二次会代行お役立ちコラム

結婚式の二次会で楽しんでもらえる司会術

結婚式の二次会の司会を上手くこなすにはコツが必要です。周りに経験者がいれば話を聞くのが一番ですが、そう都合の良い状況はなかなかないのではないでしょうか。ここでは、基本的なマイクの持ち方や、楽しく進められる話の内容、タイムキーパーとしての進行の仕方、台本作成など、様々な面から使えるコツをお話していきますので、友人の結婚式を楽しく締めくくる大事なお仕事をバッチリ勤めあげましょう。

台本を作成しましょう

結婚式の二次会の司会を頼まれたら、すぐに準備を始める必要があります。最初にしておきたいのが、二次会の全体の流れを把握しておくことです。二次会は始まる時間、終わる時間が決まっています。
段取りが悪く、終了予定の時間を大幅に超えてしまい、終電に間に合わなかったなんてことにならないように、スムーズな進行をしなければなりません。時間をしっかり守るために、台本の作成をしておくことをおすすめします。
忙しい中で司会の準備をすることは大変かもしれませんが、台本を作って練習すれば本番も安心して進めていくことができます。台本も、それほど緻密に作る必要はありません。どの時間に何をするのか、何分程度の時間を設けているのか、その時にどんなことを言うのかを把握しておけばバッチリです。

マイクの使い方

司会で気を付けたいことには、話し方もその一つに入ります。せっかくの楽しい二次会なのに、聞き取りにくい声で何を言っているのか分からなかったら、参加している皆さんが困惑してしまいます。
まず、話し方でははっきり発音することを意識しましょう。早口になると一つ一つの言葉の発音が雑になってしまうので、普段よりもゆっくり話すことを心がけましょう。ゆっくり話すこと意識しておくと、ちょうど良いスピードになりますよ。
また、新郎新婦はもちろん、乾杯の音頭を取る方の名前には台本上に振り仮名を忘れずに振っておきましょう!名前はきちんと憶えている、という方でも本番では緊張して頭が真っ白になってしまうこともありますから、失礼にならないように台本に振り仮名を振っておいたほうが安心できます。

おすすめの方法

二次会は、参加する新郎新婦を含め全員が一体感を持って行うと楽しく過ごすことができます。そこで、司会の出番です。司会は全体の流れを把握していますから、「次に何をするか」を意識しておくと、全体をまとめながら進めていくことができます。
その際に気を付けたいことが、声掛けの仕方です。「皆さん、ご注目ください!」や「皆さん、拍手をお願いします!」のように、参加している「皆さん」を呼びかけなどに入れると、注目してもらいやすく、また余興などが盛り上がりやすくなります。
また、流れを分断してしまうようなハプニングが起きた時も、落ち着いて対応をするようにしましょう。この時も、事前にハプニングが起きたらどのように対応するかを会場側と確認をしておくと、すぐに流れを引き戻すことができます。

まとめ

ここまで、二次会の司会術についてお話をしてきました。司会を頼まれて、できるかどうか不安!という方でも、話し方に気を付けたりすれば、分かりやすくスムーズに二次会を進行することができます。
話し方が悪いと、司会の指示が通らなかったり、お願い事をする際にも誰を指名しているのかが分かりにくくなってしまったりして、場を混乱させてしまうので気を付けてくださいね。台本などを事前に準備しておくと、安心して進められます。人の名前を呼び間違えると大変失礼になりますから、振り仮名を振っておきましょう。ポイントを押さえて、楽しい二次会にしてください!