二次会代行お役立ちコラム

気をつけよう!二次会に参加する女性の服装マナー

結婚式の二次会に招待された時、まず頭をよぎるのはどのような恰好をして参加しようかということではないでしょうか?普段では着ることのない華やかなドレスやワンピースを身につけて髪型をセットするので楽しいイベントでもありますが、マナーのことが気になるという人も多いのではないでしょうか?

せっかくのお祝いの席で失礼なことがないように、女性が守るべき二次会の服装マナーについて見ていきます。参加の予定がある方はもちろん、知っているつもりになっている方も一度復習を兼ねてチェックしてみてください。

 

着てはいけない色がある!?

結婚式では新婦以外の女の人は白の衣装を着てはいけないとされています。白は新婦のための色ですので、それと同じ色のものを着るということはタブーとされているのです。そしてそれは結婚式だけではなく二次会でも同じです。会によっては新婦さんがカラードレスを着ていたり、和装をしていたりすることもあるでしょう。ですが新婦がどんなものを身につけているかということは関係なく、新婦のための色である白の服を着てはいけません。また写真に写った際に白っぽく写ってしまうような薄いベージュやピンク色のものも避けるようにしましょう。

またお祝いの席ですので葬式などの喪をイメージさせる全身黒のコーディネートもしないようにしましょう。もちろん黒のワンピースやドレスを着ることはタブーではありませんし、多くの人が黒のものを着ています。しかしその際には靴やバッグなどの小物で他の色を使用したり、明るい色のショールを羽織ったりすることで全身のイメージが黒となることを避けるようにしましょう。

 

素材にも注意すべき

着るものを選ぶ上では、これも結婚式への参加と同じように素材にまで気を配る必要があります。お祝いの席においては殺生をイメージさせるようなものを身に付けることはタブーとされています。靴やバッグを選ぶ際には、皮製品は避けるようにしましょう。また二次会が冬場に開催されると小物でファーや毛皮を使用したものを身に付ける人も中にはいますが、マナーとして考えるとあまりおすすめは出来ません。

若い人は気にしない方が多いので結婚式や披露宴ではだめでも二次会でなら大丈夫と考える人もいるかもしれません。ですが親戚の人や会社関係の人が目にする可能性がないとは言えません。そういった場合、新郎新婦のモラルが問われてしまうことにもなりかねませんので注意するようにしましょう。

 

会場によっても変わってくる

服装を選ぶ際には、二次会が開催される会場によってふさわしい服装が違うということを意識する必要があります。二次会が開催される会場の種類はいくつかありますが、ホテルや大規模なパーティースペースで行われる場合には結婚式に近いフォーマルなスタイルのものを選ぶようにしましょう。

ドレスの素材は光沢感のあるもので、ヘアスタイルはアップスタイルがおすすめです。小物もヒールのある靴や高級感のあるアクセサリーなどを選ぶようにします。レストランなど中規模の会場の場合にはセミフォーマルスタイルを意識して選びます。ワンピースやドレスにボレロやジャケットを合わせて少しカジュアルにします。

しかしあくまでフォーマルに準じたものですので、靴や小物は華やかでフォーマルスタイルにふさわしいものを身につけます。ダイニングバーなど小規模の会場の場合にはカジュアルなワンピースなど普段でも使えるようなアイテムを少し華やかにコーディネートするスタイルが良いです。アクセサリーや小物も普段使いのもので問題ありません。会場によってふさわしい恰好をきちんと知って、マナー違反にならないようにしましょう。

 

まとめ

結婚式や披露宴では服装のマナーを強く意識していても、よりカジュアルな二次会ではあまりマナーを意識しないという方も多いかもしれません。ですが、実際には二次会でも結婚式と同じように知らずに身につけてしまうとマナー違反になってしまう服装というものがあります。

他のゲストの方や新郎新婦、親族の方に不快な思いをさせてしまったりお祝いの場を台無しにしてしまったりしては大変です。そんなことにならないように、知らずにマナー違反な恰好をしているなんてことにならないようにきちんと知識として持っておくことが非常に重要です。