二次会代行お役立ちコラム

結婚式の二次会はゼッタイに喜ばれるお料理にしたい幹事さんへ

幹事の皆さん、結婚式の二次会の会場はもう決まりましたか?他にもゲームなどの景品や余興についてなど、考える事は山ほどありますよね?そんな中で忘れてはいけないのが料理です。お店にお任せ、というのも良いですがせっかくなら料理でも喜ばれたいですよね?今回はそんな結婚式の二次会で出す料理のボーリュームや選び方についてみていきたいと思います。

メニューやボリューム

結婚式の二次会をレストランで行う場合は、どのようなメニューが参加者の皆さんに喜ばれるのでしょうか?まず気を付けたい点が、ボリュームです。結婚式に引き続いて、そのまま二次会を行う場合、結婚式ですでにお腹がいっぱいという方が多いので、ご飯は少なめにしておきましょう。
二次会を別の日に行う場合は、量は普通か、少し多めにしておくと多くの方に満足してもらえるのではないでしょうか。余興などを行う予定であれば、立食形式のほうが余興のスペースを確保しやすくなりますし、ゆったりと進める二次会であれば着席形式のほうがおすすめです。
二次会といっても様々なパターンがありますので、こういった点を考慮することがメニュー選びの助けになります。

参加者の割合をチェック!

絶対に喜ばれる料理にするためには、参加する方々の男女比の確認を忘れないようにしてください。なぜかというと、男性はお肉などのガッツリ系を好む方が多く、女性は一品一品を少なめに、多彩な料理を好む方が多いからです。
男性が多いのにボリュームが少なめだったり、反対に女性が多いのにお肉がメインの濃い料理だったりすると、どちらも不満な気持ちを抱えたまま二次会を終えてしまうことになりかねません。参加者の男女比はチェックしておいて損はありません。
また、結婚披露宴の料理と被らないように、幹事さんは新郎新婦が披露宴でどのような料理を選んでいるのかを忘れずに確認しておかなければなりません。準備することがたくさんあって忙しいとは思いますが、お店の候補が決まったら一度下見として食べに行ってみることも大切です。

料理を選ぶコツ

二次会の料理を選ぶコツとして、先ほどは参加者の男女比を把握することをお伝えしました。次は、満足してもらうための心配りについてお話していきます。
まず重要なのは、料理のインパクトです。全ての料理にインパクトは必要ありませんが、ここぞというときに、大きなステーキやチョコレートファウンテンなど、目玉となるような料理を入れておくと参加者の方の記憶に残ること間違いなしです。ドリンクメニューも忘れずに確認しておきましょう。
お酒が飲めない参加者にも満足してもらえるように、ドリンクが充実しているお店を選ぶのもありですし、ウェルカムドリンクのサービスがあるお店を利用すると、参加者の皆さんに喜んでもらえるようです。

まとめ

ここまで、二次会のお料理についてお話してきました。まず気にかけておきたいのが、披露宴のメニューと被らないようにすることと、料理の量を考えておくことです。これらを考える際には、参加者の男女比を確認しておくことが助けになります。男性が多い場合がガッツリ系、女性が多い場合は少なめで品数の多さを重視など、参加する方々の特徴をチェックしておくと満足してもらえますよ。
また、料理だけではなく、ドリンクメニューについても気を付けましょう。お酒が飲めない方もいらっしゃるでしょうから、ソフトドリンクも種類を多くできるといいですね。暑い夏場であれば、会場に着いた皆さんがすぐに喉を潤せるように、ウェルカムドリンクを準備しておくとベターです。