二次会代行お役立ちコラム

成人式の後の二次会、どんな服装で行けばよいの?

成人の日を迎えて晴れて堂々とお酒を飲める機会、逃さない手はありませんよね。成人式の後、みんなで集まって初めてお酒を飲むということもあります。そんな時、式で着ていた服装のままですと、食事が取りにくかったり、飲み物をこぼしてしまって汚してしまったりします。汚さないように気を遣って心から楽しめなかった、となってはいけませんから、着替えた方がよいでしょう。二次会では、どのような服装がふさわしいのかを検証します。

振袖から着替えたら

成人式には、豪華で袖が長い振袖姿に憧れる女性は多いと思います。式が終わり、親しい人と飲みに行ったり、その日の夕方から二次会が行われたりしますが、振袖姿での参加は、あまり好ましくありません。もちろん、ダメなわけではないので、振袖での参加もよいですが。

好ましくない理由は、普段着慣れていないからです。振袖は、洋装と違い袖が長いので、何かをするたびに袖を気にしなければなりません。テーブル席だった場合、テーブルの向こう側にあるものを取ろうとして、袖にグラスをひっかけてこぼしてしまうというようなことも起こりかねません。

そうなるとせっかくの晴れ着にお酒をこぼしてしまうことになるのです。着物は、水気に弱いので、水分を吸ってしまうとそのまま染みになってしまいます。絹地の着物の場合、染み抜きは大変です。着物はクリーニングに出さなければなりませんので、染み抜きの料金は普段のクリーニングの何倍もかかってしまいます。

普段着物を着る機会もあまりありませんので、振袖はレンタルという人も少なくないと思いますが、借り物を汚してしまうと大変です。また、着崩れしないように腰ひもでみぞおちあたりを縛っているため、食事もあまり入りません。食事をとらずにアルコールを入れてしまうと悪酔いしてしまいます。それこそ、着物が汚れる事態になりかねませんので、振袖姿での二次会参加は控えた方がよいでしょう。

では、何を着ていけばよいのでしょうか。成人式はたいてい地元で行われますので、二次会も家の近所であることが多いです。なので、一度着替えに自宅に戻る時間は十分あります。

場所があらかじめ決まっていて、ドレスコードがある場合はよいですが、ない場合は困ります。せっかく人が集まるのですから、おしゃれを楽しみたいものです。コンセプトは、お式の時とはイメージチェンジするくらいが丁度よいと思います。印象を変えることによってワンランク上のおしゃれを楽しみましょう。

大人の仲間入りファッション

二次会の場所があらかじめ決まっていて、ドレスコードがフォーマルの場合は、ホテルや高級レストランで行われることがほとんどです。レストランといっても大人数で集まるので、立食式のパーティーである可能性が高いです。フォーマルの中でも、動きやすさを重視した方がよいでしょう。

日中はお式があるので、開催は夕方ごろからというのが一般的です。しかしいくらフォーマルとはいえ、過度な露出は避けた方が無難です。同窓会を兼ねている場合は、学生時代の恩師が招待されている場合もあります。メンバーにもよりますが、ホテルや高級レストランを使っての会の時は、仲間内の場ではなく、公式の場であるという認識は持っていた方がよいです。

フォーマルファッションは、どのようなものがあるでしょうか。男性の場合は、スーツでもよいです。成人式で着ていたスーツでも問題はありません。男性の場合は、着替えずにそのまま参加という人が多いようです。飲みの席ですので、成人式でネクタイを締めていた人も、ネクタイは外して大丈夫です。

女性の場合は、せっかくの場ですから、華やかなドレスを着たいと考える人は少なくありません。とはいえ、なかなかフォーマルなドレスを持っている人も少ないでしょうから、レンタルドレスを借りるという手もあります。

試着して自分に合う服装を選ぶことがベストですが、自宅や会場の近くにレンタルショップがない場合は、インターネットを通して、ウェブ上で借りるのはいかがでしょうか。郵送で送られてきて、郵送で返却というスタイルもあります。ある程度サイズが細かく掲載されているので、試着しなくても一般的な体型であれば問題なく利用できるでしょう。

レンタル品だと汚すのが怖くて楽しめないという方は、ドレスでなくてもよいのです。きれいめのよそ行きワンピースでも大丈夫です。結婚式の二次会では白色のドレスやワンピースを着ることはありませんが、成人式の二次会なので、白が着たい人は気にせずに着ても大丈夫です。

成人式の二次会には服装のマナー指定はありませんので、自分が着たい服を着て、おもいきりおしゃれを楽しんじゃいましょう。

居酒屋ファッション

あらかじめ同窓会など企画されていなくても、成人式で、昔懐かしいメンバーが集まれば、仲のよい者同士で飲みに行こうとなったりします。となると少人数でも大人数でも予約しないでいきなり入れる店は限られています。チェーン展開している居酒屋などで飲むことになる場合が多いでしょう。

その場合、式が午前中や午後の早い時間帯で行われることがほとんどですので、居酒屋が開店する時間まで間があります。久しぶりに会った者同士喫茶店などでお喋りをして時間を潰すのもよいですが、一度帰宅して、私服に着替える方が賢明です。

夜が深まってくるにつれて店内も賑わい、他のお客さんもお酒が入ってきます。そんな中、振袖姿だとしたら動き回るのは大変です。誰かがお酒をこぼしたり、料理をこぼしたりしたら、着物が汚れてしまいます。煙草を吸う人もいるかもしれません。煙草の匂いが着物についてしまうとクリーニングでもなかなかとれません。汚れやシミも特殊なクリーニングが必要になります。

ですから、二次会は、振袖から着替えてから行った方がよいでしょう。男性でもスーツ姿はおかしくはないですが、煙草の匂い移りがするので、カジュアルな居酒屋の場合は、私服に着替えた方がよいでしょう。とは言っても、部屋着でそのまま出てきたような上下スウェットや、大きな穴が開いているダメージジーンズなどは、周囲からの印象がよくないので、避けた方がよいです。

居酒屋で二次会をやる場合でも、その日に同窓会が企画されていて、当時の担任の先生を招待するなどした場合は、カジュアルすぎる服装は避けた方がよいです。冬なので、露出の激しい服装はあまりないかもしれませんが、女性でしたら、スカートの丈が短すぎるファッションや、座敷の場合もあるので、着脱するのに時間のかかる編み上げのブーツなどは避けた方がよいです。

居酒屋にドレスコードはありませんが、新成人としてふさわしい恰好を身につけましょう。

まとめ

成人式後に開かれる二次会は、場所がどこで行われるかに関わらず、振袖はいったん脱いだ方がよいでしょう。格式の高いお店での二次会で、どうしても着物で参加したかったら、成人式の時に着ていた振袖ではなく、訪問着か小紋にした方がよいです。

居酒屋で開催される場合は、汚れたり、煙草の匂いがうつってしまったりするので、カジュアルな服装に着替えましょう。新成人として、TPOをわきまえたファッションを自覚して、楽しい会を過ごしましょう。