二次会代行お役立ちコラム

ここが知りたい!結婚式の二次会にツカエル会場と費用

二次会の幹事になったとき、気を揉むことはやはり会場と費用ではないでしょうか。華々しい結婚式を終えた新郎新婦、お酒が入って楽しい気分のお客さんたちは二次会でも楽しく過ごしたいと考えています。そんな皆さんに満足してもらい、新しい夫婦をお祝いできる会場を選び、文句が出ないような費用であるためには、どう選ぶべきでしょうか。こちらに、そんな疑問にお答えできる情報をたっぷり集めましたので、ぜひ一度確認してみてくださいね。

会場を選ぶときのポイント

会場を選ぶときに一番のポイントとなるのが、人数について理解しておくことです。お気に入りのお店があったり、素敵な会場を見つけても、人数制限があったりしますので、どれくらいの人数のお客さんが参加するのかを最初に把握しておかなければなりません。
また、会場は駅付近のほうがお客さんにとって足を運びやすいですから、重要な心配りになってきます。
さらに、気を付けておきたいのが予約は早めに、ということです。大人数で日にちはすでに決定しているとなると、予約できるお店に限りがありますから、早め早めに行動しておくことが大事です。会場が決まれば、新郎新婦とどんな二次会にしたいかを相談しておくことを忘れないようにしてくださいね。

費用はこのように

二次会を行う上で一番気になってくるのは、費用ではないでしょうか。あまりにも高額だと、主催する新郎新婦への負担が大きくなってしまいます。二人にも配慮しながら、会場を探していかなくてはなりません。近年の平均額を見ていると、おおよそ25万円程度のようですが、どれくらいまでなら大丈夫かなど、新郎新婦と予算についてはじめからしっかり相談しておきましょう。
もちろん、お客さんにも高額すぎる負担をしてもらうことは避けたいので、お客さんとして参加する皆さんの人数をしっかり把握しておき、適切な値段設定になるように心がけたいものです。その際、相場を知るには二次会に詳しいお店などに見積もりをしてもらったりするのも有効ですよ。

チェックポイント

ここでチェックポイントです。お店によっては、最初に提示された値段に追加料金がかかってしまうことがあるんです。この確認を忘れてしまって、「そんなこと聞いていなかった!」とならないようにしましょう。
まず、追加料金になりやすいのが料理やドリンクで、もともとのプランに含まれていないものを頼んでしまったときです。二次会はお酒も入って楽しい気分ですが、来てくれたお客さんにしっかり説明しておきましょう。
その次が、最低保証金というものです。当日の参加者数が予約した人数を下回り、全体の費用が少なくなってしまうと、最初に通告されていた補償金分を支払わなければならなくなってしまうことがあります。その結果、少しばかり赤字になってしまったなんてことは避けたいですよね。これらはお店によって設定の仕方が異なるので、予約する際にきちんと聞いておいてくださいね。

まとめ

ここまで、結婚式の二次会の会場の探し方や、費用の面で気を付けるべき点をお話してきました。まず、会場を探す際はお客さんの人数と、新郎新婦の負担金額、そしてお客さんの負担金額をしっかり把握しておかなければなりません。会場の面でも、何人程度までなら入ることができるのか、広さはどうかなどを忘れずにチェックしておきましょう。
会場が決まれば、次には費用について考えなければなりません。費用は、コース料金以外にも追加料金が取られてしまうことがあるので、事前にどんなコースであるのか、何をすると追加料金が発生してしまうのかを理解して、お客さんにも周知しておいてもらえるようにするといいでしょう。せっかくの楽しい二次会、成功させるためには情報収集を忘れずにしてくださいね。