえ、寒い季節にも結婚式や二次会は行われています。こうした時期に、結婚式や二次会で着用する服装を選ぶ際には、それに合わせたアウターも検討しておくべきということです。

アウターはどんなものがオススメ?

では、結婚式や二次会に出席するという場合、どんなアウターを選んでおけば正解なのかについてご紹介します。

まず女性の場合ですが、結婚式と二次会では服装をチェンジするという方もおられます。こうしたときは、どちらにも使えるアウターがオススメです。例えば、結婚式では着物を着用し、二次会では洋装にチェンジするという方も多いものです。着物は見た目には美しいのですが、長時間着ていると身体を締めつけられ、窮屈感を感じやすいですし、何より自由に動けません。

二次会ではゲームや催し物が行われる機会も多く、動きづらいこともあって洋装のほうが良いという方は多いのです。そこで、着物にも洋装にも合うアウターがオススメです。選ぶ際には、なるべく丈が長いアウターにすると、着物の裾を守ることもできます。また袖口が詰まっていると着物の際に、袂が入らなくなってしまうことがあります。
肩口や袖口が丸みを帯びたデザインにすると良いでしょう。式典にも併せやすいよう、ビジューがついたものもオススメです。自分の好みのブローチで華やかさをプラスするという方法もあります。こうした和装にも洋装にも合わせやすいアウターを1着持っておくと、女性は長く使えて便利です。

男性の場合は、スーツや礼服を着用する場合が多いでしょう。こうしたジャケットの裾がでない、ロングコートがアウターとしてはオススメです。式服やスーツの場合、立ったり座ったりすることでジャケットの裾が汚れたり、シワになる可能性は高いものです。こうした部分が隠れるロングコートは、男のたしなみとしても魅力的です。

ただし、アウターがないからと普段使いのジャンパーなどを着用するのはやめましょう。腰部のゴムがジャケットに擦れたり、しわの原因となる可能性があるのです。実際、スーツの上にジャンパーを合わせると、印象としても見栄えがよくありません。TPOをわきまえるのなら、スーツや礼服に見合ったアウターを着用するべきなのです。

季節によっても選び方にポイントがある?

また季節によってもアウターの選び方に配慮が必要になります。例えば、初秋の頃と、真冬の時期に同じような服装でいたら、どうでしょう?季節にそぐわない格好になりますね。初秋の頃なら、薄手のもののほうが良いでしょうし、真冬となれば寒さ対策のために温かい防寒対策がしっかり整ったものであるべきでしょう。このように、季節に合わせてどんなものを選ぶかということはとても重要です。

こうした点からみて、素材で選ぶという方法は大変おすすめです。例えば冬場の時期には、防寒着としてよく使われるウール素材は、空気を含み熱を通さない効果があります。式典用の服装は、季節感のないものが多いものですから、こうした防寒能力の高いアウターで寒さ対策をするというのはとても重要です。

ただし、カジュアル素材のものはおすすめできません。ご紹介していますように、結婚式の二次会はカジュアルダウンした環境といえど、式典の延長のようなものです。またせっかく合わせたオシャレな衣装にも不釣り合いです。ジャージ素材や毛糸素材などのカジュアルなものはなるべく使わわ内容心がけましょう。さらに秋や春先などでは薄手のアウターがおすすめです。薄手のものは防寒対策はもちろん、汚れから衣類を守るという効果も持っています。二次会の会場へ向かう途中に、衣装を汚すという心配もなくなります。

ただし季節によってそれぞれ準備できないという方も多いでしょう。そこで、肌寒い時期などは、デキれば手持ちのコートなどで代用したいという方に、お勧めの方法があります。結婚式や二次会に出席する際には、お手持ちのコートに装飾をプラスするのです。例えばスカーフやブローチを活用して華やかな印象に魅せるという方法があります。

また、共布でベルトがあるコートなどの場合は、ベルトをスカーフにチェンジするなんて方法も可能です。男性の場合は、帽子や手袋といったアイテムを加えて、印象を変化させるというオシャレも楽しめるでしょう。お手持ちのコートでも、組み合わせ方は無限にあるのです。

まとめ

真のオシャレは、最初から最後まで手を抜かないと言われています。つまり、結婚式だろうと二次会だろうと、どの場面でもしっかり配慮しているということです。その配慮とは、頭から足の先までということだけでなく、アウターに至るまで服装のすべてにしっかり配慮しているということでもあるのです。スーツやドレス、また小物類には配慮しているけれど、外に出るということまで想定していなかったという方は意外と多いものです。どんなシーンでも素敵に見せられるよう、小さな配慮を加えてみてはいかがでしょう。