二次会代行お役立ちコラム

結婚式の二次会、景品は必要?

結婚式の二次会の定番と言えば、ビンゴ大会やクイズ大会などのゲームです。そしてゲームの勝者には、何かしらの景品がもらえます。しかし主催者側は、この景品が悩みの種でもあります。二次会の景品をなくせば、必然的にゲームがなくなります。ゲームをするための時間や景品に費やす費用を他のことにまわすことが出来ます。パーティでゲームやそれにともなう景品をなくしたら、パーティーがどのようになるのかを検証していきます。

二次会の会費に含まれるもの

二次会に招待されたゲストが一番気になるのは、開催日時や時間もそうですが、会費がいくらかということではないでしょうか。お祝いだから、ご祝儀の意味も込めて気持ちよく支払いたい、しかし、結婚式が重なったときの出費が痛くないと言ったら嘘になります。会費を払った分だけ楽しみたいと言うのが本音です。

高い会費を支払ったのに、料理は少なく、ゲームも楽しくなく、新郎、もしくは新婦とも話をする時間もなく、かといって友人も知人も近くの席にはおらずというような経験をすれば、その結婚式はいやな思い出に残った結婚式となります。招待をする新郎新婦側は、せっかくの結婚式、ゲストにこのような思いをして帰って欲しくはありません。

そもそも、この会費の金額はどのように決めているのでしょうか。主催者である新郎新婦が決めていることがほとんどですが、おもてなしをするにも、予算に限りがあるので、会費から少し賄う必要があります。

まず、会場費が必要です。会場の規模によっても費用が変わりますし、呼ぶ人数も変わります。会場費が高くて、人をあまり呼べないとなると、一人ひとりにかかる費用も高くなってしまいますので、会場費と収容人数のバランスをとる必要があります。会場費には、食べ物や飲み物も含まれます。一人あたりどの値段の料理にするのか、飲み物にするのかを決めます。

他にも使用する機材や当日の衣装代や会場の移動のお車代など、新郎新婦が負担する費用があります。そこから新郎新婦の負担金額を引いた残りの金額を参加人数で割って会費を決めるのが一般的なやり方です。

二次会で使うゲームの機材や景品にかかる費用もこの中から支払わなければなりません。なので、ゲストの会費を抑えようと思うと、思い切ってこのゲームをなくすなどしなければなりません。予算をケチって賞品のランクを落とすくらいなら、はじめからゲームをしないと考えるカップルは少なくありません。

限られた予算内で、最大限おもてなしをするには、何が必要で、何が大切なことなのかを考えて、無駄を省けば誰もが楽しめる会になること間違いないです。

もらえる人ともらえない人

二次会が楽しくなかったという人の中には、行われたゲームに早々に負け、ゲームが行われている時間中何もすることがなくなって、また何ももらうことが出来なかったという人が少なくありません。

もらえた人は、最高に心に残る二次会だったと記憶しますが、そうでない人は、残念ながら、ゲーム意外の時間が楽しくない限り、よかったとは思えません。ゲームに勝つ人も、賞品をもらえる人も、もらえない人に比べて少ないことがほとんどです。

かといって、全員分の景品を準備するのは、金額的に大変ですし、全員にいきわたるようなゲームを考えるのも骨です。ゲームばかりしていては、他のことが出来ませんので、結果として、食事を楽しむ時間も、歓談する時間も、写真を撮ったりする時間もなく、慌しいばかりで、ゲームばっかりだっという以外は印象に残りません。

サプライズが好き、みんなの喜ぶ顔を見るのが好き、というカップルは、ゲームをすることにも意味があると思います。当たった人は喜びますし、心に残ります。そういうカップルは、何らかの方法で、招待されている人すべてを笑顔にすることが出来るでしょう。そのためにも周囲の人はきょうりょくするでしょうし。

しかし、みんながやっているから、結婚式の定番だからという理由でゲームを取り入れている人たちには、要注意です。それをすることが本当に必要なことなのかを再検討する必要があります。

なぜなら、自分たちの意向と合っていないからです。本当は、来てくれたゲストの人すべてとゆっくり話がしたいし、写真をたくさん撮りたいとおもっているのかもしれません。二次会でも、披露宴に招待できなかった人に、ドレスを数種類披露したいと思っている人もいるかもしれません。

今一度、本当にしたいことは何なのかを考え、それに沿ったプログラムを組んでみませんか。そうすることで、無駄を省き、自分らしいパーティーになると思います。

景品をなくしたら盛り上がらない?

ゲームやそれにともなう景品をなくしたら、二次会が盛り上がらないのではないかと思っている人もいるかと思います。どんな結婚式の二次会に呼ばれても、ゲームをやっていたという経験も少なくないと思います。

しかし、実際にゲームをなくしてみたという人もいます。ゲームをなくすことによって、ほかの事に費用をかけられるので、おいしい料理を提供できたという例もあります。披露宴出席者が多い場合は、披露宴が終わってから時間もたたないため、おなかがいっぱいと言う人が多いでしょう。しかし、披露宴は親族だけで二次会は、友人知人を招待しているようなときの場合は、開催する時間にもよりますが、食事が豪華なほうが喜ばれます。何せお祝いの席とおいしい食事はきっても切れない中ですから。

ゲームをなくすことによって、会費を安くすることが出来たという例もあります。豪華な景品を出すのには、会費に少しずつ含ませるのが一般的なので、賞品がない分、会費を安くすることが出来ます。それにより、ゲストが参加しやすいので、多くの人に参加してもらうことが出来ます。

ゲストの数が少なく、ほとんどみんなが知り合いだという場合は、各テーブルをまわりゆっくり話すことに時間を使いたいとうこともあります。当日の進行プログラムを立てることはよいですが、あれも、これもと盛りだくさんで、時間に追われて、気がつけばゆっくりゲストと話す時間もなかったというようなことにならないように、ゲストと話すことを第一に考えた結果です。

また、多才なゲストが多い場合は、ゲストによるパフォーマンスの時間をとることによって、場が盛り上がるということもあります。有名なピアニストが友人である新婦のために曲を奏でるということがあれば最高です。

このように、十組いれば、十通りの二次会があってしかるべきだと思います。みんなやっているからやった方がよいということは断じてありません。自分なりのオリジナル結婚式を考えて、実行することが出来れば、それだけで最高のウェディングになることでしょう。

まとめ

結婚式の二次会は、これをしなくてはいけないというものはありません。一番大事なことは、当日、何がしたいのか、ゲストにどういうおもてなしをしたいのか、どういう風に楽しんでもらいたいかです。

みんながやっているからといって、定番のゲームやそれにかかる景品は絶対に必要だというものでもありません。なくしてもよいのです。みんながやっていることを排除して、自分なりの楽しいウェディングパーティーをすることが一番です。