二次会代行お役立ちコラム

結婚式の二次会代行会社おすすめランキング

結婚式の二次会の幹事のやることは多いです。結婚式当日もそうですが、事前の準備から携わらなくてはなりません。幹事を頼まれた場合、友人の為に一肌脱ぎたいのはやまやまだけど、正直何をどうすればよいのか分からないというのが本音でしょう。そんな時は、プロにアドバイスをもらってはいかがでしょうか。代行してくれる会社があるのです。二次会代行会社のこんなところがおすすめなポイントを集めてみました。

ゲストもホストも思い出に残る一日に

幹事を引き受けてしまったら、当日の進行に追われて、新郎新婦を祝うどころではないという人もいるのではないでしょうか。幹事のやることはたくさんあります。ゲストを会場まで誘導し、新郎新婦が入ってくるまで、場を持たせなければなりません。

当日以外にもやることはあります。会場との打ち合わせを行います。当日どのようなことをするのか、何が必要なのか、機材をレンタルするのか、持ち込むのか、持ち込むのならば、どのような手続きが必要か、その費用はと、新郎新婦を交えての打ち合わせがあります。

当日ゲームをするのならば、ゲームの景品も準備しなければなりません。景品の手配をしたり、会場まで郵送するのか、手で持ち込むのか。持ち込むと言っても、たいていの場合、二次会の前には、結婚式と披露宴が行われていますので、当日持ち込むのは、会場が同じでない場合は、時間的に難しいです。

受付けをしてくれる人も決めなければなりません。その人たちには、披露宴の最中に抜け出して次の会場に向かってもらう必要があります。そしていざ、会が始まってからは、息もつく暇もないくらいやることに追われます。司会進行が当日の一番の仕事です。音響のオペレーションを誰かに頼まなければなりません。オペレーターとの事前打ち合わせも必要です。台本があったとしても、リハーサルなしでぶっつけ本番はトラブルの元です。

進行中も思わぬトラブルにあたふたすることもあるかもしれません。進行が止まってしまうこともあるかもしれません。招待されたゲストには、意味なく待ち時間があったり、トラブル続きで楽しめなかったという印象を残すかもしれません。当日頑張った幹事をはじめ関係者は、進行に追われてお祝いどころじゃなかた、もう二度とやりたくないと思うかもしれません。新郎新婦も、思い描いていたのと違った。やりたいことがやれなかったと悔いを残すかもしれません。

そうならないためにも、思い切って代行会社にお任せすることをおすすめします。新郎新婦の意向を汲んだしっかりとしたプランニングで、当日、ゲストにも心に残る楽しいパーティーになること間違いないです。

要望に出来る限りこたえます

二次会の事前準備として大変なことは、当日どういった会にするのかのプランをたてることと、会場との打ち合わせです。この二つを代行会社は、幹事及び、新郎新婦に代わってやってくれます。もちろん、新郎新婦と代行会社間の打ち合わせは必要ですが、具体的なプランがない場合でも、どのような二次会にしたいのかを伝えると、当日のプランを考えてくれます。

例えば、プロジェクターで友人が編集したお祝いの映像を流したいとか、二人の馴れ初めをクイズ形式にして出題し、全問正解者には豪華兼品を進呈したいという希望があったとします。そうすると、会場とプロジェクターを使えるかを確認したり、形式を確認したり、映像を手配する以外の事はしてくれます。ゲームに関しても、クイズは新郎新婦が考えるとしても、クイズに必要な機材を提案、手配し、景品の手配もしてくれます。

新郎新婦がバンドをやっていて、それで知り合ったカップルは、ライブのような音楽によって盛り上がるパーティーにしたいと伝えたら、実現するようなプランをプランナーが考えてくれます。新郎新婦の友人からサプライズで、お祝い映像を流したいとの要望があった場合は、新郎新婦に内緒で、最も効果的な瞬間にその映像を流すように進行します。

司会進行役も手配してくれます。司会は慣れたプロがやるので、人前で上がってしまうなどということがありません。何かトラブルが起きても的確に対処してくれます。追加料金を払うと、有名人司会者やお笑い芸人による司会を頼むこともできます。

何よりも、ゲストの中の誰かが負担が大きいというようなことがないのがメリットです。代行会社は長年の友人ではないので、アットホームな感じはあまりしないかもしれませんが、友人の誰かに頼んでその人に負担が掛かるのが申し訳ないと思う新郎新婦さんには代行会社はおすすめです。

プロのカメラマンによる当日の風景を撮影してくれるところもあります。結婚式や披露宴でスチールや動画を撮影し、披露宴の最後で流すというのはよくありますが、二次会もカメラに収めることでいつまでも色あせない記憶とともに残ります。

楽しいを提供するプロ

結婚式の二次会を企画する時、幹事をお願いすることになると思いますが、この幹事を友人に頼むと気を遣って自分たちのやりたいことが出来ない事があります。やりたい企画がたくさんあっても、幹事の負担になるとなると企画を遂行するのを躊躇してしまいます。

新郎新婦自身が二次会の企画を立てようとしても、結婚式や披露宴のことも考えなければなりませんし、理想通りの二次会をすることが難しいでしょう。そんな時は、代行会社に頼むとよいでしょう。

面倒な事前準備のあれこれを代わってやってくれます。初めに代行会社との間に打ち合わせが必要ですが、その時に、理想を具体的に伝えることで、当日理想通りの二次会が出来ます。

当日の進行は、何も心配する要素はありません。司会進行のプロが司会を行います。普段から司会に慣れているので、卒がありません。アットホーム感を出したければ、そのように要望すればよいのです。追加の料金を出せば、司会者をお笑い芸人にすることも出来ます。その時の空気感に対応し、アドリブも入れてくれます。日頃体験する事のない空間にゲストも喜ぶこと間違いないです。

ありきたりのパーティーにしたくないという人におすすめです。代行会社に依頼することで、自分なりの、自分のやりたいプランを実現できるプロの技で、世界に一つしかないオリジナルのパーティーが出来ます。

定番のゲームもありきたりではないオリジナリティーに富んだゲームを考えてくれます。もちろんこれらのことはすべて有料です。料金プランは、基本料金が決まっていて、オプションをつけるとその都度料金が発生するものと、パックで全部込みのものとあります。他にも集客数の何パーセントというのがあります。

ここできをつけなければないことは、最初の料金が安くても、オプションを付けると割高になるということです。明朗会計の会社にお願いすることをおすすめします。

まとめ

二次会の代行会社は、料金体系が良心的であるところ、パーティープランがオリジナリティーにあふれるところ、事前の打ち合わせが簡単なところ、司会者がお笑い芸人というところなどがおすすめ度が高いです。

景品やプチギフトまで代わりに探して準備してくれるところは、最高です。代行会社に頼むのは、友人には気を遣って言えないようなやりたいことがきちんと決まっている人の方がよいでしょう。一生に一度の結婚式なので、失敗はしたくないものです。