二次会代行お役立ちコラム

スーツでも二次会で映えるために!服装で華やかな女性にみせる方法とは

結婚式などの披露宴には華やかな印象のファッションで出席するものの、ではその後の二次会はもっとラフに出席できないものでしょうか。披露宴などで和装など身体に負担がかかる服装をした女性なら、そう感じることも多いでしょう。二次会は、新郎新婦も出席するものの、披露宴ほど着用するものに対する決まりがあるわけではありません。こうしたときに例えばスーツなど、もっと楽な服装で出席できれば、居心地が良いのにと思うこともあるものです。では女性がスーツで祝宴に出席しても問題ないのでしょうか?また配慮すべきポイントとはどんなところにあるのでしょう。

女性は二次会にスーツはNG?

結婚式などの式典、またその後の二次会に女性がスーツで出席することに関してですが、女性の服装は絶対ドレスでなければならない、また着物でなければならないと決まっているわけではありませんから、正装でもあるスーツを着用するということ自体は問題はありません。ただし、祝宴の場であることに対する配慮は必要です。

結婚式であっても二次会であっても、主役は新郎新婦です。そしてこうした祝宴の場に正装し、身綺麗にして出席する理由とは、場を華やかに彩り、新郎新婦の人生の門出を大いに祝おうという思いを込めてのことです。つまり、「おめでとう」の気持ちを込めて正装し、きれいに着飾って出席することがマナーであるといえるのです。

こうした祝宴の場に、いつも通りの服装、もしくは華やかさのかけらもない姿で出席するということは、逆に言えばお祝いの気持ちはそれほどではないとアピールしているようにも映ってしまうものなのです。そのため、祝宴の場にはなるべく華やかな印象に装うということが求められます。フォーマルファッションには、こうしたお祝いの気持ちを服装で表すという意味もあるのです。

こうした点を踏まえますと、女性のスーツ姿自体が問題であるということはありません。でも、着方によっては祝宴の場にふさわしいと言えない服装になってしまう可能性もあります。こうした点に配慮するべきです。例えば素材や色、インナーやアクセサリー、靴やバッグなどの小物類など、全体の印象が華やかに見えるように配慮が為されているスタイルなら、結婚式や二次会でも問題ありません。光
沢感のあるものやアクセサリーで煌びやか印象をプラスすることで、見た目の印象は大きく変えることが出来ます。こうして配慮が為されていれば、スーツそのものがNGになるということはほぼあり得ません。あとは、どう華やかに見せるか、その点に配慮をおくべきということなのです。

華やかな服装に魅せるコツとは

では華やかな服装に魅せるためのポイントとはどんなところにあるのでしょう。

かつて日本の結婚式は、未婚者たちのお見合いの場でもありました。お見合いというと今のような、婚活パーティーを想像されるかもしれませんが、それとはちょっと違い、婚活の前段というようなものです。未婚の女性は振り袖姿で出席します。かつては振袖とは、未婚者だけに許された姿と考えられてきました。そのため、結婚式場で振り袖姿ということは未婚だと誰もが分かる時代だったのです。

振袖は成人式などを見ればお分かりの通り、大変華やかで美しく、その場を華やかに演出することが出来る服装です。より美しい振り袖姿の女性を我が息子の嫁にと、かつては他人の結婚式を活用して、自分の家の嫁探しなんてこともあったほどです。もちろん、今ではそんな文化もほぼ無くなりました。

しかし、この「より美しく、より華やかに」というキーワードは、今でも結婚式の披露宴や二次会の服装として残っているものです。スーツスタイルで出席する場合でも、この「より美しく、より華やかに」をポイントに配慮するということが大切です。例えば普段使いしているスーツをアレンジするのなら、スーツの中に着るシャツはサテン生地など光沢感のあるものを着用したり、胸元などにキラキラ光る宝石をあしらったりしてみましょう。

また、普段パンツスタイルで着用しているなら、スカートを組み合わせて、女性らしい雰囲気をプラスするというのも良いでしょう。バッグや靴で変化をつけるというのもオシャレ感をアップさせるコツです。また、スーツスタイルは、比較的正装としての印象は強いものの、華やかさに欠ける印象にもなりがちですから、髪型をいつもより華やかにして、全体の印象を変化させるというのもオススメです。

スーツスタイルのここがポイント!

スーツスタイルの場合、スタイルを良く見せることで、ドレスや着物よりもワンラック女性らしく見せるという方法もあります。というのも、ドレスもそうですが、とくに女性用の場合は、ジャケットやスカートパンツをよく見ると、体型に沿うよう様々な部分にダーツが入っています。ダーツが入ることで、洋服は曲線を帯び、身体のラインにキレイに沿うようになります。

これが着やすさと見た目のスタイルアップに大きな影響を与える部分にもなります。つまりスーツスタイルで結婚式や二次会など、祝宴の場に出席するのなら、そのスタイルをより素敵に魅せられるよう配慮することで服装を華やかに演出することもできるというわけです。

そのためには、購入時がポイントとなります。既製品の場合、そもそも同じようなサイズで、同じ形のものになってしまいます。でも、それをそのまま着用するのでは素敵になる可能性は低いということです。人はそれぞれ体型の差がありますから、既製品ではその体系の良さを発揮できない可能性もあるのです。

購入する前にまずは袖を通すことです。また自分のサイズに合っているものを選び、例えば少し合わないような部分などは、しっかり補正することが大切です。近年は、購入時にその場で袖やダーツなどのお直しを請け負っている店舗も多く存在しています。なるべく、こうしたサービスを活用して、自分の体型にあったスーツを購入しておくことです。

またスタイルを維持するためには、保管方法も欠かせません。いざ、結婚式や二次会へ出席しようと着用したら、型崩れを起こしていたとか、パンツの折り目が無くなっていた、またジャケットやスカートにシミがついていたなんてことのないよう、保管は慎重に行うことが大切です。例えどんなにきらびやかな服装をしていても、保管状態が良くないものは目につくものです。日頃から、スーツスタイルを素敵に保てるよう配慮するよう努めましょう。

まとめ

二次会の場は、結婚式や披露宴と比べて、もっとラフに堅苦しくなく過ごせる祝宴の場です。ですから、新郎新婦も楽なファッションで登場します。とはいえ、そんなラフな場であっても、祝宴の場には変わりありませんから、日常着と同じような服装でというのは良くありません。ある程度のフォーマルファッションで臨むべきです。特に女性は、華やかさもプラスすることで、会場の雰囲気も盛り上げられますし、自分自身も素敵に魅せることが出来ます。何をプラスすればより素敵に華やかになるか、自分のお手持ちのスーツを見て、事前想定してみるというのも良いのではないでしょうか。